※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ひゃんっ」
「おっ、嬢様っ…」
何度目になるのか、訳の分からない人間パズルが動き、
脱出出来るかと思いきやどこかではまり込んで抜けなくなる。
「お嬢様、ご無事で…申し訳ございませんっ、今、今すぐにっ、つっ…」
「せっちゃん、無理せんでもええよ」
“…なんと、お優しい…一生付いて参ります…”
苦しげな喘ぎと共に掛けられた優しい声に、刹那は感涙にむせびそうになる。
目の前で優しい笑みを見せ、うつぶせに倒れる木乃香、
刹那は、そんな木乃香に左半身を重ねて仰向けに倒れているのだから、
要は、下敷きになっているのは刹那の方である。
とにかく、状況を把握し脱出の術を探ろうとしていた刹那は、
突き抜ける鋭い刺激に思わず声を上げそうになった。
“…こ…これは…”
他の人間も重なってよくは見えないのだが、察する所、木乃香と刹那は、
互いの腿を互い違いに互いの腿の間に挟み込む形で倒れ込んでいる様だった。
自分の脚が挟み込んでいるのが木乃香の白い脚である事を察し、
木乃香の白い腿が押し付けられたまま動いている事を察した刹那は、次の瞬間倍掛けの刺激を覚えていた。
”…いっ、いけません、お嬢様、今、動かれては不肖桜咲刹那…”
「くうううっ」
刹那は、自分の喉から情けない声が漏れるのを自覚せずにはいられない。
しかも、問題はそこだけではない、二人揃ってTシャツはぺろりとめくり上がり、
お互い余り深いとも言い難い形成途上の谷間にお互いの成長途上の膨らみを挟み込む様に体が重なって
少しずれると薄くも若々しい汗ばんだ弾力の麓で、先端に尖るものが押し付けられ刺激される。
「はひあぁあ…」
もがけばもがく程泥沼にはまり込む事を身をもって理解し、明鏡止水泰然自若と助けを待とうと
心に決めた直後に耳朶に熱い吐息を浴びせられ、刹那は熱い吐息と熱い声を漏らした。
それからも、ハア、ハアと熱い息吹が刹那の耳朶に降りかかり、
それだけでも性感帯鷲掴みに突き上げるものを刹那はぐっと呑み込む。

刹那が心の中で非礼を詫びつつ恐る恐る横目を走らせると、
果たして木乃香はぞろりと垂らした黒髪の向こうから、熱く潤んだ黒曜石の様な瞳、
ぽうっと熱を帯びながらその潤んだ瞳の覗く切れ長の瞼ひくひくとする眉毛真っ赤な顔が見え隠れする。
「はひぃぃぃぃ…」
「大丈夫、せっちゃ、あんん♪」
思わずその魔力から逃れようとして、
主たる高貴なにょしょうのおみ足にはしたなく湿り続けるブルマの底を思い切りこすりつけた刹那の声に、
効力的にはほとんど同じ行動をとった木乃香が心配して声を掛ける。
”…い、けません、お嬢様、ここで、ここで動かれてはお嬢様の醜態、
いや、そのお美しいいや何を言ってはふあうひうう…”
さすがに天然娘近衛木乃香も、公衆の面前で出していい声と悪い声の区別ぐらいは付くらしい。
薄く丈夫で収縮性に富んだ、使用可能なギリギリに小さいサイズの布地を通して、
熱くヌルヌルとして、ちょんとぷっくりとした感触も、鍛えられた刹那の腿に全て伝わりながら、
ぎゅうぎゅうと押し付けられるその動きは段々とリズミカルにすらなりつつあった。
”…いけません、お嬢様、ここで、ここで溺れられて、はあぁあぁ…”
精神を統一しようと改めて護るべき人に顔を向けた刹那は、
ぎゅっと目を閉じながらぷっくりと可愛らしい小鼻を膨らませて眉根を寄せる顔に生唾を飲む自分に気付く。
”…切腹切腹切腹うぅぅぅぅぅっっっっっ!!!…”
「はっ、あっ、あああっ!」
忠実なる従者の錯乱する心中など知る由もなく、自分だけで手一杯になっている木乃香は、
開き直った様に喉を反らして声を上げる。
これを直視しなかった刹那は幸福だったのか不幸だったのかその考察は筆に余る事。
何より、先ほどから、只でさえ思考を鈍らせる暑苦しさ息苦しさの中、
薄い布一枚隔て、あるいは剥き出しのままに誰かが誰かの、
誰かに誰かが少女の敏感な部分を押し付け合ったまま絡み合い、誰かが声を上げるとそれが伝染する、
異常な状態だけに恐ろしく長い時間に感じられ、青い少女たちの喘ぎは最早教室の基調音声となっていた。
でもって、加えて問題なのは、刹那が置かれている状態も刹那と余り変わらないと言う事である。
そして、どちらかが逃れようとすると、その刺激から逃れようと体が動いてしまう。
意思の力で止めたとしても相手、周囲の働きかけによって、無理やり動かざるを得ない事もあるし
そこまで意思の力を継続させる事も難しい。行き着く先は無限ループ。
只、この場合、体重を掛けているのは木乃香なので、刹那の刺激は比較的少ない、筈である本来ならば。
だが、刹那と木乃香が脚をぎゅっと締めたまま動けない状態で、
木乃香の動きが止まらない以上、やっぱりそこに起きる事は余り変わらない訳であり、
「はうわうあっ!」
ブチギレるかと言う真っ赤な顔でこらえていた刹那にとどめを刺したのは、
最近出来たもう一人の親友、神楽坂明日菜だった。

「ほ、ほへんへーへふははーん…」
“わっ、分かりましたからどうか動かず…”
「はひぃぃぃぃっっっ!」
「アハハハせっちゃんはにゃあぅぅぅぅんっ♪」
酸欠なのかなんなのかハイな木乃香がケラケラ笑いながら甲高く喘ぎ、
それを聞いた刹那が喉を反らして甲高い声を上げる。
明日菜は明日菜で、空いている刹那の右の胸に顔から倒れ込み、
そのやや慎ましい膨らみをすっぽりと口に含んで、何か言おうとしながら上から誰かに抑え込まれ
ひたすらレロレロと舌を這わせながら無駄な抵抗を続けていた。

「フヒヒヒヒwせっちゃん親友W責めwww又ピクピクイッたナリィィィwwwww」
スケスケ望遠鏡で肉団子の中から刹那の痴態を観察し、
一瞬だが舌まで横に出してかっくんと首を折る刹那の真っ赤な顔をアップで堪能する偽ネギの足下では、
首に赤い革のシンプルな飾りを巻き付けられ、体操着を脱いだ夏美が
偽ネギのハーフパンツとトランクスをズリ下ろしてその中身をしゃぶっている。
ここに夏美が現れると同時にウルトラストップウォッチのスイッチを押した偽ネギは、
ウルトラストップウォッチで包んだ左手で夏美の肩を叩くと共に、
右手に握ったたましいふきこみ銃で夏美に魂を吹き込み、かたづけラッカーを吹き付けて
この格好で跪かせて奉仕させていた。
そして、偽ネギの横の教卓の上では、アロマキャンドルが五つ灯っている。
市販の安物であるが、巧みな時間操作の合間を縫って、ついさっきまで
「おまえは媚薬だ、お前の香りを嗅いだ女と言う女は、バケモノだろうが機械だろうが
全身の性感帯がうずうずしてうずうずしてやりたくてやりたくてたまらなくなる」
と、無生物催眠メガフォンで小一時間説得された上で点火されている。
このメガフォンの効果には当たりはずれがあるらしいので五つまとめて点火していた。
夏美が跪いたまま白い喉を見せて飲み下すのを見下ろし、すっきりした所で、
偽ネギはきょうじきを使い、行き着く所までと腹をくくって、
立ち入り禁止エリアでの一時間が外での一分に相当する様に時間の流れを調整してから
教室の四方に只の小さなアルミ鍋を置き、そこにナワバリエキスを振りかけた。
それから、どこでもドアを撤去し、黒板周辺の床にただの丸いビニールプールを設置し
周辺にビニールシートを敷く。
その近くで、空中に右手でどこかな窓を掲げた状態で右手につづきをヨロシクを吹き付け、
空中に二枚のどこかな窓を静止させる。
貸し切りチップで貸し切っているとある銭湯の女湯のシャワーヘッドと
それに連動した蛇口をどこかな窓から露出させる。
それが終わってから、単語帳をめくり、
大河内アキラと書かれたメモを床において物体変換クロスで本人と交換する。
「はいはいー、アキラさーん、暑かったでしょー。ブルマもベトベトに汚れちゃいましたねー、
さ、ここで服を脱いでシャワー浴びて下さーい」
石ころぼうしを脱いだ偽ネギに言われ、大量に用意している白いタオルを渡されたアキラは、
その場で生まれたままの姿になってプールの真ん中に立つ。


“…ぜ、絶景…”
目の前でとっくりと眺めている偽ネギがまるでいないかの様に、
まるで部活でも終えたかの様に悠々とシャワーを浴び、タオルで汚れを拭うアキラを前に、
偽ネギは自分の肉体同然の存在であるにも関わらず、思わず手招きをしながら夏美を足下に呼び寄せる。
立派な上背に負けない、本人はスイマーとしては少し大きすぎるかと思う時もある立派な胸を初めとした豊かな、
そしてスポーツにいそしみ締まる所は締まった、普段も大人っぽい女性として豊かな魅力に溢れる肉体。
UV対策も追い付かぬ屋外プールでのたゆまぬ鍛錬により、
陽の匂いを隠しきれずに逞しさすら漂う腕や脚と、
どんとばかりにその鮮やかな白を見せつける双つの膨らみを初め
抜ける様に白く水着に保護された女性の部分のコントラストが目を引き付けてやまない。
実際問題空気の様に視覚されていないほとんど全裸の夏美と、
その跪く夏美の前で下半身裸の姿で仁王立ちになりそんなアキラを観賞している
なわばりマスター偽ネギに丸で構う事なく、
そんな惚れ惚れする様な肉体美を堂々と晒してシャワーを浴びたアキラは
スノコを敷いたビニールシートの上で、偽ネギが両腕に掛けて持った白い無地のバスタオルで体を拭い、
渡された新しいTシャツとブルマ、階級ワッペンを貼られた新しい白い靴下を渡されて靴を履く。
「じゃ、取りあえずあそこに立ってて下さい」
偽ネギの言葉に従うアキラの傍らで、偽ネギはプールの水を水加工用の発泡スチロールふりかけで固め、
チッポケット二次元カメラで写真にして廃棄処分の準備をしておく。

服装を正した(体操着姿)偽ネギは、一見普段通り、しかしちょっと異様な教室の光景を見回す。
教室では、普段通り並べられた自分の机の後ろに、生徒たちが全員体操着のまま直立不動に立っていた。
皆、アキラと同じ方法で肉団子から脱出させ、シャワーを使わせて着替えさせた後だ。
夏美も、ラッカーをはがし魂を戻して同じ扱いをしている。
効率の関係でなわばりエキスを使ったが、この道具、なわばり内では意思そのものが強烈に抑制されるらしく、
生き人形の相手は余り面白くない。
従って、鍋の一つを対角にある鍋と重ね、一度その効力を停止した。
「きをーつけーっ!!」
一瞬きょろきょろしていた生徒たちだったが、靴下に貼られた階級ワッペンに支配された彼女たちは、
偽ネギのシャツの背中に貼られた二枚の大将ワッペンの影響でピシッと直立不動に硬直する。
「あー、それでは全員にぃー、命令します。
机の左前の角が自分の真ん前に来る様にぃー、机を動かしてくださーい。
おへそを右手の人差し指で触って、そのまま指を真上に動かしてくだーさい。
真上に動かしてー、シャツが触った所を指で摘むー。
摘んだ所をー、唇に挟むですぅー。
両手はぁー、机の左右になった角を掴んでぇー、くださぁーいっ。
自分の真ん前の机の角を両脚で挟んで、ゆっくり腰を下ろしてくださーい。
触るまで腰を下ろしたら、ぎゅっと机の角に体重を掛けて、くっついた所をぐっと密着させてくださーい。
はーい、そのままー、僕がいいって言うまで腰を前後に動かすですよー、
このリズム、このリズムでーす、はーい」
偽ネギは、教卓にメトロノームを置いて作動させた。

「やぁやぁ千雨さん」
手を後ろに組んで教室を巡回していた偽ネギが、他の面々同様ガタガタと励んでいる千雨に声を掛ける。
「あれー、千雨さん○学生にもなってお漏らしですかー?
机までぐっしょりベトベトですよー」
にこにこ笑って隣に現れた偽ネギを、千雨はギロッと睨んだ。
「さっすがちうさん、教室で真っ白Tシャツからきれーなおっぱいはみ出して、
ブルマーこすこす机オ○ニーって、さすがツボですよツボ、
やっぱり、みんなが見てる前でストライクなコス披露するのって、
ビチョビチョになるぐらい快感なんですかちうさーん?」
千雨フシューッと鼻から熱い息を噴出しながら真っ赤な顔で偽ネギを睨み付けるが、
どうしても口にくわえたシャツを離す事が出来ず
罵詈雑言も出なければこの発狂したとしか思えないクソガキを前に
パイオツ丸出しどこから見ても変態オ○ニー真っ最中の自殺ものの醜態を止められない。
“今度は何の魔法だ?ガキのくせに女漬けの修行漬け、とうとうネジ一本飛びやがったか…”
「うわー、怖い、真っ赤なお顔で睨むちうタマ怖いカッコヨスです。
でもぉー、大将様への反抗は厳罰ですよーちうさん」
にいっと笑みを浮かべる偽ネギに、千雨はカッカと火照っていた全身の汗がさあっと冷たく感じた。
「お口、離していいですよ千雨さんだけ」
「てめぇ…」
その瞬間、偽ネギはウルトラストップウォッチを使い、今までの基本的な予定を書き込んでいたものとは別の、
言わばサブのあらかじめ日記にすらすらと書き込んでから時間停止を解除する。
「長谷川千雨軍曹、ゆっくりペースを上げてくださーい」
「えぇ…あひあっ!」
「はい、その調子その調子、ごほーびですよー、可愛いおへそちゃんでつねー」
「ガキ何やって…ひゃんっ」
偽ネギの右手人差し指が千雨の臍からすーっと下に下り、ブルマの縁を持ち上げる。
鉤を描いた人差し指がくいっとその縁を引っ張り、偽ネギはその中に
ピンク色のパールローターをすとんと落とし、指を離す。
パチンとゴムが弾ける感触すら、千雨のうずき続ける火照った肌に心地よい。
「はい、そのペース、そのペースでぇ、いいって言うまでぐいぐいしててくださーい。
ほーら、段々ブルブルもペースアップしますよー」
ローターのリモコンを操作しながら、偽ネギは無邪気なぐらいの笑顔を見せた。
「おまっ、ちょっ、やっ、たた、頼む、とめ、止めて、あひっ、あひぃぃっあおぉおぉおぉぉぉぉっっっ!!!」
「長谷川千雨
○月×日、命令に従って机の角に股間を擦り付けての自慰行為を行い、
○時×分以降、それをやめる事を許されるまでの間、力の限りそれを実行し、
教室内で焚かれている媚薬の効果かはた又異常な状況にハイになったためか本性が淫乱なのか、
命令により机の角に自らの股間を擦り付けての自慰行為を実行している間、
自ら激しく腰を振り布地越しに性器を強く刺激し全身に突き上げる強烈な快感に
唇からヨダレを溢れさせ快感を示す喘ぎ声を教室に響かせながら髪振り乱してよがり狂う」
なるほど、既に書き記された別の記述と矛盾が無ければ別の日記に書かれた事でも有効らしいと、
先ほどサブのあらかじめ日記に書き込んだ記述を思い返しその実験結果を目の前に偽ネギは静かに頷く。

「でもぉ、ホントにきれーなおっぱいですねぇ、きれいなお椀型で、乳首だってピンク色の可愛い乳首、
こんなピンピンで…」
一度重力に従ったTシャツの縁をめくり上げ、首周りの縁と重ねて洗濯ばさみで留めた偽ネギが
そこからぽろりとこぼれ出た膨らみをつんつんつつきながら言う。
「はひぃぃっ、ばっ、やっ、あっ、おっ、あぉぉぉぉぉ…」
教室のど真ん中、同級生の真ん前で堂々ともみもみされちゅうちゅうと乳首を吸われながら、
千雨は他の感情よりも何よりも突き抜ける快感に止め処なくヨダレを溢れさせ牝の咆哮を上げる。
「んんんんぅぅぅぅぅぅぅ」
それを見ていた雪広あやかと柿崎美砂が、
やはりシャツをくわえた唇の両端からじゅるじゅると溢れさせながら
シューシューと鼻息を噴出し酸欠寸前の有様で腰を振り続ける。
宮崎のどかもまた、周辺に星が舞っている様にしか見えない頭をぐらぐらふらふらさせながら、
それでも腰の動きを止めない。
偽ネギは、再び教室を巡回し、そんな女子生徒一人一人のブルマの中にパール・ローターを放り込み、
まくり上げられたTシャツを洗濯ばさみで固定しながら歩く。
教室を巡回し、教室の前に立ち、すっかり大人おっぱいから微力ながらまで、ぶるんぶるんからぷるぷるまで、
大小個性的な違いを見せながら若々しく弾み続ける白い膨らみ。
強制力で塞がれた口から泡と共に漏れる精一杯の欲情の吐息歪んで寄せられる眉血管ブチギレそうに真っ赤な顔
既にぐっしょりとなった部分をひたすら押し付け動かし、その動きに合わせて全身が欲情に変貌し続ける
その有様をとっくりと眺めてから偽ネギは口を開いた。
「はーい、皆さーん、シャツからお口を離していいですよー、
その代わりぃー、千雨さんみたいにぃー、その体勢のまま力の限りサカッて下さいねー」
パンパンと手を叩いた偽ネギが、ウルトラストップウォッチでタイムロックを掛けた。
時間停止中に、ついさっき使ったあらかじめ日記の千雨の記述に
「そして、○時×分40秒、それはクラスの女子全員に伝染していき、
命令により机を用いての自慰行為をやめる事を許されるまでの間、その全員が力の限り自慰に耽り、
発情をあらわにもだえ狂い盛りのついた牝の獣の様に熱く激しいよがり泣きを教室に響かせたのであった」
と書き加えた偽ネギは、身に着けて作動している腕時計を操作し、
腕時計の秒針と機会を見て何度となく点検している時間停止中の教室の掛け時計の秒針が合った瞬間に
ウルトラストップウォッチのスイッチを押した。
「…35、36、37、38、39、40…」
“…あらかじめ日記に狂いなし…”
幾重にも重なり甘くも切実に響く甲高い悲鳴を聞きながら、偽ネギは頬を歪め目を細めて一人心で笑った。