寺岡ワールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 シナリオライター寺岡健治の手がけた作品の世界観。

・わーきんぐDAYSやがくパラを始めとした『桜庭学園周辺の世界』
・夏神楽や鬼神楽のような妖怪が蠢く『伝奇世界』
・ひとがたルイン、あおぞらマジカといった徐々に魔法の消えゆく『近世ファンタジー世界』

 大きく分けるとこの三つになり、TWINWAY(建築家の河地さんは桜庭学園関係者、
ヒロインの一人が流離いの転校生としてとらぶるDAYSに登場している様子)やてんあく
(ルインの主人公クーノの両親と関係)も絡んでいる様子。
 他の作品と密接と言うほどではないが、大抵どこかで繋がっているのが特徴。
 人間関係が入り乱れまくり、相関図を作るのはおそらく不可能と思われる。
 さらにいえば、本人が手掛けていない世界観とも時々繋がっていたりする。
例を挙げるとマジカのヒロインであるティリナが、
IZUMO2学園狂想曲の逢須芹が使用した雷閃を駆使したり
(正確に言えば、学園狂想曲は寺岡氏が手がけたので関係がないという訳ではない)、
とらぶるDAYSにおいてエーベンブルグの存在が示唆されていたり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。