ゴガダンバ 4eインファーナル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アボミネーション、インファーナル(INFERNAL)


インファーナル(地獄のもの)は、デヴィルとデーモン、両方の力を併せ持つアボミネーションである。
恐ろしい悪魔じみた姿をしており、濁った黒色の鱗に覆われた身長15フィート(約4.5m)以上の人型で、大きなドラゴンじみた翼にくるまれている。
鋭い爪、地獄が開いたような口、永遠の破滅を約束するかのような輝きを持った目を持つ。


レベル28 精鋭 兵士役(指揮)
大型・永劫と元素・人型(デヴィル、デーモン)
XP26000

イニシアチブ +20
感覚 〈知覚〉+20;暗視、超視覚6
オーラ・オヴ・フィアー/恐怖のオーラ([恐怖]): オーラ5;オーラの範囲内にいる敵は攻撃ロールに-2のペナルティを受ける。
オーラ・オヴ・ブラックフレイム/黒炎のオーラ([死霊][火]) :オーラ5;オーラの範囲内に入ったり、範囲内で自分のターンを開始した敵は15[死霊]かつ[火]ダメージを受ける(インファーナルが重傷の時は20[火]かつ[死霊]ダメージ)。
hp: 528 ; 重傷値: 264
AC 44; 頑健 40、 反応 37、 意志 40
完全耐性: [恐怖]、; 抵抗: [火]40、[毒]30、選択式30(1遭遇に3回まで)
セーヴィング・スロー:+2
移動速度: 12、飛行12(飛行時劣悪)、瞬間移動10
アクション・ポイント:

[近接基礎]クロー/爪 (標準;無限回)
 間合い2;+35対AC;3d6+11ダメージ。目標は継続的[死霊]かつ[火]ダメージ10を受ける(セーヴ・終了)。既に継続的[死霊]かつ[火]ダメージを受けている場合は、この継続的ダメージが5点増える(最大40)。

[近接基礎]バイト/噛みつき (標準;無限回)
 間合い2;+35対AC;4d8+9ダメージ、目標のこの遭遇中未使用の遭遇毎パワーか、一日毎パワーを1つ吸収し、使用済みとする。最もレベルの高いパワーが対象となる(複数ある場合はランダムで決める)。目標が既に全てのパワーを使用済みであった場合は、朦朧状態となる(セーヴ・終了)。

[近接]フィーンド・レイヴ/悪鬼狂乱
 インファーナルは2回のクロー攻撃を行なう。同じ目標に2回ともヒットした場合は、その目標に追加で1回のバイト攻撃を行なう。

[遠隔]ポイント・オヴ・テラー/恐怖の矛先 (マイナー;無限回)◆[恐怖]
 遠隔5;+33対意思;目標はこのインファーナルの次のターンの終了時まで、すべての防御値に-5のペナルティを受ける。

[遠隔範囲]ヘル・ボール (標準:バイト攻撃が命中する度に再チャージ)◆[酸][電撃][火][雷鳴]
 遠隔範囲・爆発5・20マス以内;+33対反応;10d10[酸]かつ[電撃]かつ[火]かつ[雷鳴]ダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。

[遠隔]イレジスティブル・コマンド/抗いがたき命令 (マイナー、1ラウンドに1回まで;無限回)◆[火][電撃][魅了]
 遠隔10;インファーナルよりレベルが低いデヴィルかデーモン1体を目標にする;目標は5マス横滑りして爆発し、近接範囲・爆発2の範囲内にいるすべてのクリーチャーに対して3d10+9の[電撃]かつ[火]のダメージを与える。爆発したデヴィルかデーモンは破壊される。

●フィーンド・サモンズ/悪鬼召喚 (標準;遭遇毎)
 インファーナルは味方のデヴィルかデーモンを召喚する。召喚されたデヴィル、デーモンたちはイニシアチブをロールし、各自のイニシアチブ順が来た時点で行動する。彼らはこのインファーナルが生きている間、攻撃ロールに+4のボーナスを得る。彼らは殺されるか、このインファーナルによって(1回のフリー・アクションとして)召喚を解除されるか、遭遇が終了するまで留まり続ける。PCは召喚されたクリーチャーを倒しても経験点を得られない。インファーナルは以下のデヴィル、デーモンの部隊から好きなものを1つ選んで召喚できる。
 ◆ピット・フィーンド×1とレギオン・デヴィルの軍団兵×4
 ◆レギオン・デヴィルの軍団兵×16
 ◆バロール×1
 ◆マリリス×1とヘズロウ×2

[近接範囲]デス・バースト/断末魔の爆発 (ヒット・ポイントが0になったとき)◆[酸][電撃][火][雷鳴]
 インファーナルは凄まじいエネルギーの奔流となって爆発する;近接範囲・爆発10;+33対反応;10d10[酸]かつ[電撃]かつ[火]かつ[雷鳴]ダメージ。
  ミス: 半減ダメージ。
 インファーナルと(所持していれば)その武器は完全に破壊される。

●デモニック・アキュラシィ/デーモンの正確さ (フリー、インファーナルが1回の攻撃をミスした際;遭遇毎)
 インファーナルは攻撃を再ロールする。そのロールには+5のボーナスが加わる。

●リーンド・パワー・イミュニティ/パワー抗体耐性
 インファーナルに対して効果を与えている、パワーによるすべての状態効果(遭遇中に、セーヴや時間で終了する効果のみ)は次のインファーナルのターンの開始時に強制的に終了する。
 元々のパワーの効果時間や効果終了条件は無視する。
 また、この遭遇中、一度リーンド・パワー・イミュニティによって無効化したパワーと同じパワーによる状態効果に対する完全耐性を得る。

●2つの起源
 インファーナルは永劫と混沌の2つの起源をあわせ持つ。
 どちら側に作られたかによって、属性は悪か混沌にして悪かに分かれる。

属性: 悪、または混沌にして悪
言語: 共通語、神界語、奈落語
技能: 〈威圧〉+28、〈看破〉+25、〈宗教〉+24、〈はったり〉+28
【筋】33(+25)【敏】19(+18)【判】22(+20)
【耐】32(+25)【知】20(+19)【魅】28(+23)

■インファーナルの戦術
インファーナルは狡猾に戦う。最初に遠距離から ヘル・ボール を放つ。それは太陽のごとく輝くこぶし大の球体がエネルギーの筋を残しながら飛び出し、「地上の地獄」と思えるような炸裂をする。
その後はアクション・ポイントを使用して フィーンド・サモンズ を使用し、味方を呼ぶ。
近接戦闘に入ると ポイント・オヴ・テラーフィーンド・レイヴ で敵を攻撃し、 バイト 攻撃が命中すると瞬間移動で距離をあけて再び ヘル・ボール を放つ。
味方は完全にコマとしか考えておらず、ヒット・ポイントが減った順に イレジスティブル・コマンド で爆破する。
戦場から引くことは稀であり、通常は滅ぼされるまで戦い続ける。


■インファーナルに関する知識
〈宗教〉または〈魔法学〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度25: インファーナルは流血戦争の際に作られた、比較的新しいアボミネーションである。デヴィルまたはデーモンが、相手に勝利するために敵側の力を取り込んで生み出した存在で、永劫と元素、両方の力が混ざり合っている。
流血戦争が休戦中の現在、多くのインファーナルはアビスと九層地獄の権力者達によって封印されているか、擬似次元界に隔離されている。インファーナルは、それだけ危険な力を持った、はぐれものなのである。
さまざまな儀式を知っている可能性もある。


■遭遇グループ
インファーナルは自分を作り出した勢力と組んでいる事が多い。中には反乱して独自の勢力を作る者もいる。

レベル27遭遇(XP59000)
◆インファーナル(レベル28 精鋭 兵士役)1体
◆バロール(MM レベル27 精鋭 暴れ役)1体
◆リトリーヴァー(MM2 レベル27 兵士役)1体


■制作イメージ
3版エピックレベル・ハンドブック掲載のアボミネーションのインファーナルです。
本来の設定は、神とデヴィルまたはデーモンの間に生まれた子というものでした。しかし4eになってデヴィル自体が神(側)となったので、このような設定にしてみました。この辺は自作設定です。
カズールのデータを元に作成。多くのパワーはピット・フィーンドとバロールから持ってきています。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|