※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

724 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 01:37:21 [ qw7fK9FQ ]
よく特撮ヒーローの撮影が行われるような採石場で、うどんげ?レミリアと戦っていました。
実写とアニメ調が半分ずつの曖昧な感じ。
それをコンクリの柱の影で見守る自分。
しかし、レミリアの両目は紅く、獣のような唸り声を上げています。


うどんげの放ったハイキックがレミリアの側頭部に直撃。白でした。
しかし、レミリアは痛くも痒くもない様子。爪を振り回して反撃します。
それをバク転で避けるうどんげ。青と白の縞模様でした…あれ、さっきと色変わってる!?
距離を取ったうどんげ。腰から引き抜いた赤い拳銃を連射しますが、やはりレミリアはビクともしません。


「うどんげ! これを使え!」
突然、自分は柱の影からカードをうどんげに投げます。うどんげがキャッチ。
「これは……助かるわ!」
九死に一生を得たような笑みのうどんげ。
微笑んで頷く自分。
うどんげの手の中には、いつの間にか3枚のカードが。
それらを銃のカードリーダー部分みたいな所にビュイィーンとスラッシュさせます。
どう見ても寝る前に見た仮面ライダーブレイドです。


カードはそれぞれ「リグル」「幽香」であったと認識。あと一枚は思い出せません。
スラッシュと同時に電子音声が鳴ります。

ビュイィーン 『DROP』←(不明のカード)
ビュイィーン 『FIRE』←(リグルのカード)
ビュイィーン 『GEMINI』←(幽香のカード)

 『 バーニング ディバイド 』

足が燃えたうどんげが高くジャンプして空中で回転、そのうどんげの身体が二つに分身します。
「トアアァー!」
気合の入ったうどんげの声。
棒立ちのレミリアへ、二体分身うどんげの燃えるカカト落としが炸裂。
「ギュアラアァー」みたいなバケモノボイスを上げてレミリア爆発。 
大の字に倒れ、煙を上げならピクピクしています。
レミリアのZUN帽が「カシャ!」と開いておでこが見えました。「⑨」という数字が見えます。


着地し、ふぅー、と額の汗を拭ったうどんげ。
懐からカードを取り出し、痙攣してるレミリアに投げると、レミリアの身体がカードに吸い込まれます。
「なかなか良いスペルカードをGETしたぜ」うどんげの口調がおかしいのは夢だからでしょうか。


そのあとレミリアが封印されているカードと他数枚を組み合わせてカードコンボを発動していました。
組み合わせは失念しましたが、技名が 『バッドレディ スクランブル』で
紅い霧を纏いながらのきりもみ回転ドロップキックをチルノに食らわせてました。
ブッ飛んで倒れ、痙攣しているチルノの胸元のリボンが「カシャ!」と開いて「⑨」の文字が。

そこで起きてしまった。だが私は謝らない。またこの夢の続きが見れると信じている。

725 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/31(火) 02:00:26 [ gJweJuiI ]
ダデャーナザーン

カオス
バトル

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|