※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒の予言書

読み
くろのよげんしょ(ぶらっくくろにくる)
意味
「Chronicle 2nd」における絶対真理。あるカルト教団から押収された、全24巻からなる黒い表紙の図書。その内容は、人々が常識として知る歴史とはまったく異なる、いわゆる黒歴史を綴った禁断の史書であった。但し、その記述は未来にまで及び、終末の洪水が人類史を呑み込む事までを予言していたため、押収後に大論争を巻き起こす。
この黒の預言書の"中の人"が、すなわちクロニカ様である。
「この世に起こること全てが記されている」というフレーズから、いわゆるアカシックレコードとの類似が指摘されているが、第1巻が、おそらく有史以降から書き始められていることと、これを書いたのは「永遠を手に入れた魔術師ノアである」という付加情報があることから、超宇宙規模の記録概念とは異なるのではないか、という反論もある。
憶測だが、一巻あたりの頁数を1024頁と仮定すると、全部で24576頁となる。「聖戦と死神」を叩き台として「1頁あたり何年になるか」という推測が幾度かなされたが、どうも係数が変動しているらしく、確証は得られなかった。
1st Story CD「Chronicle」のスタッフコメントにおいては、作品中に様々な謎や伏線が秘められていること、それらを深読みしながら作品を楽しんで欲しいことが記されており、
例えば・・・
Q:「Black Chronicle」は、誰が書いたのか?
A:黒の魔術師ノア(別名「永遠を手に入れた魔術師」)
・・・今、深読みした方!
既にRevoワ-ルドにハマってますね(笑
という一例が紹介されていた。「永遠を手に入れた魔術師」は「Chronicle」以前に発表されたWeb公開曲の一つであり、この記述は当時のファンをニヤリとさせると共に、現在まで続く多くの謎に挑ませるきっかけとなった。なお、その関連性についての真相の一部は「Chronicle 2nd」の中盤「書の囁き」にて語られている。
発売前の公式サイトでの表記などから「予言書」を「預言書」と混同されることもあるが、前者は一般的な未来予測、後者は特に宗教的な神託(言を預かる)を表す言葉であり、物語の内容に沿った意味としてはどちらも誤りではない。
「Chronicle 2nd」の最初のトラック。荘重な幻想物語組曲のオープニングを飾る。Jimang演じる預言者ノアの哄笑が印象的だが、直後の「Black Chronicle!」というコーラスを一度でも「ブラックロリコン!」と空耳してしまうと、二度と原意通りに聞こえなくなる恐ろしさを秘めている。



Chronicle 2nd SH用語 カ行 楽曲名 黒の予言書
現在、auto_linkプラグインはご利用いただけません。