ゴガダンバ 4eコープス・ギャザラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■コープス・ギャザラー


【コープス・ギャザラー】

コープス・ギャザラー(「死体を集めるもの」の意)は、自律行動能力を得た墓場とでもいうべき存在であり、より多くの死体を飲み込み、より大きく強くなることをを渇望している。
コープス・ギャザラーは大雑把に人型をしているが、その巨体を構成しているのは死体、墓石、そして墓場の土である。遠目に見るとこのクリーチャーは土と石でできた大きな巨人のようだが、近場で見るとあちこちから死体の手や頭などが飛び出しているのがわかる。


レベル29 単独 暴れ役(指揮)
巨大・自然・自律体(アンデッド)
XP75000

イニシアチブ +12
感覚 〈知覚〉+14;暗視
アンホーリー・オーラ/不浄化のオーラ: オーラ10;範囲内の味方のアンデッド・クリーチャー(コープス・ギャザラーは入らない)は攻撃ロール、ダメージロール、セーヴィングスローに+6のボーナス、再生10、[光輝]抵抗20を得る。
hp : 1092  重傷値 : 546
AC 41 ; 頑健 44、 反応 33、 意志 35
完全耐性: [恐怖] [催眠][毒][病気]; 抵抗: [死霊]30 ; 脆弱性: [光輝]10
セーヴング・スロー : +5
移動速度: 8(シフト不可)、穴掘り2
アクション・ポイント :

[近接基礎]スラム/叩きつけ (標準;無限回)
 間合い4;+32対AC;4d8+12ダメージ。目標はつかまれる(脱出するまで)。

[近接]ダブル・アタック/連撃 (標準;無限回)
 2回のスラム攻撃を行なう。

[近接]コープス・クラッシュ/死体砕き (マイナー;無限回)
 全てのつかまれている目標に対して1回ずつ下記の攻撃を行なう。;+30対頑健;4d8+12ダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。

[近接範囲]コラプス・コープス/死体倒壊 (コープス・ギャザラーが初めて重傷になった時)
 近接範囲・爆発2;+20対反応;5d12+12ダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。
  効果: 効果範囲のマス(もしくはそこに近い空いているマス)に9体のディセクレイテッド・コープスが現れる。これらは出現した際にイニシアチブ値をロールして、同時に行動する。

[近接範囲]アヴァランチ・コープス/死体崩壊 (コープス・ギャザラーのヒット・ポイントが0になった時)
 近接範囲・爆発2;+20対反応;5d12+12ダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。
  効果: コープス・ギャザラーの接敵面と、効果範囲のマス(もしくはそこに近い空いているマス)に20体のディセクレイテッド・コープスが現れる。これらは出現した際にイニシアチブ値をロールして、同時に行動する。
 コープス・ギャザラーのアンホーリー・オーラの効果は、その死体から遭遇終了時まで放出され続ける。

●ディセクレイテッド・コープス/穢れた死体
 コープス・ギャザラーの体の中には、穢れの力により動き回る死体が大量に含まれている。遭遇開始時にコープス・ギャザラーの周囲2マス以内にディセクレイテッド・コープスが4体出現する。
 コープス・ギャザラーのターンの開始時に有しているディセクレイテッド・コープスが8体未満である場合、ディセクレイテッド・コープスが1d3体出現する。

●アブソーブ・コープス/死体取り込み ◆[回復]
 コープス・ギャザラーは1つの死体を取り込む(つかむ)事によって一時的ヒット・ポイント10を得る(累積する)。遭遇終了時に効果は終了する。

●ソウル・バインド/霊魂捕縛
 コープス・ギャザラーに殺されて取り込まれた死体のクリーチャーは、コープス・ギャザラーを滅ぼすまで復活ができない。

●パワフル・グラップル/力強いつかみ
 コープス・ギャザラーにつかまれた対象は、コープス・ギャザラーのマスの内部に横滑りさせられる。コープス・ギャザラーが移動した場合、対象も一緒に移動する。この状態のクルリッキルを近接範囲、遠隔範囲攻撃の対象にした場合、つかまれている目標も対象になってしまう。コープス・ギャザラーはつかんだ状態で、何もペナルティを受けずに移動、攻撃ができる。つかみが終了した場合、目標はコープス・ギャザラーの隣接するマスのひとつに現れる。
 コープス・ギャザラーのその身体を構成している死体達が目標をつかむのである。

属性: 無属性
言語: なし
【筋】34(+26)【敏】7(+12)【判】11(+14)
【耐】33(+25)【知】7(+12)【魅】15(+16)

■コープス・ギャザラーの戦術
コープス・ギャザラーはただ目標をたたき潰そうとする。一撃で死ななくても目標はコープス・ギャザラーの体に含まれている死体につかまれる。 コープス・クラッシュ を行なうことで、目標はコープス・ギャザラーの体内で暴れまわる死体や墓石などのさまざまな物体によってダメージを受ける。時には1ラウンドに複数回 コープス・クラッシュ を行なう場合もある。
アンホーリー・オーラ の効果は凄まじいが、コープス・ギャザラー自身は他のアンデッド・クリーチャーを気にとめない。


【ディセクレイテッド・コープス】

ディセクレイテッド・コープスは、コープス・ギャザラーの体内の穢れの力を受けて動き出した死体である。

レベル29 雑魚 暴れ役
中型・自然・自律体(アンデッド)
XP3750(コープス・ギャザラーと一緒に遭遇した場合は0)

イニシアチブ +12
感覚 〈知覚〉+13;暗視
hp : 1(ミスした攻撃は雑魚にダメージを与えない)
AC 41 ; 頑健 41、 反応 31、 意志 32
完全耐性: [毒][病気]
移動速度 :

[近接基礎]スラム/叩きつけ (標準;無限回)
 +32対AC;20ダメージ。

属性 : 無属性
言語 : なし
【筋】27(+22)【敏】6(+12)【判】8(+13)
【耐】23(+20)【知】1(+9) 【魅】3(+8)

■ディセクレイテッド・コープスの戦術
ディセクレイテッド・コープスは目についた生きているクリーチャーに無作為にスラム攻撃を仕掛ける。


■コープス・ギャザラーに関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度25: この怪物は墓地、戦場、自然災害の被災地などのあらゆる場所を死体を求めてうろつきまわる。これらは悪の属性を持たないが、アンデッドとしての穢れはこの怪物が食らった獲物達にも及び、食べられたクリーチャーの魂はコープス・ギャザラーが滅ぼされるまでそこから逃れられず、復活させる事ができなくなる。
難易度30: コープス・ギャザラーは聖別されていない土地にあった、知性を持つアンデッド・クリーチャーの墓所から生まれてきた考えられている。そこに残った不浄の穢れがどうやってか大地に染み込み、墓場全体(死体や墓石などもすべて)が混ざり合って飢えたアンデッド・モンスターに変化したのである。

■ディセクレイテッド・コープスに関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度25: ディセクレイテッド・コープスは、コープス・ギャザラーの体内の穢れの力を受けて動き出した死体である。これらはゾンビのように見える。
同様に凄まじい不浄の力を受けて動き出したゾンビは、ディセクレイテッド・コープスとなる場合もある。いずれにしても穢れの力が無くなると、1日程度で“ゾンビのできそこない”になってしまう。


■遭遇グループ
コープス・ギャザラーはほとんど単独で出現するが、他のアンデッドや邪悪な術者が利用する場合がある。

レベル30遭遇(XP89000)
◆コープス・ギャザラー(レベル29 単独 暴れ役)1体
◆ディセクレイテッド・コープス(レベル29 雑魚 暴れ役)4体(経験値なし)
◆アスペクト・オヴ・ヴェクナ(OG レベル25 精鋭 制御役)1体


■制作イメージ
3版のMM2より、歩く墓場巨人コープス・ギャザラーです。
CR19でしたので、そのままレベルを29にしてみました。
3版の頃はちょっと弱い感じでしたが、ポッド・デーモンの生み出し能力を参考にゾンビを生む力を入れてみました。
自身の攻撃はあまり当たらないかもしれませんが、強烈なオーラのお陰で周囲のアンデッドを強化します。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|