※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

432 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/10(火) 21:31:16 [ ah5VTfPU ]
今朝の夢をいまさら

自宅のベッドでゴロゴロと漫画本を読んでいた。
部屋に神主?が入ってくる。黒いコートを広げてきた。
神主「食事の時間だ!」こーりん?(褌)6体が出てくる。
俺は2階の窓から飛び出して逃げた。いつもより遥かに速く走ることができた。
速すぎて周りが見えない。疲れてきたのですこしスピードを緩めてみた。
神社に到着していた。こーりん(褌)6体も追いついてきた。
神主も上空から舞い降りてきて「ゆくぞ少年!」と叫び襲い掛かる。
勝手に身体が動きだす。俺は賽銭箱に向かって走り出し、それを蹴った。
中に札が入っていた。「恋符」と書かれている。魔理沙がいたずらで入れたのだろう。
恋符を上空の神主に向けると、ごんぶとビームが発射された。
ビームの勢いに負けて転んでしまった。ビームが収まったが、神主が見当たらない。
俺は「やったのか?」と思っていたが、まだこーりん(褌)6体が残っていた。
ここで一瞬目がさめたのだが、あまりに眠くてすぐ寝てしまう。したら続きが・・・
恋符を使ってしまって戦う術がないと思っていた。
賽銭箱の近くを探してみる。すると、片手斧が落ちていた。
それを手にする。グリップは良い。持ち手の底には「悟史」と書かれていた。
こーりんが斧を見て動揺する。こーりん「それは・・・陰陽鬼神斧?!」なんだと?
俺はその名前を聞いて、何かを思い出しそうになった。しかし思い出せない
そのままこーりん6体と戦う。軽めの片手斧を振り回し、こーりんを叩き切る。
斬っても斬っても復活してくるこーりん。しかも人数が増えてきている。
神社の屋根の上に神主がニヤニヤしながら立っていた。
腕も疲れてきて、なかなかダメージを与えられなくなってきた。
その時、忘れていた何かを思い出した。
最後の力を振り絞り、斧を上空に投げた。結構良く飛んだ。
空中で斧が砕けて、破片がこーりん達を突き刺した。こーりん全滅
神主「正確な弾幕だ。それゆえコンピューターには予想しやすい」
腰をブルブル振って破片をすべて避ける神主。恐ろしかった
俺は疲労と急激に変わり続ける展開に混乱し
「あんたはいい踏み台になりそうだヒャッホイ!」となぜか叫んで神主の頭を踏んだ。
物凄く高くジャンプした。
目が覚めた


仕事がはかどらなかった。

433 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/10(火) 21:54:53 [ cQidzUvw ]
ファイナルストライクかw

434 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/10(火) 22:00:18 [ WVfXYmZQ ]
ガンダム混ざっとるw

ZUN・カオス?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|