※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レプリロイド部隊


司令官

ドクター・バイル



戦闘指揮官

シグマ



構成員


正規部隊


ペガソルタ・エクレール
テック・クラーケン
ヴォルティール・ビブリーオ
ヘルバット・シルト
トレテスタ・ケルベリアン
デスタンツ・マンティスク
キュービット・フォクスター
プープラ・コカペトリ
ハヌマシーン
ノービル・マンドラゴ
アヌビステップ・ネクロマンセスV世
ヘラクリウス・アンカトゥス
クワガスト・アンカトゥス
パンター・フラクロス
マハ・ガネシャリフ
チルドレ・イナラビッタ
ミノ・マグナクス(死亡)

フォルスロイド


レグアンカー・ザ・ゲルロイド
ルアール・ジ・アビスロイド
ハイボルト・ザ・ラプタロイド
ハリケンヌ・ザ・ウルバロイド
フィストレオ・ザ・プレデトロイド
フランマール・ザ・モルロイド
プロテクタス・ザ・ゴアロイド

一般兵


パンテオン
バリアント
ガレオン
T-シリーズ
ゴーレム

【部隊構成】

【正規部隊】

レプリロイド部隊のメンバーの多くは元々は分裂前の双葉連合のレプリロイドで構成された特殊部隊の出身である(テック・クラーケン、ハヌマシーン等)。
双葉連合の分裂は彼らの居場所を奪う結果になり、各メンバーはそれぞれ地球圏各地で散り散りとなっていった。
テック・クラーケンが新双葉を恨む理由の1つがこれである。
それを再結成させたのがドクター・バイルである。
既存の旧レプリロイド部隊のメンバーだけではなく、自治コロニー理事であった八審官(ブレイジン・フリザード、チルドレ・イナラビッタ、ヘルバット・シルト、デスタンツ・マンティスク、グラチャー・レ・カクタンク、ヴォルティール・ビブリーオ、キュービット・フォクスター、トレテスタ・ケルベリアン)や新たなに志願したメンバー(プープラ・コカペトリ、ペガソルタ・エクレール等)やバイルによって改造を施されたレプリロイドを加えてかつての双葉連合のレプリロイド部隊を遥かに超える戦力として復活を遂げた。
そして、15年前の戦争で最強とうたわれたシグマを戦闘指揮官に向かえ現在に至る。

現レプリロイド部隊は陸、海、空の各部隊、そして諜報部隊の4つに分かれている。
陸軍をトレテスタ・ケルベリアン、空軍をペガソルタ・エクレール、海軍をテック・クラーケン、諜報軍をキュービット・フォクスターがそれぞれ指揮を取っている。
かつての双葉連合の旧レプリロイド部隊も賢将ハルピュイア、闘将ファーブニル、妖将レヴィアタン、隠将ファントムがそれぞれ部隊を率いてきたのと同じほぼ同じ構成である。

【フォルスロイド】

中東戦線で始めて姿を見せたのが新型のレプリロイドであるフォルスロイドである。
フォルスロイドは地球外勢力である帝国のドロイド技術がふんだんに盛り込まれたレプリロイドであるが、最大の特徴は擬似ロックマンと呼ばれることである。
ロックマンとは旧時代に開発されたレプリロイド以前の旧世代自立型ロボットであるが、フォルスロイドはこの失われたロックマンの技術が使用されているらしいという。
また、従来のレプリロイドの持つ属性園も疎をさらに効率良く上げるべく、このロックマンの能力が一部参考になっているという。
ルアールやレグアンカーやプロテクタスのように一部が大型になっているのも特徴である。