※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

550 :名前が無い程度の能力:2007/05/24(木) 20:34:28 ID:QJFE8dtI0
何処かの祭りに行ってる夢だった
露天が沢山出てて盛り上がっていたが、そこでぽつんと寂れた露天があった。
店番がボロ服着たうどんげ?で、必死に客寄せしてたが誰も気にも留めずに素通りしてた。
なんか見てられなくてつい売り物を買ってしまった。
何を売ってて何を買ったのかは覚えてない。
「ありがとうございますありがとうございます!」
と何度もぺこぺこするうどんげ。

そしたらドコからとも無くガラの悪い神主?が現れて、売れ行きの悪い露天を見てうどんげを折檻する。
俺「おい止めろよかわいそうだろ!」
神主「ならオマエがコイツのかわりにショバ代払うのか?」
俺「そうしたいのは山々だが、今の俺は給料日前だ!」
神主「ならオマエの体で払ってもらうとするか」

そうして俺は神主に服をひん剥かr(裁かれました)揉(裁かれました)入(裁かれました)

最後の一線を超える前に目が覚めた…
悪夢を見たと嘆くべきか間一髪だったと安堵すべきか… orz

お前は柄の悪い神主を何だと……柄の悪い神主!?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|