※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

711 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/30(月) 11:59:59 [ gxN291pA ]
何か妙な夢を見た。

場所は何処かの和室。障子の隙間から縁側と庭が見えたから、神社だったのかも知れない。
俺の前には布団が敷かれ、そこに座ってる寝間着姿の霊夢
(寝間着と言ってもパジャマの類では無く、時代劇で出てくる様なヤツ)
霊夢は右手を肩から吊っていた。どうやら怪我をしたらしい。
夢の中の俺は怪我で不自由な霊夢の世話をする為に、里から呼ばれた様だ。

たわいも無い会話(内容は忘却)を交わしたり、お茶を入れて二人で飲んだりする内
霊夢が「肩を揉んで欲しい」とか言い出した。
で、まあ、みんなの想像通りw肩を揉むついで?に後から霊夢に抱きついたんだが

すごく細かった。肉付きもそれ程無く、そもそも肩幅が小さい。
後から抱きしめた俺の手が、前で交差してそのまま反対側の自分の肩に届く位小さかった。
まさに「少女」という感じだった。

それを感じた瞬間、俺はもうネチョい気分とかそんなモンはぶっ飛んでしまった。
『こんな細い身体で、人間を守る為に妖怪達と渡り合ってるんだ』
と思うと何だか無性に涙が出てきた。

抱きつかれた時はジタバタ抵抗してた霊夢も、俺の様子がおかしいのに気付いたらしい。
俺の方を見上げながら「どうしたの?」とか聞いてくるんだ。
俺は恥ずかしさから懸命に涙を堪えるんだが、止まらない。
霊夢がそれを見て「何で泣いてるのよ?」と怒気混じりの声で聞いてくる。
俺は仕方無しに感じたままを話した。

すると霊夢は俺の腕の中で振り向くと、怪我をしてない方の手を伸ばし俺の頭を撫でてきた。
「バカね、アンタが気にする事じゃないでしょう。……でも、ありがとう」
とか言ってな。俺は堪らず霊夢の髪に顔をうずめ、マジ泣きしちまった。

そんな感じでちょっとイイ雰囲気の所だったんだが、障子の向こうから魔理沙?の
声がきこえてきた所で目が覚めてしまった。
思わず「それ、何てエロゲ?」と自己ツッコミをしてしまった orz

でも俺の頭を撫でてくれた時の霊夢は、すごく可愛かった。
夢の中とはいえ「俺はこの娘を守る盾になりたい」と本気で思ったよ……。

幻想郷
ムーディ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|