※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロベリア

読み
ろべりあ
意味
人名。「沈んだ歌姫」に登場。CV:Aramary
本名ロベリア・マリーア・デッラ=フィレンツァ(Robelia Maria Della Firenza)。フィレンツァ領主フィレンツァ公爵家の令嬢。「紅の歌姫」と称される。
イターニャの新国王・アレッサンドロ1世の発した「最高の歌姫を妃に迎える」という勅令を受け、妃候補として名乗りを上げる。同じく妃候補の一人「蒼の歌姫」ジュリエッタと対立するが、当人達の歌の実力差と言うよりは、親同士の権謀術策の差によって、ジュリエッタ擁するミラーナ家を悉く処断する事に成功。
が、晴れて王妃の座に着くも、在位僅か3年にして、今度は時の寵姫ベアトリーチェ・宰相ガレアッツォの手により、彼女達もミラーナ公と同じように歴史の闇に沈むこととなる。
全ては、アレッサンドロ一世による、暇つぶしに似た厭世的な見せ物の筋書きに過ぎなかったのである。
紅の色に象徴されるように情熱的で高飛車な性格であり、権力のためには汚れた手段も厭わない側面を持つ。ジュリエッタが断崖から突き落とされた時の高笑いが印象的。
彼女のミドルネーム"Maria"は、Aramary嬢の名前から取られたものだとする見方が強い。