アクエリアンエイジオルタナティブ@Wiki 《七支刀》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《七支刀》

カードの種類:オルタレーション
属性: 阿羅耶識/コスト:4

一定時間、バトルフィールドを狭める。

しちしとう

阿羅耶織中で最も影が薄いといっても過言ではないカード。
……これは流石に言いすぎだが、テキストを読む限りでは、
メリットの理解しがたいカードではある。

しかし、その効果は「画面の上下を1/4程度カットする」
という非常に特徴的なもの(戦闘フィールドが一時的に横長になる)。
これにこれこれを組み合わせてやると非常に迷惑なコンボが出来る。
さらに理論上だが七支刀+ダークベインアニエスを使ってあざかを使えば殴りデッキなら1ラウンド封殺できるかも。



しかも効果時間は35カウントとかなり長い。

さらに、巫女絵のオルタはこのカードのみ…だったが、
PR四天王結界が追加されたため、唯一の巫女さんオルタではなくなってしまった。
だが、(真の)巫女好きを自称するプレイヤーなら、
入れるしかないカード(かもしれない)。

相性がいいのは赤青のデッキ。
上記通り戦闘フィールドが横長になる為、
前衛を配置すれば青の遠距離スキルが非常に活かせるマップと化す。
加えて、効果発動後のマップが徐々に狭まっていく間は、
そこにいるキャラクターはスキル発動中であれ、
強制的に「歩き」状態になる。
つまり、スキルが中断されるということ。
この隙に殴るのも桶。
狭くなったマップでソニアのスキルを発動させると…

ただし、自MBが追い詰められる可能性もある諸刃の剣。使いどころを誤らないように。

注意点として
「画面の上下を1/4程度カット」というのは、
フィールドが無くなるわけではなく、
あざか棒のような移動不可の結界が上下に貼られるだけのため、
突進、ワープスキル持ちは無視することが可能である。
また、結界の外側にも通常通りキャラをブレイクできるので、
安全地帯からの狙撃も可能である。