※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

227 :名前が無い程度の能力:2007/02/02(金) 01:35:06 ID:mVW4xwkY0
久しぶりにGPMをプレイしてたら寝オチしてた。その時に見た夢。

GPMの生徒になってる俺。
何故か魔理沙もGPMの生徒になって、自分と一緒にプレハブ教室に登校してた。
教室の扉を開けて笑顔で挨拶をする魔理沙。
魔理沙「よぉーおはよう皆の衆!」
ばきゅーん
銃弾が魔理沙をかすめた。
魔理沙「………」
笑顔のまま固まる魔理沙。
鈴仙?  「……チッ!」
どう見ても狙ってたのは鈴仙です本当に(ry
魔理沙「……おい、何のマネだコラ」
鈴仙  「別に。単に銃が暴発しただけですよ」
魔理沙「今思いっきり舌打ちしただろ。一体どういうつもりだ?
     下らない理由だったらマスタースパークでぶっ飛ばすぜ」
俺   「お、おまえら落ち着けよ…本気で怖いんだけど」
だが全く人の話を聞いてない二人
鈴仙  「なら言わせてもらいます。あなた、この人に少しなれなれしすぎませんか?
     はっきり言って○○(自分の名前)さんが迷惑してるんですよ!」
魔理沙「なんだ嫉妬かぁ?独占したいなんてまるでガキだぜ」
鈴仙  「…………」
魔理沙と鈴仙の睨み合いが暫く続く。
そして急にこっちを向く二人。このパターンって…まさか…

二人  「どっち!?」

やっぱり争奪戦かぁー!?この状況で自分に如何しろと!?
鈴仙も好きだし魔理沙も好きだ。でもゲーム見たくどっちも選ばず誤魔化したり逃げたりするのはもっと嫌だ。
だったら心を鬼にしてどっちかを選ぼう!さあどっちを選ぶか…!
そして俺は意を決して、適当な方向を指差して

俺   「あっち!」

何適当な事やって誤魔化してるんだ俺!
ZUN? 「いやあ、照れるね」
ぎゃあ指の先に何故か神主がいるし!
二人 「orz」
真に受けないでくれ二人とも!


もうゲーム中の寝オチなんてしないよ、絶対さ。

なんであのゲーム、運命の友同士で「Hな雰囲気」になんなきゃならんのだろう

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|