※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

945 :名前が無い程度の能力:2007/11/01(木) 20:06:08 ID:DCRIFHEI0
紅魔館?に面接に行く夢を見た。
面接官はレミリア、偉そうに机に足をかけてらっしゃる。
おかげでレミリアのパンツをガン見できた。白地に苺柄、年相応なデザインでした。
なぜか怒られたので面接室を出て廊下をうろうろしてたらフランちゃんとバッタリ。
外の人間が珍しいらしく、あたりを飛びながらハイテンションで話しかけてくる。
俺はちらちらパンツを見るのに忙しいので適当に話をあわせておいた。薄いピンク、服の赤に合わせたのだろう。
「じゃあ、フォーオブアカインド見せてあげるね!」
え、何?弾幕ごっこ?それよりもっとパンツ見たい。
炸裂音とともに廊下の壁にかけてあるフランちゃんのらくがきから分身フランちゃんが出てきた。
「姿は私とおんなじだけど、中身は違うの。あれは泣き虫な私、そっちは怒りっぽい私……」
話も聞かずに、四つんばいで高速移動。スカートの中を見るにはこのポジションがスゴくいいんだ。
泣き虫フランちゃんの、色は、何かなフヒヒ。お、薄紫かあ。高貴な色だなあフヒヒヒ。
あ、恥ずかしくって泣いちゃった。泣いているフランちゃんもいいなあ!こっちのフランちゃんは何色かなー?
下から覗こうとしたが、足を閉じているので見えない。
お願いして見せてもらおうと顔を上げると、無表情でレーヴァテインを構えている。
ああ、怒りっぽいフランちゃんでしたか。
次の瞬間、八つ裂き光輪くらったバルタン星人状態になって目が覚めた。
なんで夢の中に紅魔館がでてくると高確率で死ぬことになるのかねえ。

946 :名前が無い程度の能力:2007/11/01(木) 20:21:12 ID:1g.Fyeww0
おまいのパンツの見たさに脱帽

947 :名前が無い程度の能力:2007/11/01(木) 20:25:35 ID:6njTJc3I0
おぱんちゅは正義です
フランちゃんならなおさら

 >>945
だがその代価でお前は死ぬのだ

949 :名前が無い程度の能力:2007/11/01(木) 21:58:12 ID:xmostG5Y0
945
年相応…?
500歳…?

945の頭の中がカオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|