Guardians


連邦評議会が統治する町の治安・法執行機関、要は警察に相当する組織である。
かなりの軍事力を持っているようだが、主たる任務は軍事作戦ではなく連邦領内に巣食う犯罪勢力の抑止・討伐である。

就職条件

  • 遵法度が10以上
  • 英雄度と有名度の合計が16以上
これらの条件を満たした上でSnake Lakeウォーターフロントに行き、Guardian指揮官のBritaineに話しかければ晴れて隊員になれる。

注意点としてBritaineは事件解決のために自身も現場へ出張することがある。
ウォーターフロントに戻ってくるまで待つ手もあるが、事件の発生した地域へ探しに行く方が早いかもしれない。

仕事内容

種類が豊富で生身のスキルが多く要求されるのが特徴。
町から町へ移動するリレー型の依頼が多い。

殺人クラブ
各地に潜伏する殺人クラブのメンバーを討伐していく任務。
個人差が大きいが、学生とはいえ大抵は侮れない戦闘能力を持つので油断は禁物。
とはいえ敗北しても有名度が下がるだけで即座に再挑戦できる。同僚の援護も受けられるのでそのうち勝てるだろう。
脅迫スキルが充分にあれば戦闘前に降伏させられることも。

ただし何件かに一件は誘拐発生後に殺人阻止に出向くケースがあり、ここで負けるとその件は完全失敗になる。
また戦闘中に被害者が殺害される場合もあり、失敗でこそないもののやはり減点対象だと思われる。

パンプ密輸団
密売ルート調査と輸送阻止の2種類の任務がある。
調査スキルとそこそこの戦闘能力(生身、メックとも)を備えていればそう難しくはないだろう。
メックの方は標的が飛行型の高速メックだったりすると厳しい状況もありうるが。

生物兵器の流出
各地に出没するようになった生物兵器を退治していく任務。
最後には流出元を抑えることになるが拍子抜けするほどあっさり終わる。

ギャングの抗争
ギャング抗争の起こった町でひたすら鎮圧任務に励む。
敵の数が多い上に、アサシンロードなどの強敵が出現することもある。
しかし対抗できるだけの戦闘能力があれば不意のクリティカルヒットや面倒さ以外の問題は無いだろう。

訓練内容

指揮官のBritaineに話しかけると訓練できる。

訓練可能なスキル メック小火器、メック重火器、メック白兵戦、メック格闘、メック操縦、
小火器、重火器、白兵戦、武術、回避、洞察、耐性

昇進報酬

有名度が低い場合、本来の報酬の代わりに小額の金銭になる。

ランク 経験値 金額 その他
雇用時 500XP $50,000 Renegade
巡査 100XP Corsair
突撃隊員 100XP $250,000
刑事 100XP ピースメーカー
巡査部長 100XP Vadel
準警部補 100XP SWAT スーツ、SWAT ヘルメット
警部補 100XP 正義の鉄槌
警視 100XP メック操縦 +2, 回避 +2
警視長 100XP Monstrous
以降 100XP $500,000