※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

358 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/04/08(土) 02:29:45 [ BbKfgVL. ]

知らない学校になぜか居て、屋上に誰かが居るという報告を受けて友人達と一緒に屋上へ行った。
屋上へ行く前にずいぶん差を離したが。
屋上へたどり着くと、そこには黒い鳥が居た。
俺が近づくと、いきなりその鴉は[[フラン]になった。
そして何故か翼を使わずに、縛っている先の髪をヘリコプターのように高速回転させて逃げ出した。
そのフランが手すりを越えた後、俺と友人達は手すりに乗り出してこう叫んだ。
「アホ毛!」と。
何度か叫んでいると、フランが振り返って「うるさーい!!」と言っていたので、俺は親しくも無い奴に
「気をつけろ、校舎が真っ二つになるかもしれないぞ」と言った。
そいつは、「ハァ?」ってような顔をした時に目が覚めた。

フランが髪の毛で飛んだのはインパクトが強すぎた。

現実
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|