※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本ページでは、N◎VA Xのキャスト間コネクションについて説明する。

最初に結論。3行でまとめると

  • PC2は、PC1をどう思っているか(スート)を決めて、PC1に伝える
  • PC1は伝えてもらったスートでPC2のキャスト間コネを保有する。つまりPC1は「コネ:PC2からのスート」を持つ
  • 同様に「PC3がPC2に伝える」「PC4がPC3に伝える」・・・という感じでキャスト間コネを決定する

具体例

  • PC1:ハーミット、PC2:欠番、PC3:さだつか、PC4:アスカロン とする
  • 手順1
    • さだつかは、ハーミットに対するスートを理性に決定
    • ハーミットは「コネ:さだつか/スート:理性」を保有
  • 手順2
    • アスカロンは、さだつかに対するスートを感情に決定
    • さだつかは「コネ:アスカロン/スート:感情」を保有
  • 手順3
    • ハーミットは、アスカロンに対するスートを外界に決定
    • アスカロンは「コネ:ハーミット/スート:外界」を保有
  • 上記の手順で、全PCのキャスト間コネが決定する

細かいこと:基本ルールブックの記載について

  • P127にある「左隣のキャストのコネを取得する」に従う
    • RLから指定があった場合は、そちらに従う

細かいこと:オンセでのキャスト間コネについて

  • オンセではテーブル席についていないので「左隣」=「次のPC番号」と解釈する
  • コネは「コネ名称の人物が、コネを保有する人物をどう思っているか」を示す。よってコネを保有するPCではなく、コネの対象となるPCがスートを決定する
    • 具体的には「次のPC番号」のPCがスートを決定する





以上
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|