※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

530 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/16(月) 02:47:30 [ /uEb0Adw ]
 >>525
熱いww


ていうか>>525と似たような夢見た。

幻想郷の土や川の水が、空の渦の中に吸い上げられていってた
大木も根っこごと上がっていった。里の家屋も、人間も。全て。

なぜか、自分は地面に座って泣いてた。
自分は違う世界の者な為か、吸い上げられなかった。

幻想郷の妖怪は、力の弱いモノから空の渦に吸い上げられていった。
残った大妖怪も、少しずつ衰弱していくようだ。

以下覚えてるシーン:

逆さのまま吸い上げられていく大妖精チルノが見えた
二人とも眠っているように動かないが、姉妹の様に互いにしっかりと手を握り合ってた。
でもそれが吸い上げられる強風になぶられて、離れた。

遠くから紅と銀の光が飛び上がった。
吸い上げられるのではなく、自らの意思で抗うように渦の中心に突撃していった。
桜色と緑色の光、赤色と紫色の光も飛んできて、それに並んだ。
六色の光が尾を引いて渦に飛び込んでいって、消えた。


自分から少し離れた所で、ボロボロ泣いてるアリス
「やだ、いやだぁ…」と嗚咽混じりに呟いてた。
それを魔理沙が頭を撫でながら困った顔で慰めてた。
これは仕方ない事なんだ、とか、うまくすれば私みたいに■■■とか言ってた。(聞き取れない)

よく見るとアリスだけは吸い込まれないらしい。
微笑んで浮いていく魔理沙に向かって「忘れないから! …忘れないで!」と絶叫するアリス。

空の渦は雲模様を動かし、
それが神主の顔のアスキーアートになってた。(自分はリアル神主を見た事が無いからか)

目が覚めたら少し泣いてた。
リセットは寂しい気もします。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|