※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではスレ内で起きた市民による蜂起の詳細をまとめてあります。
尚、内容はマスコミ各社とで内容の食い違いがあるが、記録映像(ログ)をそのまま描写してある。

一覧

インディアナポリス市民武装蜂起

度重なる同盟軍側(旧双葉連合軍・ブルーコスモス・アクシズ)による民間人への殺戮行為に耐えかねて行われた市民による武装蜂起。レジスタンス運動。
老人から幼い少女までが死を覚悟し武器を持って武装蜂起に参加した。火器や重機など準備が良く整っていたのでかなり前の段階から計画されていたと思われる。
しかし予想以上の同盟軍側の攻撃、また市民の武装蜂起に刺激されたのか市民虐殺行為がエスカレートした。また市民への殺戮行為だけでなく略奪行為や婦女暴行事件も行われていた。
この事件は新双葉連合の各部隊が結集し鎮圧した。
同盟軍側がこの件についてメディアに圧力を掛け情報操作を行おうとしていたが失敗したようである。
その為か翌日には新双葉側全域にこの情報がメディアを通じ報道されている。
この市民虐殺作戦の主軍は旧双葉軍とブルーコスモスの両軍でありアクシズは直接加担しておらず一部の部隊が作戦の反対を主張していたが却下された。
しかしそれでもアクシズはこの作戦の支援活動を行っていたようではあるが自ら進んでの参加はしていないようである。
尚、住民による同盟軍(軍隊相手)へ抵抗活動を試みたのはこの事件が初であり、下記の通りの死傷者を出す前代未聞の大惨事になった。

【顛末】
死傷者約2,638人(FNN)
市民の九割が犠牲(双葉毎日)
インディアナポリス危険度ランクSS(FM双葉)
学校の催しの中止及び延期(一般市民)

(注:武装蜂起の報道を行ったのは新双葉側のみ)

シアトル市民暴動

事の発端は帝国軍がシアトルを水没させた事に始まる。水没により都市機能が麻痺し住民が住む事が出来なくなってしまった。
一向に改善される気配の無い都市機能と市民生活に絶えかね、一部のシアトル住民が騒ぎを起こしデモ活動を展開。暫くしてデモが暴動へと発展。この騒ぎに気づいた帝国軍が暴動を鎮圧する。
一旦騒ぎは収まり、住民は難民キャンプに押し込められるのだが、怒りの収まらない一部住民は再び暴れ始める。
これを見ていたフタバビロニアの部隊がシアトル難民キャンプへ突入し、自動小銃などの武器を持ち込み再びシアトル住民に暴動を起こさせようと目論んでいたが上手くはいかなかった。
この事で再び市街地で両軍による戦闘が始まる。戦闘は膠着状態が続いたが帝国軍が戦闘、暴動を治める形になる。
この事件により幾つかの住民による抵抗組織(レジスタンス)が組織されている。
帝国軍が再び暴動の鎮圧にあたるのだが、どうやら住民を襲撃していたらしく、たまたま難民支援目的で巡回していた双葉連合軍によって事態が明らかとなり戦闘になる。
戦闘は膠着状態というより、もはや泥沼と化していた。またこの両軍の戦闘に紛れ、一部住民レジスタンスがシアトルから双葉連合領への突破を試みている。
この戦闘も帝国軍が一応は沈静化させているが、シアトルは帝国軍により要塞化され、住民は皆地方へと逃れていった。
また、この事件に対する新双葉連合の対応のあり方が問題とされ、一部住民の間では新双葉連合への不信感が広まっている。
尚、この暴動事件による正確な死傷者数は不明。