※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本ページでは「SRSじゃない世界樹の迷宮TRPG」に対するローカルルールについて記載する。


ローカルルール


エネミーデータ識別時のデータ開示について

  • 公式ルールでは、開示範囲はGMの任意となっている
    • Lv、耐性、主なスキルを最低限開示することが推奨されている
  • Ascalon卓では、「基本的に」全データを開示する
    • オンラインセッションにおける時間短縮目的
    • 希少種やFOEなどは、一部データをマスクする場合あり。これはケースバイケースなので明確に定義しない

受動行動のタイミング

  • 公式では「1回の攻撃ロールに対して、攻撃対象は1回だけ受動行動を行える」とある。しかし攻撃ロールの中には命中の一般行為判定と、ダメージロールが内包されているため、どのタイミングで受動を宣言するか不明瞭である
  • Ascalon卓では「命中の一般行為判定の“後”」=「ダメージロールの“前”」に、受動行動が入るとする。すなわち攻撃ロールは以下の流れとなる
    • 1:命中一般行為判定
    • 2:攻撃対象の受動行動
    • 3:ダメージロール

リビルド

  • Ascalon卓ではシナリオ外のリビルドを「2016年5月時点では」許可している
    • 現状、プレイ回数が少なく、テストの意味合いも大きいため
  • リビルドは、具体的には以下のことが可能
    • 能力値ダイスロール結果の配置しなおし(振り直しは不可)
    • サブクラスの変更、ないしは取得する/しないの切替(メインクラスは変更不可)







以上
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|