ネタバレ考察 > 台詞集 > 佐倉杏子

台詞職人さんGJ

第4話


「マミの奴がくたばったって聞いたからさぁ、…わざわざ出向いてやったっていうのに」
「何なのよっ!?ちょっと話が違うんじゃない?」
「何ソレ?超ムカつく」
「でもさあ、こんな絶好の縄張り、みすみすルーキーのヒヨッ子にくれてやるってのも癪だよねぇ」
「決まってんじゃん」
「要するに、ぶっ潰しちゃえばいいんでしょう?」
「…その子」

第5話


「ふぅん…。あれがこの街の新しい魔法少女ねぇ…」
「だってチョロそうじゃん。瞬殺っしょ、あんな奴。それとも何?」
「文句あるっての?アンタ」
「へぇぇ、何者なの?そいつ」
「はあ?どういうことさ。そいつだってアンタと契約して魔法少女になったんでしょ?」
「へっ、上等じゃないの。退屈過ぎてもなんだしさ。ちっとは面白味もないとね」

「ちょっとちょっと。何やってんのさ、アンタたち」
「見てわかんないの?ありゃ魔女じゃなくて使い魔だよ。グリーフシードを持ってるわけないじゃん」
「だからさぁ、4~5人ばかり食って魔女になるまで待てっての。そうすりゃちゃんとグリーフシードも孕むんだからさ」
「アンタ、卵産む前の鶏シメてどうすんのさ」
「アンタさぁ、何か大元から勘違いしてんじゃない?食物連鎖って知ってる?学校で習ったよねぇ」
「弱い人間を魔女が食う。その魔女をアタシたちが食う」
「これが当たり前のルールでしょ、そういう強さの順番なんだから」
「まさかとは思うけど。やれ人助けだの正義だの、その手のおチャラケた冗談かますために…アイツと契約したわけじゃないよね?アンタ」
「ちょっとさ、やめてくれない?」
「遊び半分で首突っ込まれるのってさ、ホントムカつくんだわ」
「ふん、トーシロが。ちっとは頭冷やせっての」
「おっかしいなぁ。全治3ヶ月ってぐらいにはかましてやったはずなんだけど」
「ウゼェ」
「超ウゼェ」
「つうか何。そもそも口の利き方がなってないよね。先輩に向かってさぁ」
「チャラチャラ踊ってんじゃねぇよウスノロ!」
「言って聞かせてわからねえ、殴ってもわからねえバカとなりゃあ…後は殺しちゃうしかないよねッ!?」
「終わりだよ」
「なっ!?」

第6話


「終わりだよ」
「なっ!?」
「あっ?」
「お前…な、何しやがったテメェ!…なっ」
「そうか、アンタが噂のイレギュラーってやつか。妙な技を使いやがる」
「何なんだアンタ?一体誰の味方だ?」
「な…どこかで会ったか?」
「手札がまるで見えないとあっちゃね。今日のところは降りさせてもらうよ」

「よう、今度は何さ」
「どういう風の吹き回しよ」
「ふん、元よりそのつもりだけどさ。そのさやかって奴、どうする?ほっときゃまた突っかかってくるよ」
「まだ肝心なとこを聞いてない」
「アンタ何者だ?」
「一体何が狙いなのさ」
「なぜわかる?」
「ふぅん…。ワルプルギスの夜ね。確かに一人じゃ手強いが、二人がかりなら勝てるかもなぁ」
「食うかい?」

「会いもしないで帰るのかい?今日一日追いかけ回したくせに」
「知ってるよ。この家の坊やなんだろ?アンタがキュゥべえと契約した理由って」
「まったく。たった一度の奇跡のチャンスをくっだらねぇことに使い潰しやがって」
「わかってねえのはそっちだ、バカ」
「魔法ってのはね、徹頭徹尾自分だけの望みを叶えるためのもんなんだよ」
「他人のために使ったところで、ロクなことにはならないのさ」
「巴マミはそんなことも教えてくれなかったのかい?」
「惚れた男をモノにするならもっと冴えた手があるじゃない。せっかく手に入れた魔法でさぁ」
「今すぐ乗り込んでいって、坊やの手も足も二度と使えないぐらいに潰してやりな」
「アンタなしでは何もできない体にしてやるんだよ」
「そうすれば今度こそ坊やはアンタのもんだ。身も心も全部ね」
「気が引けるってんなら、アタシが代わりに引き受けてもいいんだよ?同じ魔法少女の好だ。お安い御用さ」
「場所変えようか?ここじゃ人目につきそうだ」

「ここなら遠慮はいらないよね。いっちょ派手にいこうじゃない」
「ふん、ウザい奴にはウザい仲間がいるもんだねぇ」
「あっ…チッ」
「アンタのやり方じゃ手ぬる過ぎるんだよ。どの道向こうはやる気だぜ」
「ハンッ、じゃあコイツを食い終わるまで待ってやる」
「どういうことだオイ…。コイツ死んでるじゃねぇかよ」
「何がどうなってやがんだ…オイッ」
「100メートル?何のことだ、どういう意味だ!?」
「な…何だと?」
「テメェは…何てことを…。ふざけんじゃねぇ!!それじゃアタシたち、ゾンビにされたようなもんじゃないか!!」
「あっ」

第7話


「いつまでもショボくれてんじゃねえぞ、ボンクラ」
「ちょいと面貸しな。話がある」
「アンタさぁ、やっぱり後悔してるの?こんな体にされちゃったこと」
「アタシはさぁ、まあいっかって思ってるんだ。何だかんだでこの力を手に入れたから好き勝手できてるわけだし。後悔するほどのことでもないってね」
「そうだよ、自業自得にしちゃえばいいのさ」
「自分のためだけに生きてれば、何もかも自分のせいだ、誰を恨むこともないし、後悔なんてあるわけがない」
「そう思えば大抵のことは背負えるもんさ」

「ちょっとばかり長い話になる」
「食うかい?」
「食い物を粗末にするんじゃねえ、殺すぞ」
「ここはね、アタシの親父の教会だった。正直過ぎて、優し過ぎる人だった。毎朝新聞を読む度に涙を浮かべて、真剣に悩んでるような人でさ」
「新しい時代を救うには、新しい信仰が必要だって、それが親父の言い分だった」
「だからある時、教義にないことまで信者に説教するようになった」
「もちろん、信者の足はパッタリ途絶えたよ。本部からも破門された。誰も親父の話を聞こうとしなかった」
「当然だよね。傍から見れば胡散臭い新興宗教さ。どんなに正しいこと、当たり前のことを話そうとしても、世間じゃただの鼻つまみ者さ」
「アタシたちは一家揃って、食う物にも事欠く有様だった」
「納得できなかったよ。親父は間違ったことなんて言ってなかった」
「ただ、人と違うことを話しただけだ」
「5分でいい、ちゃんと耳を傾けてくれれば、正しいこと言ってるって誰にでもわかったはずなんだ」
「なのに、誰も相手をしてくれなかった。悔しかった、許せなかった。誰もあの人のことわかってくれないのが、アタシには我慢できなかった」
「だから、キュゥべえに頼んだんだよ。みんなが親父の話を、真面目に聞いてくれますように、って」
「翌朝には、親父の教会は押しかける人でごった返していた」
「毎日おっかなくなるほどの勢いで信者は増えていった」
「アタシはアタシで、晴れて魔法少女の仲間入りさ」
「いくら親父の説法が正しくったって、それで魔女が退治できるわけじゃない」
「だからそこはアタシの出番だって、バカみたいに意気込んでいたよ」
「アタシと親父で、表と裏からこの世界を救うんだって」
「…でもね、ある時カラクリが親父にバレた」
「大勢の信者が、ただ信仰のためじゃなく、魔法の力で集まってきたんだと知った時、親父はブチ切れたよ」
「娘のアタシを、人の心を惑わす魔女だって罵った」
「笑っちゃうよね。アタシは毎晩、本物の魔女と戦い続けてたってのに」
「それで親父は壊れちまった」
「最後は惨めだったよ」
「酒に溺れて、頭がイカれて。とうとう家族を道連れに、無理心中さ」
「アタシ一人を、置き去りにしてね」
「アタシの祈りが、家族を壊しちまったんだ」
「他人の都合を知りもせず、勝手な願いごとをしたせいで、結局誰もが不幸になった」
「その時心に誓ったんだよ。もう二度と他人のために魔法を使ったりしない、この力は、全て自分のためだけに使い切るって」
「奇跡ってのはタダじゃないんだ」
「希望を祈れば、それと同じ分だけの絶望が撒き散らされる」
「そうやって差し引きをゼロにして、世の中のバランスは成り立ってるんだよ」
「アンタも開き直って好き勝手にやればいい。自業自得の人生をさ」
「アンタもアタシと同じ間違いから始まった」
「これ以上後悔するような生き方を続けるべきじゃない」
「アンタはもう対価としては高過ぎるもんを支払っちまってるんだ」
「だからさ、これからは釣り銭を取り戻すことを考えなよ」
「そうさ。アタシはそれを弁えてるが、アンタは今も間違い続けてる。見てられないんだよ、そいつが」
「何でアンタ…」
「…ッ」
「バカ野郎!アタシたちは魔法少女なんだぞ?他に同類なんていないんだぞ!?」

「今日のアイツは使い魔じゃなくて魔女と戦ってる。ちゃんとグリーフシードも落とすだろ。無駄な狩りじゃないよ」
「…ん?チッ、あのバカ、手こずりやがって」
「まったく。見てらんねぇっつうの。いいからもうすっこんでなよ。手本を見せてやるからさ」
「オイッ」
「アンタ、まさか…」

第8話


「オイ…」
「あのバカ」

「根拠は何だい?」
「統計?」
「以前にもこの街にワルプルギスが来たなんて話は聞いてないよ。一体何をどう統計したってのさ」
「…はぁ。お互い信用しろだなんていえる柄でもないけどさ。もうちょっと手の内を見せてくれたっていいんじゃない?」
「どの面下げて出てきやがったテメェ…」
「はぁ?」
「誰のせいだと思ってんのさ」
「何だそりゃ。どういう意味だ?」
「ほっとくのかよアイツ」
「それよりも美樹さやかだ。アイツの言ってた厄介ごとってのは何なんだ?」

「オイ、さっさと逃げろ」
「正気かテメェは。アイツを助けるんじゃなかったのかよ」
「フン、なるほどね。こんな風にとっ捕まったままだと、あの妙な技も使えないってわけか」
「なっ…」
「クソッ」

「やっと見つけた…。アンタさ、いつまで強情張ってるわけ?」
「何だよ、らしくないじゃんかよ」
「オイ」
「あっ…」
「さやか、アンタまさか」
「さやかぁぁっ!!」

第9話


「あっ…」

「さやかっ!」
「何なんだよ、テメェ一体何なんだ!?さやかに何をしやがった!?」
「何を?」
「こいつは…」
「どうなってるんだよ、あの魔女は何なんだよ?」
「逃げるのか?」
「ふざけるな」

「テメェは…。何様のつもりだ。事情通ですって自慢したいのか?」
「何でそう得意げに喋ってられるんだ。コイツはさやかの…。さやかの親友なんだぞ」
「テメェそれでも人間かっ!?」

「コイツのソウルジェムを取り戻す方法は?」
「そいつは…、お前の知らないこともあるって意味か?」
「できるんだな?」
「いらねぇよ。誰が…テメェの手助けなんか、借りるもんか」

「昨日の今日で、のんきに学校なんて行ってる場合かよ」
「ちょっと話があるんだ。顔貸してくれる?」

「美樹さやか。助けたいと思わない?」
「助けられないとしたら、放っとくか?」
「妙な訊き方しちゃったね。バカと思うかもしれないけど、アタシはね。本当に助けられないのかどうか、それを確かめるまで、諦めたくない」
「アイツは魔女になっちまったけど、友達の声ぐらいは覚えてるかもしれない。呼びかけたら、人間だった頃の記憶を取り戻すかもしれない。それができるとしたら、たぶん、アンタだ」
「わかんねぇよそんなの」
「わかんないからやるんだよ。もしかして、あの魔女を真っ二つにしてやったらさ、中からグリーフシードの代わりに、さやかのソウルジェムがポロッと落ちてくるとかさ」
「そういうもんじゃん?最後に愛と勇気が勝つストーリー、ってのは」
「アタシだって、考えてみたらそういうのに憧れて魔法少女になったんだよね」
「すっかり忘れてたけど、さやかはそれを思い出させてくれた」
「付き合いきれねぇってんなら、無理強いはしない。結構、危ない橋を渡るわけだしね」
「アタシも、絶対何があっても守ってやる、なんて約束はできねぇし」
「ったくもう、調子狂うよな、ホント」
「佐倉杏子だ。よろしくね」

「アイツはそういうタマじゃないよ」
「違うね」
「まあ利害の一致っていうか。お互い一人じゃ倒せない奴と戦うためにつるんでるだけさ」
「あと何日かしたら、この街にワルプルギスの夜が来る」
「超弩級の大物魔女だ」
「アタシもアイツも、たぶん一人じゃ倒せない。だから共同戦線っていうか、まあ要するにそういう仲なのさ」

「ここだな」
「魔力のパターンが昨日と一緒だ。間違いなくアイツだよ」
「さて、改めて訊くけど、本当に覚悟はいいんだね?」
「ホント変な奴だな、アンタ」

「うん?」
「何でアンタが魔法少女になるわけさ?」
「ナメんなよ。この仕事はね、誰にだって務まるもんじゃない」
「毎日美味いもん食って、幸せ家族に囲まれて、そんな何不自由ない暮らしをしてる奴がさ、ただの気まぐれで魔法少女になろうとするんなら、そんなの、あたしが許さない。いの一番にぶっ潰してやるさ」
「命を危険に晒すってのはな、そうするしか他に仕方ない奴だけがやることさ。そうじゃない奴が首を突っ込むのはただのお遊びだ。おふざけだ」
「アンタだっていつかは、否が応でも命懸けで戦わなきゃならない時が来るかもしれない。その時になって考えればいいんだよ」

「気づかれた、来るぞ!」
「いいな、打ち合わせ通りに」
「怯むな。呼び続けろ」
「聞き分けがねぇにも、程があるぜ、さやか!」
「大丈夫、この程度、屁でもねぇ。アンタは呼び続けろ、さやかを」
「ハッ、いつぞやのお返しかい?そういえばアタシたち、最初は殺し合う仲だったっけね」
「生温いって、あの時アタシがもっとぶちのめしても、アンタは立ち上がってきたじゃんかよ」
「怒ってんだろ?何もかも許せないんだろ?」
「わかるよ…それで気が済んだら目ェ覚ましなよ、なぁ」
「さやかっ!!」
「アンタ、信じてるって言ってたじゃないか!この力で、人を幸せにできるって」
「頼むよ神様、こんな人生だったんだ。せめて一度ぐらい、幸せな夢を見させて」
「…よう」
「その子を頼む。アタシのバカに付き合わせちまった」
「足手まといを連れたまま戦わない主義だろ?いいんだよ、それが正解さ」
「ただ一つだけ、守りたいものを最後まで守り通せばいい」
「ハハハ、何だかなぁ。アタシだって今までずっとそうしてきたはずだったのに」
「行きな。コイツはアタシが引き受ける」
「心配すんなよさやか。一人ぼっちは…寂しいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ。さやか」

第10話


「テメェ、一体何なんだ?さやかに何しやがった」
「さやか…。チクショウッ…。こんなことって…」

第12話


「いいんじゃねぇの」
「やれるもんならやってみなよ」
「戦う理由、見つけたんだろ?逃げないって自分で決めたんだろ?なら仕方ないじゃん。後はもう、とことん突っ走るしかねぇんだからさ」

「ん…さやかは?オイ、さやかはどうした?」
「バカ野郎…惚れた男のためだからって、自分が消えちまってどうするんだよ…」
「バカ…やっと友達になれたのに」
「ん…?」
「誰だよ?」



叛逆の物語


「首尾は上々っと!」

「おっせーぞ、まどか」
「まだマシじゃねーかよ。あたしなんか、宿題すっぽかしちまってさぁ。アハッ、ヤベぇわ、マジで。アハハ…。なあ、まどか。あとで写させてよ、ね?」
「おめえが見せてくれないからだろ!だいたい、1人で抜け駆けして宿題やっちまうなんて、ひどいのはさやかの方じゃねーか!」
「あ~あ。やっぱ、魔法少女と学校の両立なんて無理なんだよ。遊んでる暇なんか、ありゃしねぇ」
「だって遊びたいんだよ~!」

「<忘れてたのかよ>」
「ん?」
「<ソウルジェム!?>」

「あっ、もしかしてゆうべのナイトメア退治の時、あたしたちが追い詰めた先で待ち構えてたのって、マミだけじゃなくて…」
「まあ、実力は昨日で証明済みってことならね。あたしも別に文句はないよ」

「なあ、あれって、志筑仁美のナイトメアなのか?」
「うわっ、あんたが言うと重みが違うわ」
「なっ!?」
「うわっ!」
「まどかと、ほむらは?」
「はい!」
「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!」
「アミコミケッカイ!」
「ケーキ、ケーキ、丸いケーキ」
「丸いケーキは、だあれ?」
「ちーがーう、あーたーしはリーンーゴ。まあるいケーキはベベが好き。ケーキはマミ!?」
「今夜のお夢は苦い夢」
「お皿の上には猫の夢」
「まるまる太って、召し上がれ~!」
「そういうお説教はごめんだね。まあ、ケーキと紅茶があったら別だけど?」
「は~い!」

「アハハ。や~い、や~い!さやか!」
「ええ~っ、酸っぱいのは嫌だなぁ、あたし」
「何だと、こら!」

「で?話って何さ?」
「はあ?何かって何が?」
「何言ってんのさ、あんた。大丈夫?」
「はあ?」
「ちょっと、ちょっと。何、あんた?それ、ひょっとして、ケンカでも売ってるわけ?」
「さやかんちに居候してるんだよ。そのくらい知ってんだろ?」
「あんたより先に転入してきたのさ」
「うん?」
「えっと、去年の…う~ん…」
「いつだったっけな…。でも、何でそんなこと気にしてるんだ?」
「隣の風見野だよ。あっちの街が平和になったから、いろいろ難儀してるっていう、マミの縄張りを手伝ってんじゃねーか」
「ねーよ。べつだん用事もないしね」
「はあ?何しに?」
「何か、訳分かんねぇんだけどさ、あたしをからかってるって様子でもねーよな。あんた、マジなんだな」
「はぁ…。地元であたしが通ってた、うまいラーメン屋があるんだ。そこで晩飯おごってよ。それが条件」

「この次の停留所から、風見野市だよ」
「えっ…違う! ここ…、左に曲がるはずなのに!」
「そんなはずないよ。確かに風見野駅行きに乗っただろ?」
「あっ…」
「これで間違いないよな」
「ちょっと待て。おい、こら!」
「チッ…」
「こんなのってありか?」
「ああ」
「なあ、あの三差路までこんなに距離あったっけ?」
「あっ…」
「ウ…ウソだろ」
「こいつは、幻覚か何かか?あたし達を見滝原の外に出さないための…」
「ちょっ…おい」
「バカ、こんな妙なこと放っとけるかよ!」
「えっ…」
「心当たりがあるのか?」
「はぁ…。分かったよ」
「あたしの記憶、確かにいろいろと食い違ってるのかもしれない」
「妙なんだよ。こんな強気な暁美ほむらは初めて見るはずなのに…。全然、意外って気がしねぇ。むしろ、しっくりくるぐらいだ」

「マミの縄張りを、手伝ってんじゃねーか」

「もしもし、ほむらか?」
「そいつも何か?本当なら覚えてなきゃおかしい事柄なのか?」
「おい、こら!からかってるんじゃねーぞッ!」
「はあ?」
「当ったり前だろ、何を…」
「おい、まさか…」
「悪い冗談としか思えねぇ。本当に…」
「おい、ほむら!大丈夫か?今、どこにいるんだ?」
「おいっ!」

「笑えねぇな」
「へえ、あんた、普通にしゃべれたんだ?」
「チッ、訳分かんねぇことに巻き込みやがって」
「胸くそ悪くなる夢を見たんだ。あんたが死んじまう夢を」
「でも本当はそっちが現実で、今こうして2人で戦ってるのが夢だって…。そういうことなのか?さやか」
「フッ」
「バッカ野郎!」

「行っちまったのか?さやかも、あんたのベベも…」
「あれが、鹿目まどか?」
「お…おい!」
「あっ…」