※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

268 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/24(日) 06:49:27 [ 1wQ4d7kA ]
白玉楼で何故か張り込みみたいな事をしてる夢を見た。
ひょっとしたら極秘取材をしてたのかもしれん。
早朝から大きな木の陰に隠れて白玉楼を観察してると雨戸を開ける妖夢を確認。
そのまま妖夢の行動を見張る事に。
庭の掃除、炊事、洗濯、布団干し、白玉楼の掃除をしっかりこなしてる。
ただ、全ての作業をしてる間、ずっとケロロ軍曹の歌を全部メドレーで歌ってた。
…どうやら妖夢は本当にケロロが好きなようだ…。しっかりとメモを取る俺。
そのうちお昼ごろになって、食事をする俺。
飯がアンパンと牛乳なのは昔の刑事ドラマの再放送の見すぎだろうか。
飯食ってる時に幽々子様の声が聞こえてきた
幽「妖夢~…おはよう~…」
妖「何を言ってるんですか幽々子様…もうお昼ですよ」
ただ、幽々子様の姿が

身体は幽々子様、頭がケロロだった

口と鼻からブハァ!と思いっきり牛乳を噴出してむせる俺。その咳で隠れてる事が妖夢にばれる。
妖「何者ですか!隠れてないで出て来なさい!!」
俺「や、やっべぇー!」
そのまま逃亡を計るも、あの長い階段で足を踏み外す

落っこちる所で身体が「ビクッ!」となって目が覚めた。
…鼻の奥が何か痛ぇ…

幻想郷
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|