※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

228 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/21(木) 06:52:37 [ Nm6nPY4g ]
 >>227
アンマリダ(´・ω・`)

疲れた~と自宅に帰宅。何故か自分の部屋でくつろいでる妖夢がいた。
妖「お邪魔してますね」
俺「…ど、どうやって入ってきたの?」
妖「あちらの窓から失礼させていただきました」
閉めてたハズの窓が開いてた。半霊あたりに開けさせたのだろうか…不法侵入だがまぁよし。
せっかくなので花映塚とスイムソウで大戦する。
妖夢はゲームでもやっぱり妖夢を使ってた。つーか強すぎる。手も足も出ない俺。
妖「幽々子様にくらべたらまだまだですよ」
あ~…何となくわかる気がする…。
小休止してテレビを見る。ケロロ軍曹の最終回をやってた。
噛り付くかのように見入ってる妖夢。
俺「ケロロ好きなんだ」
妖「黙っててください!今いい所なんです!」
(´・ω・`)
ケロロ終了。いつの間にかビデオ録画してたらしく、そのビデオを取り出す妖夢。
妖「そろそろ暗くなりますから帰りますね」
そういって窓から出て行く妖夢。ビデオテープをしっかり抱えて。

それを見送ってる所で目が覚めた。

しかし寝る前に閉めたハズの窓が全開だったのは何故だ。

現実
のんびり

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|