※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

573 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/06/27(火) 18:27:56 [ r1KqE8EE ]

ちょっと怖い夢を見た。

エレベーターの中に居たんだよ。そうしたら急にエレベーター止まってさ。
次の瞬間、落下したんだ。でも俺は無事で、外に出たら真っ暗なわけよ。
けど子供とかが昼間同然に普通に遊んでた。

でもよく見ると子供の顔が普通じゃなくて、顔の造形がまるでゲームとかの
オーガとか鬼とかそういうレベルだった。

俺必死で逃げたね。
そしたら、何故か俺の実家に居たんだよ。そこでは妖夢と、
死んだはずの婆ちゃんが、呑気にお茶を飲んで話しててさ。
事のあらましを話したら、婆ちゃんが頭を撫でて「大丈夫だから」って言ってくれた。

その後、妖夢がバカでかい刀を担いで、外に出てったんだ。
帰ってくるまで婆ちゃんと話してた。
帰ってきた妖夢は無傷だった。


で、起きたらこの時刻。
もしかして、ゆゆ様あたりが会わせてくれたのかなぁ……。

不思議・ホラー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|