slimy cave:

ワールドマップ、Namokの右上。
地下55mの深度にWater Shrineがあるが、それ以外に特に見るべきものは無い。

Ziggurat:

ワールドマップの一番左上に位置する旧時代の遺構。
多数の強力な生体兵器が生息している上に、周辺の大気は非常に汚染されていて、近づくだけでも危険。
もっとも、汚染については内部にまでは浸透していないようだ。
内部にはロッカーがいくつかあり、生物工学で修理できる強力な武具が入っている。
この武具は店の修理サービスでは修理できず、自分(もしくは仲間の誰か)が生物工学スキルを使わないと修理できないので注意。
途中で分岐がある。
最深層には旧時代の戦争末期の記録が残された端末と、Heaven's Shrineがある。

Ziggurat Downspiral:

Ziggrat4階より分岐。「非常に不安定な区画」である。具体的には階段を下りる度に階が生成され直される形になっている。
つまりは鍵開けし放題ということでもあり、経験値の荒稼ぎも可能だが、危険性や補給の困難さを考えると効率の良い場所とは言えないか。
最下層(階層不明)にはArgosayerの起動に必要なfuel rodがある。

Dark cave:

ワールドマップ、Hogyeのすぐ左上。Calmegie Stationという生物研究所(地下2階)への入り口となっている。
おそらくはHyoleeの依頼で来ることになるだろう。
彼女の「お友達」のfluffyは威圧スキルが高ければ(10で確実?)向こうから逃げてくれる。
依頼を受けていない時にも行けるが、Fluffyはいないし研究ノートも無い。
地下2階、ステーションの入り口にはコンピュータがあり、内容を理解できれば、生物工学のスキルに少しだけボーナスを得られる。

Nara:

モンスターのうろつく廃墟で、Cyclopsの住居がある。
primal genomeの探索を済ませているか、何らかの条件があれば友好的に進入できるが、条件を満たさないと攻撃される。
ここにはIRIA Rubyというアイテムがあり、警報装置を事前に解除していないと拾っただけで住人が敵になる。
(ちなみに、拾わずに調べるだけであれば問題は無い。)
また警報装置を解除しても、Rubyを拾った時点でフラグが立つらしく、例えRubyを捨てたとしても1階の
ガードが敵にまわり、その後2階に行くと住人が敵になっている。
Rubyはコード破り・科学・集中のスキルが高ければ内部にアクセスできる(知識+1)。
Kettel Industryの社長や他の誰かから依頼を受けて探しに行くこともあるが、その際、最終的に誰のために働くかはプレイヤー次第。

Mauna:

山間のリゾート地だが、ここには温泉への入り口がある。ここのダンジョンの中にFire Shrineがある。

Hogye:

廃坑への入り口がある。出現する敵がさほど強くないので探索しやすい。
5階建てダンジョンで、地下4階にLaser Drillが、地下5階のエレベータ内にはWolframが置いてある。
ここにある黄色の%は、科学(調査だっけ?)スキルが十分高ければ価値ある物だと判明し、
Megiに報告することで報酬をもらえる。

Downtown Snake Lake:

3階建ての下水道。街中のマンホールから進入できる。
地下1階にはデータカートリッジが落ちている。謎の密輸団の捜査に必要なものであり、
これをガーディアンに渡すか盗賊に渡すかで微妙にシナリオが分岐する(結局やることは同じ)。
地下2階には科学者がいる。ここのコンピュータは科学スキルが十分にあれば記録を読むことが出来、
サバイバルのスキルに少し経験値が入る。
地下3階にはBone-Crackerがいる。彼に食われた研究者や賞金稼ぎたちの残骸も発見できるだろう。

Snake Lake Corporate Zone:

Biocorp Labsにダンジョンがある。隠された入り口を見つけ、かつLab内の科学者から仕事の要請を
されたことがあれば(達成・拒否に関係なく)、ダンジョン2階にあるspawning vatの破壊を要請される。
ダンジョンがある部屋には鍵がかかっており、Hunter-X合成体がいるので注意が必要であり、またこれを
倒さないとこのマップ内では休憩できない。
ここのFactoryにはPhysics Workbenchがあり、科学スキルで調べると1日1回ランダムに選ばれた
メック関係のスキルが鍛えられる。また病院内のAnatomy Modelも医療/応急処置の訓練が可能。

Ipsil:

バーに行ってワインを要求すると「自分で取ってこい」とワイン倉に放り込まれる。
特に注文せずとも落とし戸を発見すればそのまま行けるが、どちらにせよ一緒である。
1階はワイン倉で、安物から最高級まで各種ワインが転がっている。
ワイン倉のそのまた下、地下2階はただのダンジョン。3階は地下墓地で、4階への階段が隠されている。
4階にはprimal genomeがあり、Markheim Fortressの地下にいるCyclopが探している。
またここは盗賊ギルドでもある。階段左下の隠し通路から奥へ進み、三叉路を画面左へ曲がるとprimal genomeの
ある場所に着く。これを入手した後に右の部屋にいるギルドマスターに話すと、性格が無秩序に傾いていれば
ギルドに入会出来るようになり、正面(階段から右へ進むルート)のギルド員から攻撃されなくなる。
なお、右上の小部屋にHunter-X合成体がいる。
一度このダンジョンに入れるようになると、以後はいつでも出入り自由。またワイン倉のモンスターを
掃討することは出来ないようで、このバーでワインを頼んで注いでもらうのは永遠に不可能っぽい。

Wujung:

病院内にダンジョンがある。最下層(30m?)にOld City Keyが落ちている。

Wujung Univercity:

鍵の掛かった建物の中にダンジョンの入り口が隠されている。
最下層(65m?)にcrystal diskが落ちている。

Markheim Fortress:

町中にある瓦礫"Cesar"のそばにダンジョンがある。
1階にはCyclopがいて、primal genomeを探している。またここにはキノコが生えており、高い科学スキルで
調べると地上のキノコと配合することが可能だと判明する。キノコ農家に教えてあげると数時間の研究の後で
食糧問題の解決を知らされる。報酬こそないが、今後はキノコ農家で無料の食事を振る舞ってもらえるし、
今まで閉まっていた店も営業を再開する。仲間全員が各250Exp得られる。
2階はCesarの内部になっていて、エンジン・コンソール・コンデンサーの3つのパーツが設置されている。
メック修理スキルがあればこれらを修理可能で、全て修理した後でFortressのリーダーに報告すると報酬をもらえる。
なお修理の際には仲間全員が各100Exp得られる。

Ironwind Fortress:

tombの内側にダンジョンがある。4階建て?で、最下層にRusty Septreが落ちている。これを拾った後に
階段を上ると街へ直行することになる。「歴史に興味がある人には貴重な品物」というが、誰の事?

Kist:

落とし戸が隠されている。1階はただのダンジョン。階段近くに骸骨があり、神秘学のスキルで冥福を
祈ってあげると経験値が少し得られる。
2階にはコンピュータがあり、コード破りのスキルで隠された下り階段を現すことができる。
3階には落とし戸があり、ここにfuel rodとcrystal diskをセットするとArgoseyerを起動させることが可能。
またMecha Blueprintsが落ちており、Snake Lake Parkの博物館に持って行くと高値で買い取ってくれる。
すべての探索を終えるにはかなり高いレベルのコード破りスキルが必要。

Last Hope:

biocorp専用の地下施設(sandstone cave)(Anubis研究所)があり、依頼を受けて入ることになる。
依頼を受けた場合、後で巨大モンスターと戦うことになるため、万全な態勢を整えたメックを
用意しておくこと。3階建てで、2階には潜入取材を試みたマスコミの人がいる。彼に依頼者から
もらったIDカードを渡すと、3階でガードロボットに襲われるようになるが、巨大モンスターとの戦闘で
援護に駆けつけてくれる。逆にIDカードを渡さなければ、3階は安全に移動できる。ガードロボットは
そんなに強くないため、このダンジョンの敵に手こずっていなければカードを渡した方が得。
(ただし1階に一体だけいるSentinelも敵に回る。こちらは極めて危険な相手であるため
カードを渡した後はそのまま3階へ上り1階へは戻らない方が良い。
破壊したSentinelから入手できる特殊アイテムを狙うのは腕に自信をつけてからにしよう)
なお、依頼を受けていない状態でも入ることは可能。

Hwang-Sa Temple:

Shrine of Ascensionで何度か瞑想すると突然足元に落とし穴が開き、Proving Groundに叩き落とされる。
1マップのダンジョンで、一度脱出すると次からは自由に出入りできる。ただし入った場所と上り階段が
別の場所にあるので注意が必要(マップも入り口も固定)。神秘学が高くないと瞑想時のチェックに
通らない様子。
このダンジョンにはMonolithがあり、これに触れるとMark of the Phoenixを得られる。この後地上で
Kaemaに話しかけるとMonkに転職することが出来るようになる。もし断ると二度と転職できなくなるので
注意が必要。


Trapdoor:

ゲーム開始時にランダムに選択された街中に生成される落とし戸。全くのノーヒントなので、意図的に探し当てるのは困難。
街中を歩き回っている際に『落とし戸を発見した』のメッセージが出ればラッキー、だけど気付かずログの彼方へ流れ去る事も多い。
3階層?で、最下層に動かなくなった自律型ロボットがいる。
修理、メック修理ないしロボット工学を修得しているなら科学スキルを使用する事で修理可能であり、修理すると仲間に入れられるようになる。
修理後の会話イベントが終了すると自動的に街に戻される。