※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白銀の矢

読み
しろがねのや
意味
コミックボンボン2006年10月増刊「アブラカタブラ」に読み切りで掲載されたコミック。竹下けんじろう作。「Elysion~楽園への前奏曲~」の『恋人を射ち墜とした日』のコミカライズ。
ストーリーは、原曲である『恋人を射ち墜とした日』の歌詞を、竹内氏独自の解釈で読み解いたもので、いわゆる「ファンタジーの世界」が舞台となっている。
薬草採りの少女アニスが魔物に襲われているところ、通りかかった騎士に救われて…というふうに物語が進み、曲通りの結末を迎える。
初のSH楽曲の(商業誌での)コミック化ということで注目を集めたが、掲載誌が単行本を発行しない増刊号であることもあって、後の『Roman』ほどの知名度は得なかった。
作品の後、Revo氏との対談記事が3ページにわたって収録され、発売直前だった5th story CD「Roman」についても、かなり踏み込んだ言及があった。