※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初めての経験をした主人公、次に取った行動とは?

疲れた自分は、{お医者さんカバン}を取り出し栄養ドリンクと精力剤を用意してもらった。
さっきのメスオオカミも見せ、痛くない注射器で腹に溜まっていた精液をとりだした。
ついでにさっきと同じものを用意してもらった。

次に俺は、{動物変身リング}を取り出し、「人」のカードを使いメスオオカミを女性にした。

「!・・・」メスオオカミはびっくりしていた。無理もない、なにせ狼の面影はなかったからだ。
おれは次にこう話した。

「きみは人になってしまった、後で治してあげよう。
しかし、そのためには自分の言うことを聞いて欲しい。」
メスオオカミ、いや、18歳位のかわいらしい女の子であった子は承諾した。

「まず、これを・・・着けて欲しい。」と、取り出したのは、{言いなりキャップ}であった。
名前からわかるが、着けたものはいいなりになってしまう、恐ろしい道具である。
罪悪感を感じたが着けてもらった。

「69の形になれ!」
すると、メスオオカミは俺の股間に顔を埋めた。俺もまだかわいい秘裂に顔を埋めた。

お互いに舐め合い、性器を弄り、メスオオカミは、潮を吹きまくり、俺は、顔にかけてしまった。

お互いに絶頂に達しようとしていた。 

俺はとどめに、「自分の性器の中に俺の物を入れろ」と言い、
メスオオカミに深深と挿入した。

「ああーーーー・・・」とメスオオカミが絶叫したと思うと、俺はピストン運動を始めた。
ズン、ズン、ズン、悶えるメスオオカミは、快感に酔い痴れていた。
俺は勢い良く、びっくりするほど出した。ビュルルっ!!
それでも止めないピストン運動、グチュ、グチュ、とあふれる精液、
未来の精力剤が効きすぎてしまったようだ。
「ああぁ・・・・・」と、きぜつしてしまったようだ。

可哀そうだったので元の姿に直した。 
セックスをしてくれたおかげに肉を5kgほどおいておいた。
これで少し大人になった感じがした。

狼編終わり?