アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《スパークリング・プラズマ》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《スパークリング・プラズマ》


カードの種類:オルタレーション
属性:E.G.O./コスト:5

相手にダメージを与える光弾を設置する。光弾のコントロールは、このカードで行う。この光弾は一定時間で消滅する。

すぱーくりんぐぷらずま

2ndEXで登場した青以外では初のダメージオルタレーション。
効果が発動すると、カードを置いたところに青い光弾が設置される。
扱い方としてはある意味では魔神転生と同じで、4枚目のキャラクターカードだと思ってくれればいいと思う。

しかし、魔神転生との大きな違いは「光弾」であるということ。
当然、殴られもしなければ体力ゲージも存在しない。
MBより移動速度があるため、相手MBに重ねるように追いかけ続ければ大ダメージが与えられる。

猛威を振るったこのカードであるが、2007/9/27のアップデートにより、
「オルタレーション威力が減少。オルタレーション効果時間が短縮。」となった。
威力パワー1相当(対MBダメージ9)、効果時間10カウント(※電撃ARCADE参照)の弱体化。
効果時間中ヒットさせ続けるとMBのHPの約2/3を奪う。
使用率は減少の傾向にあるが、白の貴重なダメージオルタであることには変わりない。


以下はアップデート前の記述である。

後述の対策が無ければ、15カウントもの間パワー4相当(MBダメージ18)、速度5の不死身キャラに追い掛け回されるわけである。
また相手のMBやキャラに当たっても消えない(まぁ一発で消えたら誰も使わないだろうが)。
体力が満タンの状態からオルタ1枚で削り殺されるのは正に悪夢。

対策カード。

MBが逃げる際に心がける事とすれば、オルタが発動する場所からはなるべく離れる事が大切である。
MBと重ねられた位置から発動された場合、
MBよりも光弾の方が速度が速いので、そこから逃げ切る事は難しい。
光弾はキャラクターをすり抜けるので、MBは常に相手のキャラの位置まで考えながら逃げる必要がある。

性能だけ見ると「確実に一本取れるオルタ」のように見えるが、所詮は光弾なので対策も多く存在する。
だが逆を言えば対策無しではかなり厳しいのも事実。
対策が無い場合は一本取られるのを覚悟した上で、残りの二本を全力で取りにいく事。

これだけ壊れカードと呼ばれると、使われた瞬間に諦め勝ちになってしまうがMBを逃がしつつ相手MBをも攻撃することを心がければそこまで怖くも無い。
ハニエルやウリエルと同じように相手がスパズマを使い始めるとこちらを追いかける事だけに集中し
相手側のMB操作がおろそかになりがちなので、そこを狙うと意外とあっさり囲ませてくれる。
(もっとも、MB防御をデスルーンで行ういわゆるスパズマる~んだったらお手上げだが)
スパズマの攻撃力がパワー4相当だとしても、味方キャラ3人で相手を囲めば相手に与えられるダメージはそれ以上。HPに大きな差がなければ同じ状況に持ち込める。
相手が勝った気でいればいるほどMBが攻撃された瞬間に動揺する為、ダメージを与えた瞬間スパズマの方も操作がおろそかになり、こちらも逃げやすくなる可能性がある。
使われた際は、諦める前に悪あがき程度でもいいから反撃する事を心がけてみよう。