※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

243 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/22(金) 07:27:59 [ 1Z6YxbW6 ]
起きたてのほやほやだよ~

いきなり霊夢に「神社の留守番よろしく」なんて言われた。
「俺みたいな他人がそんなことしていいのか?」と聞いたら
霊夢「それじゃぁ・・・じゃーんけーん」
ポン!負けた。
霊夢「あんた負けたから私に従いなさい」そのまま神社を出ていった。
ところで何時ごろ帰って来るんだ?と思いながらまったりすることにした。
勝手にお茶を出してすすっていると妖夢が現れる。
妖夢「貴様何者だ!」なんと答えればいいのやら
俺は「留守番を頼まれた。主はいつ帰ってくるかわからない」
妖夢はすこし考える仕草をした後「それでは死んでもらう!」
俺は「殺すという短絡的な手段に頼るとは・・・まだまだガキだな」
自分の意思とはまったく別の言葉が勝手に出てきやがった。
妖夢は白楼剣と楼観剣を構えこちらに向かってくる。
武器のない俺は逃げ回る。
妖夢に蹴られて神社の賽銭箱にぶつかってしまう。
賽銭箱はさわやかな破壊音を残し、賽銭箱の役割を失った。
金がまったく入ってないことに俺と妖夢は驚いた。
しかしすぐに攻撃に切り替わる妖夢。
壊れた賽銭箱のなかになぜか片手斧が入っていた。
俺はそれをつかんで構える。妖夢がまた驚く。
妖夢「それは・・・陰陽鬼神斧?!」このショボイ斧はそんなにすごいものなのか。
妖夢は「投げれば敵を攻撃した後戻ってくる投擲用の斧だ・・・」
俺「使い方を教えてくれてありがとう」また自分の意思とは別の言葉が勝手に。
とりあえず斧を投げる。斧がバラバラに砕けてその破片が妖夢を襲う。
俺はそれを見ながら「バラバラになるんなら斧じゃなくてもよくないか?」
妖夢は破片をもろに食らい、そのまま倒れてしまった。
賽銭箱壊れたけどどうしようかなと考えつつ帰ろうとしたら
妖夢「見事だ小僧。その武器を使いこなすとはな」なげただけだのになぁ
「しかし人間死すども、霊体が残っている。その斧では霊体には攻撃できん!」
半霊が巻きついてくる。身動きが取れないところで目が覚める。

起きたとき、布団巻きのような状態だった・・・

幻想郷
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|