アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《アークエンジェル“ウリエル”》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アークエンジェル“ウリエル”》

カードの種類:キャラクター
属性:イレイザー/コスト:4/攻撃力:3/移動速度:3

スキル:「エスケープ」
カードの場所にテレポートする。

あーくえんじぇる“うりえる”

高スペックのイレイザーにしてはコストに比べて若干基本能力が劣るように見えるが、充分ガチでも殴れる。
と言うか他勢力と比べたら平均より上なのは間違いない。
スキルもカードを裏返して置いた位置にテレポートしてくれる非常に使いやすいカード。
バージョンアップで調整はされたが、それでもスキル発動開始時間は短いため敵MBの逃げる先を予測して回りこみやすい。
出された側は常にMBの尻を狙われている状況に陥ってしまう。
そのような仕様なので、実際には4/3/∞といって差し支えない超凶悪キャラに仕上がっている。

裏返してテレポートしたら表に戻さないと攻撃してくれないので注意。
扱い慣れていないと裏返したままその場でテレポートし続けることもしばしば。
そこでスキルを使う際は、テレポート先に裏返して置く→発動する前にすぐ表にする、といい。
射程内に敵がいればテレポートと同時に攻撃を仕掛けてくれる。

敵に囲まれて集中攻撃されると、テレポートできなくなる。
そんなときは、カードを表にしたままダッシュボタンを連打。
もともとのスピードが速いので敵キャラクターの隙間が少し開いていれば充分に脱出できる。(密集して囲まれると厳しいが)
少し敵から距離ができれば再びテレポートができるので、安全圏まで文字通り「エスケープ」しよう。

単独でMBを狙うにこれ以上のカードはなく、敵に回すと正直かなりキツい。
対策としては、性能比や人数差で有利な場合は、自身がブレイクした信頼出来るキャラの周囲を旋回しよう。
その際あまりキャラが離れてウリエルを追うと、エスケープ→MBの目の前に出現されてしまうので注意。
忘れがちだが、相手も裏返しを繰り返しているためかなり忙しい。
操作が拮抗している場合は根性勝負。少しでも不利を埋めるため頑張ろう。

上位陣はウリエルで背後を取りトラップセンスとか普通にしてくるから困る。
「MB粘着をしてくるウリエル使いは訓練されたウリエル使いだ。
マルチ対応で局地戦を次々と制するのは良く訓練されたウリエル使いだ」

尚このカードには、プレイ時やスターターで入手できる通常版に加えて、
イラストの異なるプロモカード版が存在する。
絵柄・路線が極めて違うこのプロモ側が、可愛らしくて人気だ。
声やセリフは共に同じである。


キャラアバター:イレイザー♀

セリフ
登録 ふうん、面白そうだね。ちょうど退屈してたところだよ
ブレイク ちょっとかき回してくるかな
待機中1
待機中2
待機中3
ダッシュ1
ダッシュ2
攻撃1 それっ!
攻撃2 はいッ!
攻撃3 えーーい!
背後攻撃1
背後攻撃2
アタックセンス Let's go!
トラップセンス ハーニィー♪
シューティングセンス ばいびー
被攻撃 っくー!
被大攻撃 だめだ、こりゃ…
瀕死1
瀕死2
瀕死3
状態異常1
状態異常2
状態異常3
強化&回復1 センスあるじゃん
強化&回復2
強化&回復3
スキル使用 じゃね!
撃破1 甘ーい!
撃破2 ざーんねーんでーしたー
撤退 ありゃあ
復活 ただいまっ♪
MB接敵 あぶないよ?
勝利1 また、遊ぼうね
勝利2 やったね!
相手デッキ閲覧 楽しませてくれるといいなあ
挑発 手加減してあげよっか