※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Curse of Drow」キャンペーン整理

8レベル以上のキャラを使ったシナリオ・キャンペーンをしたことがなかったため、実験的に始めたオリジナル・キャンペーン。
ルールが発売されるたびに、お試しMOBがあらわれるのが特徴的。



【キャラ紹介】

プレイヤーA
回復担当:DivineOracle
基本的には、回復役。当然のようにAugumentHealingを持っているので、生半可な火力ではPCのリソースを消費させられない。

プレイヤーB
壁1:StoneLoad/DowervenDefender
防御の構えと鎧で硬さを求めるドワーフ。

プレイヤーC
壁2:Tempest
CombatExpertise/SpringAttackで、戦線をかき回す壁。
Construct/Undead/Incorporalを出すたびに、クリティカルできずに嘆くシミター使い。
Adamantine/ColdIon/Silverを揃えるも、妙なDRに火力不足。

プレイヤーD
魔法:Wiz
知識担当。GreaterInvisibility使い。補助役。

NPC
壁3:Bar/Ran/Rog
戦線構築&ローグ役。



【物語の整理】

  1. 文字を音読することで発動するPlaneShiftのTrapにひっかかりひどい目にあう。
  2. 「私が触る」でCurseがかかりひどい目にあう。
  3. 夢の中でDrowに扮した何かに命令される。
  4. Mのつく触手の人の抗争に巻き込まれていることを知る。
  5. 実は、Mの人の片方がリッチで片方がバンパイアなことを知る。
  6. 「Paladin」だけ、恐怖判定に失敗する。
  7. 「Paladin」のいない間に、「Drow Ghost」をだまくらかすも、ひどい目にあう。
  8. 「Beholder」との戦闘を回避するも、文字を音読することで発動するPlaneShiftのTrapにひっかかりひどい目にあう。(2回目)
  9. 続く。
|