各クエスト発生条件について

条件等はイベント覧の各国に記載。
むしろイベント覧の方が充実しているので、こちらは詳細な攻略法をまとめます。
現状クエスト(配信を除く)は64個まで確認。それ以上の人がいたら情報提供にお願いします。

パラポルト

メインクエスト

初めての航海

野球人形のパーツ

バドー島へ

上陸後、爆弾を2個取得。
ボス『ピラニアバード』×6
爆弾を連発しないとかなり厳しいと思われる。万一外したときに備えて爆弾を追加で1,2個用意しておくと安心。
不用意に散弾銃なんか使うと怒涛の吸血ラッシュが待ち受けている。頭数を減らせる時以外は封印推奨。

サブクエスト(繰り返し不可)

輸送任務

繰り返し不可能で、日数制限の関係でやり直しも不可能なクエスト。受諾後、即攻略すること。
依頼「受ける」、二隻の船に「接近する」、時間制限選択肢で「海に飛び込む」でレン加入フラグが立つ。
レン救出関連で12日ロスする為、実質上の期限は6日しかないのに距離は15。
といっても、18日を越えてもクエストは継続できるしデメリットも報酬が半減(10000→5000)するだけ。
海上マップでのタイムロスを防ぐために各種カードを使うのもいいが、赤字覚悟で期限を守る程のメリットがあるかというと・・・

レンの試験

時限クエスト。発生したらすぐにこなすこと。
レンをすぐに雇っていると途中の強制イベントポイントで離脱しそのまま攻略終了となる。

サブクエスト(繰り返し可能)

タルマ島

距離が10と短いうえ、野球人形のパーツが最低4つ手に入る。ただし野手の頭と胴に偏りがち。

コルサデーニャ島

「チャンス○」「流し打ち」「キャッチャー○」「対左投手○」が手に入りやすい。

シズヤの島へ

海ではオーベルジーヌ号、陸ではマストドン×2→シズヤと戦闘必須。
オーベルジーヌ号は装甲200なので、このクエストを出した艦ならまず勝てる。ただし初期の位置が20%であることも多いので備えは怠らないこと。完璧な読みでなす術なくやられることも多い。幸い距離が近いので食糧庫を全て降ろして確実に勝てるようにしてもよい。

シズヤ×3に挑む時は、主人公に恐怖と転倒耐性の付いた防具を付けて、主人公以外は全員なるべく低いレベルにする。(このクエストはパーティ全員のレベルの平均で敵の強さが変わるため)この時高回復の装備(またはアカデミーハット)に停滞の玉を付けておくのを忘れないこと。
後は主人公以外の三人で、後列でひたすらはげますをしていれば良い。回復が高い装備だと、はげますの効果が上がるのでより安定する。ただしTSが切れると全滅確定。また主人公にかばうをさせていると反射ダメージはHPに来るので仲間の攻撃は不思議な力を受けないタイミングだけにすること。(かばうのは危ない)
気絶付きの武器も有効。
初回は勝つと「鉄腕」と装備×2が手に入る。

シズヤ×3に一度勝利するとシズヤが海でも本気を出し、オーベルジーヌ号の代わりに戦列艦ニュイコゥワ号を繰り出してくる。
ニュイコゥワ号は装甲800で強力な火砲と大きな帆を積んでおり、戦列艦王虎以上の強敵。最高のパーツと海戦用パーティ、海戦装備を用意して挑むこと。
倒すと良質な帆・食糧庫(最大+10)を落とすので、それ目当てで倒しても良いだろう。

いざ、世界一周!

ゴールまで実際は400マスあり、88マス目のウンガルフ寄港と160マス目のデジーマ寄港以外の食糧補給は緑マスで運がよければ可能。
海戦は赤マスに止まらない限り発生しないので、大砲等は徹底的に下ろして食糧庫と帆を積んで行くこと。仲間にもナビゲートハット等航海用装備を用意すると吉。
ただし240マス目のカリムー海峡では 装甲-250、パーツ1破損 があるので装甲250以上と緩衝材一つは確実に用意すること。(条件は不明であるが、装甲-100、パーツ破損なしも確認されている。おそらく航海術レベルの差)
後、レンの航海術のスキルレベルは10必須。10にすれば被害が少なくなる。食料庫と帆を重点的に強化すればいいが、装甲も少しつけておくことも重要。(260以上)そうしないとゲームオーバーになる。
あとは目押し勝負、ひたすら大きい目を出すだけ。

ちなみに全部で400マス、ウンガルフが88マス目(11日)、88マス目から160マス目のデジーマまで9日(計20日)
カリムー海峡が240マス目で10日(計30日)、シズヤの島が399マス目で17日(計47日)、最後に1マス1日で48日
ウンガルフ・デジーマ寄港で+10日の計58日(2回目以降は寄港しないで飛ばせるので48日)が理論上最速値。
このクエストのクリアが、各地の遺跡再探索系クエストのボス強化フラグになっている。反射と不思議な力のトラウマが護衛付きで再臨。
そういった意味でも、クリアには入念な下準備が必要なクエストである。
参考ページ作成60%完了→いざ世界一周!考察&対策

オオカミの島

闘志などが入手可能、イベントポイントの宝箱は初回のみ。

クインシティ

メインクエスト

ゆうかい犯を追え!

最後の最後に海戦あり。さほど強敵ではないが、小型船相手よりは手こずる可能性も。
クエスト挑戦前にエンゼルを加入させおくのが無難か。

スメラの別荘

このクエストが受注可能な間は、他の拠点への移動や「うろつき」が出来ない。このクエストを起こす前に4人目の仲間を確保しておくと楽になる。
警備兵のイベントは『B.隠れる!』『B.すばやく岩場の蔭へ』『C.暗い場所でふせる』の順。ミスすると即座にゲームオーバーになってしまう。
また、制限時間付きの選択肢なので迅速に正解のものを選ぼう。

ボスは『腹ペコライオン』×3、一匹づつ集中砲火をかけて倒すこと。
どうしても勝てなければ爆弾連打。

王女救出作戦

最深部の青シンボル接触後に大きなハンデを抱えて戦うことになる。
自信がなければ、赤鍵持ちの敵だけ倒して速攻でゴールに向かおう。
ボス『海賊ザコ』×3、『海賊ザコ』×2&『海賊リーダー』
戦闘に自信がなければ大量に爆弾を持ち込んで終わらせるのが楽。

北海の死闘

やり直しすらも不可能なクエスト。
最後の赤マスで「夜まで逃げ回る」を選べば船のパーツが2つ壊れるが逃げ切れる。緩衝材を2個積んでおけば良い。
挑発に乗ってHMSピンシャーと戦うことも可能。相手は船の耐久度400で、倒すとクリア後報酬に帆+5が追加。
エンゼルイベントの装甲+90を持っていて、腕に自信があるなら挑むのもあり。
挑む場合はこのクエストを始める前にできる限り高品質の船パーツを積み、必ず船大工を用意すること。ニューホープで船首像も貰っておきたいところ。船首像レベルが高いのか、燃焼しにくく守りの堅い相手なので帆と大砲にも気を遣い、エプロンやガンナーピストルで武器をそろえたい。
撃沈ルート、持久戦ルートのどちらかで大きくシナリオが分岐するが、どちらも見ごたえのあるシナリオなので可能なら両方見ておくといい。

サブクエスト(繰り返し不可)

ニューホープへ

アンドウ仲間フラグに関わっているので、まず島の中央部にある祭壇を調べておくこと。
ウタノ回収は実は後回しでもOK。
人数制限2人、ハルカを強制出陣、途中ハルカがパーティから一時離脱となり実質強制主人公1人。
モア複数の組み合わせが出てくるので転倒ハメを食らわないように。

幽霊船を追え!

時間をかけすぎるとレンが復帰しなくなるため、発生したら最優先に。
事前に警告される通り船は速力を重視すること、ただし幽霊船(装甲400)と強制海戦なので大砲を下ろしたりしないこと。食糧庫を減らそう。
また、幽霊船に勝利した後に 必ず1ターン4マス以上のペースで進み 、かつ イベントポイントに止まらず ゴールまで向かうこと。消去カードがあると安心。
上陸後はボス『幽霊×2 レン』と対決、庇うを使ってくる幽霊を真っ先に倒すか、HPの低いレンに集中砲火をかけて先に沈めるかはプレイスタイル次第。
シズヤが取り憑かれた後は 「シズヤとは戦えない」が正解 。戦って勝利するとシズヤ消滅で連続イベントが終了する。

サブクエスト(繰り返し可能)

スコシニー諸島

幽霊船の古代遺跡

2回目の挑戦から15マス目の赤に止まるとエルガッスム海域に突入可能だが、航海術レベルが低いと脱出できずゲームオーバー。レン用にナビゲートハットは用意しておきたい。
また、海域に入ると幽霊船(装甲400)との海戦あり。初回は威圧感・帆+15という貴重パーツが手に入るが、海戦準備は万全に。

ツンドランド

メインクエスト

封鎖線突破

途中の対私掠船海戦は3パターンある。
クエスト「スメラの別荘」をクリアしているとスメラのアルバトロス号(装甲120)。
クエスト「スメラとのレース」をクリアしているとスメラのパンジャン号(装甲400)。
上記二つをどちらもクリアしていないとナツミ海尉のHMSガルーダ(装甲100)が出現。
パンジャン号戦は明らかに割に合わない苦労をさせられる上、HMSガルーダと戦闘すると停滞の珠と操舵室+5が固定で貰える。
上記の理由からHMSガルーダ狙いが一番良いクエストである。
ガリ到着後青シンボルの一つから1000ペラ貰えるので確実に貰っておこう。

ケブロンの監視所

サブクエスト(繰り返し不可)

皇帝の財宝

上陸直前にクラーケンとの戦闘あり。上陸後の敵シンボルは獣系(凶暴な白熊)のみ。敵のレベルは固定。
島中央の隘路に地雷があるが、道の端を通れば回避可能。一箇所だけある発掘ポイントを見つければ、クエストクリア。

氷の中を泳ぐ魚

マップ右上の「!」ではHP回復イベントあり。マップ右下の「!」でボス戦。財宝回収はお忘れなく。
敵は獣系(凶暴な白熊)のみ。レベル設定が低めで固定されている模様。ボスはごろつき×3。特筆すべき能力は勿論ナシ。

氷中の古代遺跡

運の悪い子供

イベントポイントは全部HPを削る罠、複数の携帯食糧必須。
海賊絡みのミッションだが海戦は赤マスを踏まない限り無いので陸戦特化メンバーで。
ボスの「デスサイズ」はなかなかの難敵。種族特効がなく、SP持ちなので「貫通」を用意しよう。

サブクエスト(繰り返し可能)

トカラフ島調査

報酬の前進カードは、後にレンのイベントで役立つので、手持ちに余裕があれば捨てずにとっておこう。

氷中の古代遺跡再び

宝箱は船パーツと野球人形パーツのみ

海賊の財宝

海上マップの赤通常マスは全て流氷(日数・食料を2ロスト)。カードを何枚か用意しておこう。

第一層は虫系シンボル(要塞ムカデ)。高SP・低HPの見本。しかし喰い千切りは「かばう」でHPダメージを防いでも痛い。
ここで煙幕を浪費する訳もいかないので、出来れば全員分の「貫通」武器を揃え、速攻で倒すのが吉。

第二層は氷の床とそこを徘徊するトカゲ系シンボル(恐竜)。「ためる」からの喰い千切りは一瞬で仲間が沈む。
SPなし・超HPで小細工が効かないので、「致命」効果の暗器が決まればいいな、と祈るしかない。煙幕を可能な限り持ち込もう。

第三層は人型(ジェノサイド)。異様にSPが固いので貫通狙い以外ありえないが、HPも一撃で倒せる程に低くはない。
またねらうからのFレーザーやドリルも非常に痛い。鍵を持っている色付きシンボル以外は、逃げた方が無難だろう。

クリアだけが目的なら電力-60%の状態がボスが一番弱くなる。アイテム狙いなら電力-70%だが一番強いボスと当たることになる。

いてつく洞窟

一番奥の赤マストドン以外に要注意の敵は無し。
赤マストドンの攻撃力はかなり高くSPもある。短期決戦に持ち込みたい。

ニューホープ

メインクエスト

海賊の地図

カプリ海域は基本的に海賊との海戦マップが多く、ルーレット次第では安全なマスが一つしかない、という状況に陥る事もある。
油断して陸戦要員だけでPTを組むと雑魚海賊との連戦に耐え切れずゲームオーバーになりうるので、
特に序盤に挑戦する時は、カンドリーとエンゼルを起用するのが無難だろう。
探索パートでは、敵が登場するダミーの発掘ポイントも多いので注意。

ソネのたくらみ

海上マップでは海戦マスは少なめ。むしろ探索マップでの虫系シンボルが手ごわい強敵の事も。
二枚目のマップは敵は全てチャイン(人系)。間違っても、PTをエンゼル・ヒヨリ・ユウキの対人×トリオで固めないように。

タイロン砲台

『海賊の地図』同様、海上マップは海戦マスだらけである。海戦対策は怠り無く。

海上マップで赤マスの船と遭遇するとソネのフリゲート艦HMSゴブリンと強制戦闘。逃走不可。
HMSゴブリンは装甲200と高い火力と序盤ではかなりの強敵であり、回避推奨。船が育っていない場合ゲームオーバー確定なので、カードを使ってでも避けること。
挑む場合はできるだけ高性能のパーツに修理スキル、可能なら料理スキルも欲しい。

陸戦ボスの砲台はTSが少ない場合強敵(というか詰みかねない)なので、レベルが低いのなら道中のザコは極力無視した方が良い。
クエスト最初で言われた通り、「かばう」を駆使する事。
雑魚については砲台を倒した後でもイベントが進むまではマップ移動できるので、余力があれば残党狩りに行く程度でよい。

なお、ゴブリンの状況で結末が変化する。
ゴブリン健在のほうが見応えのあるイベントが発生する。撃沈の場合はやや呆気ないハッピーエンドとなるが、大砲+8が入手できる。

スメラとのレース

移動中にアルバトロス号が来るが、海戦ではなく船上戦闘(スメラ・トード)。この二人に苦戦するようでは次(グントラム)は勝てない。
グントラム戦は負けてもイベントは進むが、勝った方が報酬がおいしい。

サブクエスト(繰り返し不可)

死神という名の海賊

上陸後、強制戦闘『リコの手下』×3。敵人型シンボルも全て『リコの手下』。SP持ちなので、貫通付きの装備を用意したい所。
ボス『リコの手下』×2&『リコ』
溜める→アキカン(全体攻撃)を連発してくるので装備が整っていないとかなりきつい。
護衛を持つハルカを育ててうまく「かばう」を使おう。
なお、時限クエストではないので放置しておいて、十分に育ってから挑むというのもあり。というより早期に起こすとまず勝てない。
尤も、アキカンの使用回数は運にも左右されるので、それなりに準備を整えておけばLV10を少し超えた位(タイロン砲台クリア後あたり)でも勝てる。
宝箱も多いクエストなので、対人×トリオを外して爆弾を何個か投入する覚悟で挑もう。

海賊の覇

MAPは二層構造。そこかしこにある「!」マークは、移動不可の障害物とそれを除去するスイッチとに分かれる。
1MAP目(外側)は右→左上→右の順番でスイッチを押すと通れる。
1MAP目(内側)は3つ並ぶ部分の上から2番目→一番上の順番で押す。
2MAP目は障害物が一箇所だけだが、上にあるスイッチを3回押すと反応するようになり、その後で下のスイッチを押せば除去可能。

敵は人型(リーダーゴースト×2~3)のみ。通常攻撃のみの敵だが、「再生」持ちなので集中攻撃で一人ずつ倒そう。
ボスは「海賊の王」と「リーダーゴースト×2」。部下を強化して力押ししてくるだけなので、特別な対策は立てようがない。対人特効を揃えれば吉。

リコからの挑戦状

全クエストの中でもとりわけ高難易度。 リコとの戦いでは、主人公一人で戦うので事前準備必須の上、気絶付きのアキカンがあるので常に運が付きまとう。正当法では無理ゲーに近いので、このクエストの仕組みをとことん理解しよう。

海上でデイトネート号(HP350)と2回の海戦、2回目の直後に強制船上戦闘『リコの手下』×3。
上陸直後に『リコの手下』×3と2連続戦闘後、主人公VSリコの一騎討ち。
海戦用→陸戦用の装備変更はあらかじめ海上で行うこと。

リコ戦(HP・SP共に800前後)は一騎打ちの性格上、戦闘中プレイヤーが関与できる余地は乏しく、とにかく事前準備が全て。これがとてつもなく厄介で、このクエストの難易度を底上げしている。

通常攻撃はそう大したことはないのだが、定期的に使ってくる「ためる」後はダメージが約三倍に上がる。
アキカンの気絶効果は煩わしいが、発生確率はそう高くはない。よって、気絶耐性にこだわるよりは、SP量・回復力(100は欲しい)重視で防具を選ぼう。
強力な対人○武器が欲しいが、なければ威力の高いライフルも悪くない。「転倒」や「吸収」も有効。爆弾を投げまくるのも何気に悪くない。
敗北してもクエストはクリアできるが、リコのプロフィール登録不可、『最高の食材を目指して』発生フラグ消失、報酬の減少とデメリットが多い。勝とう。

ゴールドラッシュ!

アンドウを加入させる場合は必ず1手で突破すること。2手以上かかるとアンドウが干物になっている。

魔の岩礁

繰り返し不可能なクエスト、発生フラグ(地図購入)に30000ペラ必須。距離は30。
海上マップは驚く程に赤通常マスが多い。そこに止まると食料と日数を2ずつ無駄にするので、カードを使ってでも避けよう。
探索マップはワナが多数。罠回避は必須である。
敵シンボルは人型(さまよう者)か虫型(人喰いゴキブリ・毒虫の群れ・大毒グモ・要塞ムカデ)。相性にくれぐれも気をつけよう。
ダメージイベント回避の為にハルカを連れて行きたいが、対虫×なので虫戦ではほぼお荷物となるのは注意。因みにアンドウでも回避可能。
3MAP目右上にある3つ並んだ宝箱のうち、右上の宝箱を調べると岩礁のヌシと強制戦闘。この宝箱を調べるのは最後に回すこと。

天獄チョウを捕まえろ

イベントポイントが二択になる箇所が4箇所あるが、発生順に「 下→左→上→下 」のイベントポイントに触れれば追い込める。

魔海域の古代遺跡(1)

繰り返し不可能なクエスト、同名クエストが発生するため識別記号付与。こちらが先に発生するほう。
強制イベントは「時間をかけて安全に進む」のが安全であるが、時間と食糧も大量に消費する。
25-35マス目の島のどれかが当たりだが、事前にわからないので片っ端から見ること。○進むカードがあると狙いやすい。
また、島に行くたび食糧も消費するので食糧は多めに。

イベント後シズヤが石版を欲しがるが、ここは渡さないほうが良い。陸戦より海戦のほうが楽だが、陸戦のほうが少しだけ賞品が豪華になる(海戦:ノビ○ 陸戦:ノビ○+装備+金+銀)。

神の軍団

事前の触れ込み通りかなりの距離を航海することになるが、カリムーの島に到達した船なら心配は無い。
島に一度到達してしまうと引き返せないので、リタイアを考えるのは道中でマイナスイベントを引いた時でいいだろう。
狭いマップに敵がひしめいているものの、強制戦闘イベントがないためボスだけ倒してさっさと帰ってもいい。
ボスは鳥系なので、苦手なキャラを連れて行かないように注意。
なお、チャインの神話の鳥なのにカズーイを連れて行っても特にイベントは無いため、鳥が苦手な彼女を無理に連れて行く必要は無い。

サブクエスト(繰り返し可能)

カプリの海賊

大砲+5が貰えるので序盤の火力強化に丁度良いクエストである。

魔海域の古代遺跡(2)

またしても25-35マス目の島の中から当たりを探し出さなければならない。
挑む場合は食糧を大目に備えて、○進む系カードも揃えていきたい。
強化の珠が入手しやすい。

岩礁のアジト

ハルカかアンドウがいないと岩礁のヌシ出現前に強制ダメージ。
アンドウがいないと次のクエスト『海賊の財宝』が発生しなくなるので、海賊ブルーの地図を見つけるまでは必ずアンドウを同行させること。

ひしゃげた扉の前にヌシが出てくれるかどうかはリアルラックなので出るまでひたすら通いつめる。数十回は覚悟。逆に3回程で出ることもある。
扉の中に入ってからヌシより数段強いボス『人魂×2 ブルーゴースト』と対決、全員再生持ちなので火力を強化しておくこと。
まずは人魂を集中砲火で潰してからブルーゴーストを潰す。庇うを連発されるため人魂が残っているとジリ貧。
爆弾を大量に持ち込み「かばう」を使ってきたタイミングに一斉攻撃をすると最大で実質12回(4人×3体)のダメージを与えられるため非常に有効。サイトオブデス持ちのエドワードがいれば(毎ターン高火力が維持できるため)大分楽に戦える。
ブルーゴーストが溜めてきたら超火力の4連続攻撃(連ね斬り)が飛んでくるので溜めるが出たら一番SPの高いキャラで庇っておくこと。ブルーゴーストは手数が多めなのでハルカの早撃ちを強化し、挑発防具を着けておけば火力の強化になる。この際高回復装備を着けた仲間にほぼ毎ターン回復させること。連ね斬りは出来るだけ護衛持ちのハルカに受けさせないと容赦なく味方が落とされる上に(連れている仲間にもよるが)ウイドウメーカー持ちのハルカであればアタッカーも兼ねることがあるので落ちてしまうと再生によってTS減っただけでまたやり直しということになりかねない。

近海の無人島

ハルカを連れて島中央の祭壇の後ろを掘ると、クエスト『海賊の財宝』で必要な鍵になるネックレスが掘り出される。
ただし1回の訪問で1回しかイベントが進まないので、ハルカと3回訪れること。
4マスでつける上敵がそこまで強くない(かばう役に転倒耐性をつけるといい)。
また定位置に宝箱が4つとイベントマーク4つからもアイテムが出る可能性がある。
ただしニューホープクエストである関係上出てくる装備アイテムの種類が限られる。
武器は得意キャラが一人しかいない槍と散弾銃、狙撃銃がでてあまりうれしくないが幸い使用者の多い拳銃も出る。
防具はレザーコート、マインベルト、ドクター系はありがたくないがアカデミーハットが出る。
基本的に経験値を稼ぐ場所として使いながら上質なアカデミーハットを集めておくといいだろう。

ウンガルフ

メインクエスト

カーケル王子の依頼

島を反時計回りに回っていくとイベントポイントがあり、そこでかみつきザルと強制戦闘。また、マップを徘徊する人型シンボルも全て同じサルである。
かみつきザルは通常攻撃に「熱狂」の付加効果がある為、「かばう」状態が崩されやすい。また何気にSP持ちなので、爆弾4~6個で強引に倒すのも手。
とはいえ島内の発掘ポイントを網羅するとなると、雑魚敵の殲滅も考えなければならず、爆弾連投で押し切るには流石に数が多すぎる。
対人○武器やSPの高い防具、「貫通」付きの武器などを用意しておくのが無難だろう。

アッシー王子の依頼

敵は獣型シンボルばかりで、中身は怒りのカバ。ボスも獣型のマストドンである。対獣○にこだわる事もないが、対獣×のミーナは少々厳しいか。
マストドンがいるイベントポイントが見えないように仕込まれている。右上のほうの木の裏が当たり。
マストドンと遭遇後、煙幕で逃げるとマストドンのキバが落ちていて、拾うとクリアになるためノーダメージクリアも可能。
基本的にそこまで苦労する敵ではないが、こちらのLV次第では、雑魚のカバやボスのマストドンが二匹編成で出ることも。この時だけは、技や爆弾も駆使しないと厳しい。

モリモリ王子の依頼

海上ではカーケル率いるアキーク号(装甲200)、陸上では戦象と強制戦闘。しかも航路もそこそこ長め、というなかなかに厳しいクエスト。
ボス戦に備えて陸戦主体のパーティにしたい所だが、アキーク号は砲術・船修理要員ナシで勝てるほどに甘い相手でもない。
上陸後は人型の敵が多く徘徊しているが、特に宝や発掘ポイントもない為、無用の戦闘は避けたい所。
スタート地点から右上に向かえばすぐにイベントポイントがあるが、途中に複数の地雷が密集している箇所がある。携帯食料で突破してもいいが、ワナ知識を用意しておこう。
戦象は一撃で200強のダメージを与えてくる強敵であり、全体攻撃や転倒付加なども厄介。HPも高い為、強力な固有技や対獣○装備は必須である。
どうしても苦戦するようなら、コックでかつ対獣○を持つジュンをクインシティまで迎えにいくのも手か。

カメダ海族団

海戦でデスポート号(装甲500)と強制対決。ただし有利なポジショニングから始まるので、デスポート号を最初の位置から逃がさないこと。逃がして正面から殴りあうと不利になる。

上陸マップには徘徊する敵シンボルはなく、発掘ポイントも少しあるだけ。
青シンボルで敵が出てくるが、このシンボルの敵は逃げられる。しかも逃げてもシンボルが消えるので実質戦闘回避である。煙幕があるとTS節約になる。
その後の選択肢は貰えるアイテムと敵が変わるが、一番楽なのは「不意打ちする」か「名乗りでる」のどちらか。盗もうとするとスメラと鉢合わせして、スメラ・トードと戦う羽目になり無駄に消耗する。
スメラ戦があった場合チャンス○・逃げ球・抱え大砲、不意打ちした場合初球○・テンポ○、名乗り出た場合野手人気者が貰える。選択肢をどれにするかは何が欲しいかとTS・HPの具合と相談。

ボスは『グントラム』。このあたりから装備品の効果、種族相性を無視したゴリ押しが利かなくなってくる。
幸い、大抵の連続サブイベントがウンガルフを経由するので、勝てる見込みがないor一度全滅したという場合はサブイベントを進めつつ装備及び仲間を準備していこう。
なお、彼には「ディスアーム」の攻撃力低下が有効。面白いように被ダメージが減るので、あれば狙ってみるのも手。

サブクエスト(繰り返し不可)

ウンザルを探せ

のろいの寺院

地下に入って、右下のMAPに出入りするとMAP構造がまるごと変化するという変わったMAPになっている。

黒い瞳の果実

期間限定なので発生したら最優先。
敵シンボルはトカゲ系(ラプター・ワニ)、虫系(人喰いゴキブリ・毒虫の群れ)。敵のレベルは固定(こちらが40でも取得経験値激減)。
マップ上の九本の大きな木のそれぞれ足元に「!」マーク。会話のみか、戦闘(怒りのカバ×2。勝利後は毎回アイテム取得)
九箇所全てを調べると、入口付近に「!」発生。調べるとボス戦「ビードラゴン×2」。虫系で、対虫×のジュンが足手まといになり易いので対策を
「ためる」からの「毒針」二連撃は驚異。SPを一撃目(ダメは300強)ではがされ、二撃目でHPを全て持っていかれる危険性が大きい。しかもそれが二体である
できれば対虫○と「貫通」を両立させ、可能な限り迅速に勝負をきめよう。

アジトをぶっ飛ばせ

期間限定なので発生したら最優先。
ジュンを連れて行くとリコとの特殊会話イベントが発生する。

寺院に眠る宝典

敵シンボルは全てトカゲ型のラプター。突進による転倒も面倒だが、貫通付きの喰いちぎりは驚異的。
道中長いが、消耗は最小限に抑えること。ボスが異様に強いためザコに構っているとTS不足に陥る可能性がある。
毒の沼地エリアではHPダメージに加えてこちらの移動スピード減少が厄介で、敵シンボルとの接触は必至。
一旦逃げてもすぐに追いつかれる。煙幕を大量に持ち込みとことん無視を決め込むか、竜特攻で素早く沈めてしまうかの対応を忘れずに。

進行方向としては、マップ右上から行ける奥のフロアで赤色の鍵が入手でき、
そして右下の方に向かっていき、更に奥のフロアで扉を開けてボス戦、が最短ルートか。
このルートならば比較的、毒の沼を歩く距離も減る。
マップ左下の発掘ポイントを全て入手したいならば、相当入念な準備を怠り無く。

ボスは「永遠なる者」と「幽霊×2」。幽霊は再生持ちで、永遠なる者も回復技の「瞑想」を使うため、火力重視。
永遠なる者の攻撃は恐怖・麻痺・熱狂の3つを引き起こす可能性があり、耐性をとても用意できない。
対策すべき状態異常の優先順位は恐怖>麻痺>熱狂。熱狂は命令こそできなくなるが、攻撃はしてくれるのでこちらの火力が下がることはない。ただし熱狂または麻痺になると後列に下がっての回復ができなくなり、呪言に対応できなくなる恐れがあるので全員が前列にいる状態は避けること。
幽霊は例によって庇うを連打してくるため、まずは幽霊から倒すこと。
永遠なる者のHPがある程度減ると「必中+致命(=強制HP1・SP0)」という超攻撃を放ってくるため、途中からは前衛の数を絞って戦うこと。ただし高防御の仲間が万全の状態でかばっている状態なら全員前列でも致命打は受けなくて済むことも多い。(転倒はほぼする)
おそらくHPが半分以下になってからが危険、前触れはないのでいつでも対応できる状態にしておくとよい。

嵐の古代遺跡

このクエストが終わるとレンがパーティから離脱するため、レンが主力である人は注意。
レンが取り憑かれた後の選択肢で 「戦って止める」 を選ぶと戦闘(負けてもクリア)となり、勝つと食料庫+9負けると食料庫+3。 「ここは見逃す」 を選ぶと食料庫+5。
かなり厳しい戦いなので倒したいなら(装備次第ではあるが)最低でも平均45レベルほどは欲しい。人○であれば有利に進めやすい。

生ける伝説

道中非常に長く、TSが足りなくなる可能性大。鍵を持っていないザコ戦は煙幕などで回避し続けよう。
鍵入手のため強制戦闘が4回あるが、うち数回はかみつきザルなので、爆弾で消耗を抑えること。
ボスのトシオーはマヒ耐性や気絶耐性、もしくは強靭が欲しい。
雑魚まで含めて全ての敵がトカゲ系なのでトカゲ○があると楽になる。

サブクエスト(駆り返し可能)

ロストアイランド

「悪球打ち」「ベアハンドキャッチ」が手に入りやすい。

嵐の古代遺跡再び

拾えるのは武具メイン。

デジーマ

メインクエスト

大陸の海賊

距離は僅かに20。到着後は人型シンボル(大陸海賊・海賊大男)だらけの洞窟マップを探索する。罠有り。
ボスはサムライ×3とやはり人型。一撃一撃が重いのだけは注意。この時点で唯一の対人○エドワードを鍛えておくと吉。

ニンゲツの野望

くじら丸(装甲200)と強制海戦だが、ここまで辿り着いた艦ならまず負けは無い。陸戦パーティで。

密輸団をつぶせ!

距離は30だが、海戦はない。ハイバラ加入フラグがこのクエストにあるため要注意。詳細は仲間ページ参照。
シンボルの内訳は人型(サムライ・大陸海賊)、獣型(人喰い虎)、トカゲ型(恐竜)と強敵ぞろい。
宝箱が多くあるので出来れば全て回収したいが、敵の数も尋常ではない。場所によっては煙幕も駆使すべきか。
選択次第ではホンフーと戦えるが、ハイバラが加入しない時点で論外。ただ異様に強いので、腕試しのお遊びならどうぞ。

カリムーの宝

船パーツ・装備共に最高の装備をして行こう。船の食糧庫は限界まで削って、船の強化に充てること。
道中の対スメラ戦は陸戦をお勧めする。海戦でも構わないが、海上であれば戦闘終了後に中断セーブ→再開でTSが全回復するため陸戦の方が楽。この場合はHPを削られないように注意。
中断を使わない場合、ガンダー戦まで終わった段階で大量にTSを余らせることができる(平均LV75程度)ようになるまでは海戦のほうが良い。

スメラが島で捕まった時に 『武器を捨てる』を選ぶと問答無用でゲームオーバー である。
さらに強制海戦デスポート号(装甲500)→グントラム一騎討ち→ガンダーロボと必須戦闘が多い。
デスポート号はとにかく有利なポジショニングをして砲撃を浴びせ続けるしかない。こちらが燃えないように船首像必須、デジーマの野球人形納品で貰える+9を確実に装備すること。

グントラム戦は一騎討ちであるため、主人公の防具は回復量が多いものが欲しい。
さらに熱狂攻撃も使ってくるため、熱狂耐性もあるとさらに良い。
なお、2周目以降はこれに加えて貫通属性まで持ってくる。1発で倒すなら貫通耐性をつけるか、貫通されても削り殺されないだけの強さ=主人公Lv.99が必要。
復活後のグントラムは貫通属性が失われているが、倒しても超特殊能力は手に入らない。

ガンダー戦は小細工なしの力勝負で挑んでくる。耐性は必要ない。庇うとはげますを駆使して正面から殴り合う。
またグントラム戦・ガンダー戦は1度だけ全滅しても復活できる。(グントラム戦の場合選択肢でAを選ぶ)回復量は3/4程度。

最後の選択肢はアルバムが欲しいならA。ただし必須クエスト(「運の悪い子供」「ホンフーの逆襲!」)をクリアしていないと出ない。

サブクエスト(繰り返し不可)

失われし古代文明

石版のスイッチは「 氷・魔物・嵐 」か「 月・太陽・渦 」が正解の組み合わせ。
シズヤ戦は恐怖+転倒の全体攻撃を使ってくるため、どちらかの耐性は欲しい。
状態異常さえ防げば後はどうにかなる。

最高の食材を目指して

道中全クエスト中でもトップクラスに長いのでザコはできるだけ回避。
一番奥に辿り着くにはスタート地点から『 左・上・右・右・右・上・上・上・左・左・上 』と行けば良い。
部屋の無い間違った道を選ぶとその場でループするようになっている。

宝箱のある部屋は9つ確認。その他埋まっている宝箱は36個。したがって合計45個も宝箱があるため(ただし9つ目の宝箱の部屋に入るとバグで出られなくなるため実質的には44個)、出発前に持ち物を整理しておく必要がある。部屋はスタート地点とゴールを含め、全部で29部屋あり、(スタート地点とゴールを除いた)宝箱のある部屋以外には全て2ずつ宝箱が埋まっている。また、宝箱のない部屋には全てモンスターがいるので宝箱を掘り出す際には遭遇しないように注意。
一つ目はスタート地点から『 右・上・左 』。
二つ目はスタート地点から『 右・下・左 』。
三つ目はスタート地点から『 左・下・右 』。
四つ目はスタート地点から『 左・上・上・右 』。四つ目の部屋のみ帰り道が特殊で、 スタート地点から左・上・上の部屋(宝部屋の手前)から下に移動すると、スタート地点から左の部屋に出る(部屋を1個飛ばす)
五つ目はスタート地点から『 左・上・右・右・上 』。
六つ目はスタート地点から『 左・上・右・右・右・上・左 』。
七つ目はスタート地点から『 左・上・右・右・右・上・上・上・左・下 』。
八つ目はスタート地点から『 左・上・右・右・右・上・上・上・左・左・左・上 』。
九つ目はスタート地点から『 左・上・右・右・右・上・上・上・左・左・左・下 』。ただし 九つ目に入るとバグで出られなくなる
また、『 左・上・右・右・右・上・上・上・左・左・左・右 』でも宝箱がある風のマップに出て、 同じくバグで出られなくなる

バグを回避して宝箱を全部回収するルートは『 右・上・左(宝箱1)・右・下・下・左(宝箱2)・右・上・左(スタート地点)・左・下・右(宝箱3)・左・上・上・上・右(宝箱4)・左・下・上・右・右・上(宝箱5)・下・右・上・左(宝箱6)・右・上・上・左・下(宝箱7)・上・左・左・上(宝箱8)・下・左(宝箱5の真下の部屋に戻される、遠回りにはなるがバグで右の道に引き返せないため)・右・上・上・上・左・左・左・上(ゴール) 』。
見ての通り全部回収するととてつもなく長いルートになる。雑魚を相手にしていたら絶対にTSが足りなくなる。

ホンフーの逆襲!

海戦で74門型戦列艦「王虎」(装甲800)と強制海戦、最高の装備をした艦で挑むこと。
デスポート号を撃沈できる装備(装甲350程度、大砲50程度、帆30程度)でもいけるが、安定して勝ちたいなら二周目クエストや野球人形納品の報酬を駆使してこれ以上を目指すこと。
王虎を撃沈した後リタイヤして一度デジーマに引き返しても王虎は復活しないため、時間はかかるがどうしても勝てなければレン・エンゼル・カンドリーなど海戦に特化したパーティで挑むのも良い。
ハイバラを連れて行くとボスが弱くなる+ハイバラアルバムフラグのため、普段使っていなくてもハイバラの同行をお勧めする。
なお、ホンフーのいる場所の左下に進んでいくとマダラがいる場所がある。
宝箱が多く、マダラプロフィール条件にもなっているのでしっかりマダラを倒しておこう。なお、ウズキを連れて行くと戦闘回避になるので、陸戦に自信がなければウズキの同行をお勧め。
マダラ前に出現する「ものども」は超が付くほど弱いので技を使わないように。通常攻撃一発で死ぬ。

◆最高の戦艦を目指して
ここでは、各種最高級戦闘用船パーツの(ランダムを除く)入手方法を記載する。一部クリア後限定、もしくはクリア前入手困難なものもある。
食糧庫+15:クエスト「残されし古代文明」特定報酬(下記参照)
帆+10:クエスト「幽霊船を追え!」でレンをコンティニューなしで倒す、シズヤからの野球人形依頼「闘気を持った野手」
帆+15:クエスト「幽霊船の古代遺跡」海上で魔海域に挑戦し帰還
大砲+10:クエスト「のろいの寺院」クリア報酬
大砲+15:クエスト「カリムーの宝」初回クリア報酬
大砲+20:クエスト「神の軍団」クリア報酬
装甲+100:クエスト「のろいの寺院」クリア報酬、ウンガルフ野球人形依頼(カビンダ太守)「ミート14以上・パワー140以上・弾道4」
装甲+150:クエスト「いざ、世界一周!」初回クリア報酬
装甲+200:クエスト「生きた伝説」クリア報酬
調理室+9:クエスト「黒い瞳の果実」クリア報酬
操舵室+9:クエスト「いてつく洞窟」初回クリア報酬
船首像+9:デジーマ野球人形依頼「球速150以上・スタミナ150以上・コントロール180以上」

サブクエスト(繰り返し可能)

鬼ノ島

ボス撃破報酬の基本は大砲+6だが、目利きを用意していくと+10以上の大砲を入手することが多い。
終盤の艦火力強化に使えるクエストである。

獄炎島

初回クリア時は医務室+9,二回目からは5000ペラが貰える。

残されし古代文明

石版のスイッチの組み合わせ次第で出現アイテムが変わるが、詳細は要検証。
食糧庫+15を出すための石版の欠片が出る組み合わせは 「氷・渦・月」「氷・魔物・月」「氷・嵐・渦」 の3つ。出す順番はどれでもいい。

現在確認された組み合わせは以下の通り。触れる順番は表の通りでなくとも良い。 求検証
石版1 石版2 石版3 中身
太陽 特殊能力
太陽 野手の足
太陽 魔物 野手の腕
太陽 投手の胴
野手の足
魔物 武器
石版の欠片
魔物 野手の頭
投手の腕
魔物 石版の欠片
太陽 野手の胴
太陽 魔物 野手の腕
太陽 投手の腕
太陽 魔物 投手の足
太陽 強化の石
太陽 魔物 防具
魔物 投手の足
石版の欠片
魔物 船装備
魔物 投手の頭