※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラえもんとドラミちゃん

芋串さん


「う~ん、悪戯のネタも、底をついて来たなぁ…」
 蒼井 頭次は、目の前のポケットを弄びながら、呟いた。例の四次元ポケットを拾って、既に二週間
が経つ。ポケットを探ればどんな物でも簡単に出てくるポケット、可能性は無限にあっても、それを使
う人間のアイディアによって、その用途は如何様にも変わり得る。
 蒼井の場合は、専ら『他人を弄んで、楽しむ』と言った、小学生的な、悪戯敵好奇心によってのび太
的行動を繰り返していた。学校の担任の秘密を全校に暴露したり、 『アベコンベ』『物質変換銃』
の物の形や性質を変える道具で、あちこちの人間を罠に嵌めては、その反応を見て腹を抱えて笑い
転げていたのだ。

「なあ、どうすればもっと楽しい事になると思うか、『どらみ』?」
 彼は向かいに座った、十五歳くらいの少女を見た。
髪は肩くらいで切り落とした金髪で、大きな赤いリボンを纏っている。
『どらみ』は、笑顔でこう答えた。
「それじゃ…お兄ちゃん、もっと面白い遊び、しない?」
「面白い~? 大体、元が猫のお前にとって、面白いといったらネコジャラシとか、ボールとか」
「そんなんじゃ無いわよ、もう! 私が提案したいのは、」
 『どらみ』は、徐に蒼井の手からポケットを奪い、中から 『万能プリンター』 を取り出した。
「アルバム作成ッ♪」
「アルバム~?」
 蒼井は、軽く眉をしかめた。 万能プリンター とは、元の画像をあらゆる形に変換して印刷できる、便
利な品物である。大方、目の前のお気楽少女は、ブラブラと旅行にでも行きたい、などと言うつもりな
のであろう、と考えたからである。
「そっ。他人の恥ずかしい写真を撮って、それを保存するの」
 ブッ! 蒼井は、思わず口に含んだコーヒーを軽く吹きだした。…まったく、何を言っているんだこの
少女は。いや、元々自分に懐いていた子猫を 『進化退化放射線源』『コジツケール』 で人間らしくした
もんだから、乙女心に欠けるのは否めないが…。

「あーあ、汚いなあ、もう。そりゃあね、私だって一応、年頃の女の子だから、こんな事したがるのはど
うかって思われるかも知れないけど。でもさ、お兄ちゃんが私をこんな姿にしてから、昔からの趣味
だった『覗き&ヲチ』が出来なくて、欲求不満なのよ。…ほら、私元が野良だから」
「だからってなあ、流石に俺にそんな勇気は…」
 暫く膨れっ面をしていたどらみが、何かを思いついたように、手をポンと叩いた。
「…じゃあさ、このアルバムの一冊目が埋まったら…あたしの、バージン、あげる」
 ガゴッ! 蒼井が、激しく机で頭を打ちつける。…お陰で、折角吹いたコーヒーが、自分に向かって倒れてきた。
「…あちーっ! どっ、どこで覚えたんだよ、そんな言葉!」
「えへへ~。そんな事はどうでも良いから、さ」
「いや、良くなっ」

 次の瞬間、蒼井の唇に、何かが触れた。…柔らかく、それでいて張りのある、心地よい感触。顔全体が紅潮し、息が詰まるような感覚。
「ど、どらみ…?」
 ようやく蒼井が状況を飲み込んだ次の瞬間、どらみは身軽にテーブルの上にひざまづき、蒼井の
肩に手を回すと、再びその唇を奪った。…程なく、どらみの舌が口内に攻め込んで来たが、それに反
撃する術も無く、あっという間に蒼井の思考を痺れさせられてしまった。どらみの舌は、尚も丹念に蒼
井の口内の性感帯を這いずり回り、それは、蒼井が窒息する寸前、まさに三途の川が見えかける瞬
間まで続いた。

「…んっ。どう、乗ってくれる気になった?」
「はい…」
 どらみは、よだれでベトベトになった蒼井の口をハンカチで拭いながら、言った。
「えへへ、舌まで進化させちゃったのは失敗だったねー。…大丈夫、お兄ちゃんも絶対嵌るって、この遊び」
 どうしてこうも、元ネタとかけ離れた子になっちゃったんだろう。蒼井は、酸欠気味の朦朧とする意識の中で、必死に答えを導き出そうとしていた。


★★★ NEXT 1-2