※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

883 名前:書き溜めその2 投稿日:2006/11/20(月) 20:04:19 [ pzYwYmDw ]
風邪の癖に携帯サイトの怖い話系を見たせいか、微妙に怖い夢を見た


暗い洞窟の中を歩いていたんだが、何故か洞窟の四方八方に腕が生えていて、俺
が動く度に手が身体のどこかを掴む。
服越しにナニを掴んだ手が、引いたのは気の性だと思いたい。
色々とアレンジされているが、寝る前に見た怖い話そのもので、その怖い話が本
当だとすると、夢の中である事をしないと俺は死ぬ。
…まぁ、夢を見ている間はそんな事は覚えていなかったので「欝陶しいな」ぐら
いにしか思ってなかった。

そして、ついに一歩も動けなくなった時に何故かハバネロ真祖?のカットインが入
った。

真祖「真祖トルネード!!」

突如現れた紅の暴風は洞窟の腕を全て消し飛ばし、俺は洞窟の外にたたき出され
た。

俺は鳥居の前に倒れていたんだが、ムクリと起き上がり何故かこう言った。

俺「夢を統べる我に、夢で喧嘩を売るとはな。喜べ悪霊。貴様の悪夢をめちゃく
ちゃにしてやろうではないか」
あれ?いつの間に夢を統べてたんだ、俺…

何故か虚空からエヌマエリシュを取り出し、無数の鳥居を破壊してから、鳥居(の
あった場所)を歩き出した。
途中で、人間の生首や臓器などが上から大量に落ちて来た。
落ちて来たそれに当たった瞬間
「レアカードに傷がついたわ!!」
と叫んで、マスタースパークを空に放った。
何かの断末魔が聞こえたが、気にせずに奥へ。

1番奥には、エヌマエリシュの余波で半壊した神社があった。
とそこで目を覚ました。
んで、二度寝。
何か続きらしくて、神社の中に入るとお札があった。それを持って洞窟に帰ろう
と振り返ると、鳥居が完全に再生(再築?)してあった。鳥居の柱に『ペンキ塗り
立て』と書いてあった。

仕方ないのでそれをくぐると急に辺りが暗くなり、カゴメカゴメが聞こえて来た
。それに誘われるように鳥居を歩いていくと、前方に白いクネクネした物が!!
何だろうと確かめようとした瞬間、後から来た霊夢が俺が持っていたお札を引っ
たくり「はいはいコワスコワス」と言いながら夢想封印。
白いクネクネが消し飛んだ。
あのお札はスペカだったようだ。

そのまま歩いて行くと、鳥居に無数の腕が生えて俺を拘束。無数のナイゾーやナ
マクビーが、怪人そーなのかーと一緒に落ちて来た。怪人そーなのかーは、一緒
に落ちて来たおにくをムシャムシャ食べてた。
すごくリアルで、怖くなったので「ゆかりんゆかりん!助けて、ゆかりん!」と叫ぶ。
スキマからゆかりんが登場して、俺をスキマの中に引きずり込んだ。
何故か安心した俺は、そのまま眠った。ゆかりんが困ったように笑った所で覚醒

有難う。
ゆかりんと夢を統べる俺。

幻想郷
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|