アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《オファニム“メルキセデク”》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《オファニム“メルキセデク”》

カードの種類:キャラクター
属性:イレイザー/コスト:3/攻撃力:2/移動速度:3

スキル:「神の声」
範囲内の味方をカードの場所へ突撃させ相手にダメージを与える。
ダメージは各味方キャラクターのパワーで上下する。

コストに対してスペックが低めだが、真価はスキルにある。
突撃はスピードが速く、通常攻撃では止まらないので、この能力でMBを追い回すだけでかなり強力な攻めになる。
さらに、この能力は味方キャラだけでなく自MBをも巻き込めるため、その気になれば防御まで兼ねることができるという優れもの。

また、メルキセデクより早くスキルを発動可能なキャラと組み合わせると、突撃→スキル発動→突撃→…と繰り返すことが可能。
光弾設置系、特に新名とのコンボは凶悪の一言。
さらにはこのコンボは、実質動かすカードが一枚(メルキセデク)のみで済むため、
SRである新名の致命的欠点である忙しさから来るカードの汚れや折れを肩代わりしてくれる。

ただし、レィルエやアニエスなどの結界敷設スキルはメルキセデクに乗車した時点で消えるようになっている。
かつては乗車しても消失せず、強力なコンボが発生していた。

「注意」
上記の解説でもあるように、スキルを発動している時のみ動かすカードがメルキセデク1枚で済むということなので、
MBなど表向きのカードを巻き込んでスキルを発動する場合は、他のカードも動かすのを忘れないように心掛けよう。
(特にMBを動かし忘れると元の場所に戻ろうとし、メルキセデクのスキル範囲から出てしまう事があるので要注意)
※解説甘かったら修正お願いします。

弱点は、光弾系や設置系などのスキルは普通に食らってしまうということ。
相手がその手の動きを見せたら真正面から突っ込むのはやめよう。
(※)突撃中は一般の光弾を貫通する。ダメージスキルについては貫通はしてもしっかりダメージを受けるが、ダメージ以外の効果は受けない。

もう一つの弱点は発動までのタイムラグ。
準備時間はそんなに長くないものの、殴ってスキル発動を妨害できるくらいのラグは存在する。
これは使用する側の注意だが、目標地点を設定する場合は、
目標と現在地を結ぶ線上に攻撃したい相手を置くようにして、決して相手キャラの目の前で止まってしまうことのないようにしたい。
MBと共に突撃している場合、万が一敵に捕まりそうになったらMBを盾にして一発もらってでも発動までの時間を稼ぐというのもアリ。

最近は同コストで優秀なキャラが増え、突撃対策も増えたので滅多に見かけないが、
シヴァのページに書いてあるように設置系統のスキルをその場に残して突撃できる点は今でも優秀。
特にスキル発動中のアニエスを乗せて飛ぶと、アニエスのスキルを残しアニエス自身は突撃で別の場所に移動してしまう。
無論この間残したスキルもアニエスのカードで操作でき、しかも突撃で移動した為アニエスを殴ってスキルを止めることが出来ないので、相手にとって非常に鬱陶しくなる。
検証した結果、他の長方形スキルを設置するキャラ(ランスロット一心バハムートレィルエ)も同様の事が可能。
これを利用すると組み合わせ次第で凶悪なコンボが発生するので、まだまだ活躍の余地があるキャラではある。

またメルキセデクと一緒に突進している最中は通常光弾を放つ事は出来ないが、唯一の例外?として
スキル発動中のエリナだけは光弾を放ちながら一緒に突進できる。

このカードには、プレイ時に入手できる通常版に加えて、
イラストの異なるプロモカード版が存在する。

「オファニム」とは「座天使」の事。

キャラアバター:イレイザー♀

セリフ
登録 お呼びでございますか
ブレイク 行ってまいります
待機中1
待機中2
待機中3
ダッシュ1
ダッシュ2
攻撃1
攻撃2
攻撃3
背後攻撃1
背後攻撃2
アタックセンス
トラップセンス 用意できました
シューティングセンス
被攻撃
被大攻撃
瀕死1 助けてください……
瀕死2
瀕死3
状態異常1
状態異常2
状態異常3
強化&回復1
強化&回復2
強化&回復3
スキル使用 迷える子羊たちに、救いを……
撃破1 あっけない……
撃破2 こんなもの?
撤退 しまった……
復活
MB接敵 すみません、誰か……
勝利1 私たちの勝ち……
勝利2 さあ、帰りましょう
相手デッキ閲覧 私は、神に作り変えられた存在
挑発