ゴガダンバ 4eフネフェル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フネフェル(HUNEFER)


フネフェルは神格への昇格に失敗したデミゴッドのマミーである。
はるか昔に埋葬された際に巻かれた布に包まれ、乾燥してしぼんだ身体となっているものの、信じがたいほど素早い動きをする。


レベル27 制御役
中型・永劫・人型(アンデッド)
XP11000

イニシアチブ +23
感覚 〈知覚〉+22;暗視
ディスペア/絶望: オーラ5;オーラの範囲内の敵はフネフェルに対する攻撃ロールに-2のペナルティを受ける。
hp: 250; 重傷値: 125
再生: 10(フネフェルが[光輝]かつ[火]のダメージを受けると、その次のターンには再生能力は機能しない)
AC 41; 頑健 39、 反応 41、 意志 39
完全耐性: [毒][病気]、 抵抗: [死霊]20、 脆弱性: [火]10
移動速度: 10

[近接基礎]ロッティング・スラム/腐敗の叩きつけ (標準;無限回)◆[死霊][病気]
 +32対AC;3d8+9[死霊]ダメージ、目標はフネフェル腐敗病にかかる危険性が生じる。この病気は通常の病気と異なり、感染するかどうかの〈持久力〉判定を攻撃を受けた直後に行なうこと。感染した場合、即座に初期効果を受ける。以降は通常の病気と同じルールに従い、好転、悪化する。

[遠隔]ダーク・ワード/闇の言葉 (標準;無限回)◆[死霊]
 遠隔10;+30対意志;3d8+9[死霊]ダメージ、目標は動けない状態かつ盲目状態となる(セーヴ・終了)。

[遠隔]ネクロティック・ライトニング/死霊の稲妻 (標準;再チャージ5-6)◆[死霊][電撃]
 遠隔20;+30対反応;4d6+9の[死霊]かつ[電撃]ダメージ。一時目標から5マス以内にいるクリーチャー2体を対象にして二次攻撃を行なう。
  二次攻撃: +27対反応;2d6+9の[死霊]かつ[電撃]ダメージ。チチメクから20マス以内にいる他の敵全てに対して三次攻撃を行なう。
  三次攻撃: +27対反応;1d6+9の[死霊]かつ[電撃]ダメージ。

[遠隔]ルーイン/破滅 (標準:遭遇毎)
 遠隔10;+30対頑健;8d10+9のダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。
  効果: この攻撃によって、死亡(ヒット・ポイントがマイナス重傷値に達した)クリーチャーは、死体も残らず消滅し、一握りの塵のみが残る。この塵からレイズ・デッドの儀式を行なう際は、通常の倍の構成要素費用が必要である。

●エインシャント・ヘイスト/古代の加速呪文 (標準;遭遇毎)
 フネフェルは次のターンの終了時まで、各ターン追加で1回の標準アクションを行なうことができる。

●ディヴァイン・リカヴァリィー/神聖復活 (フリー、初めてヒット・ポイントが0以下になったとき、一日毎)◆[回復]
 フネフェルは即座に125のヒット・ポイントを回復する。

●ディヴァイン・リジェネレイション/神気による再生 (マイナー;一日毎)◆[回復]
 フネフェルの再生は10ではなく30となる。通常の再生同様、[光輝]かつ[火]ダメージによる影響を受ける。

属性:
言語: 共通語、神界語
技能: 〈宗教〉+22
【筋】22(+19)【敏】30(+23)【判】26(+21)
【耐】26(+21)【知】18(+17)【魅】22(+19)

■フネフェルの戦術
フネフェルは敵を発見すると、最初に エインシャント・ヘイスト を使用し、そのターンと次のターンに追加の標準アクションを得る。次に ネクロティック・ライトニング を放つ。さらに ディヴァイン・リジェネレイション を起動する。次のラウンドには、最もダメージを受けた者に古代の破壊呪文である ルーイン を使用する。以降は ネクロティック・ライトニング が回復するまで ダーク・ワード を使用する。
デミゴッドの力が残っており、フネフェルのヒット・ポイントが0になると、 ディヴァイン・リカヴァリィー が発動する。


■フネフェル腐敗病 27レベルの病気
〈持久力〉: 好転難易度33、維持難易度28、27以下で悪化

目標は完治する。

 ↑

初期効果: 目標は[回復]の効果で、通常の半分しかヒット・ポイントが回復しない。

 ↓↑

目標は[回復]の効果で、通常の半分しかヒット・ポイントが回復しない。さらに、目標は[死霊]ダメージ20を受ける。このダメージはこの病気が完治するまで回復しない。

 ↓

最終段階: 目標は死亡する。


■フネフェルに関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度25: フネフェルはかつて邪悪なデミゴッドであったが、神格への挑戦に失敗し、そのまま埋葬された。長い時を経て、フネフェルは現代にマミーとして蘇った。
難易度30: 多くのフネフェルには、自身の聖印や、自身を描いた壁画が刻まれた墓場や遺跡を持ち、かつては重要なデミゴッドであったことがわかる。元々仕えていた神に未だに仕える者もいれば、再び神に昇格するために陰謀を働かせる者もいる。何らかのテンプレートを持つフネフェルも数多くいる。


■遭遇グループ
仕えている神がいる場合は、フネフェルはその神のしもべたちと一緒に行動する。そうでない場合は、自分の遺跡の中で他のアンデッドや人造、付近のクリーチャーを支配して神のごとく振舞う。

レベル26遭遇(XP49150)
◆フネフェル(レベル27 制御役)2体
◆エンジェル・オヴ・スプレマシー(MM2 レベル24 兵士役)3体
◆デーヴァの堕ちたる星(MM2 レベル26 砲撃役)1体


■制作イメージ
3版エピックレベル・ハンドブック掲載のフネフェルです。
マミーのエピック版で、数々の魔法を使用するアンデッドでした。
フネフェルとは古代エジプトの死者の書に出てくる死者の名前です。オシリス神の前で自分の心臓を天秤にかけられて、審判をされている人です。
この彼は邪悪ではなく、無事に審判をこえて死後の世界での永遠の命を与えられることになりました。
エインシャント・カッパー・ドラゴンの能力値を参照に作成。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|