※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

234 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/02/26(日) 11:16:48 [ iouYfQJs ]

俺の目の前には車椅子に乗っているメリー?とそれを押している咲夜さん。
場所は中世風の古風な城で、中は薄暗かった。俺はそのボスだった。
長い廊下を必死で逃げようとするけど、車椅子をゆっくり押しているにもかかわらず、振り切ることができない。
「もう諦めなさい」「私の前ではどんな転送魔法も無意味よ」と追い討ちをかけてくる。

もうだめかと思ったとき、突然場面が玉座に変わった。
俺は玉座の前に立っていて、メリーと咲夜さんと相対するような立ち位置になっている。
すると、メリーと咲夜さんが半透明になった。そう思うとそれらが合わさり、が現れた。
そして紫がこう宣言した。
「あなたの魔力は120000。私は150000。これで貴方も終わりね!」
そう言われると、俺は紫に腹を貫かれた。俺は紫の腕を掴み、なぜかこんなことを言った。
「ふふふ、これで私は楽になれる。全てを包容し、そして全てを生きることを選んだお前は
終わることのない永遠の苦しみを味わうことになる。果たしてどちらが勝者だと言えるかな?」

ここから先の記憶がおぼろげでよく覚えていない。
なんとなくわかったのは、夢の中では俺はアルティミシアだったということだけだった。

非現実
カオス

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|