※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

や行のキャラクター

柳小路エンリケ三郎
第21回
桐山泰典
豪華客船ダイパニック号の乗客、無人島への漂着者の中では唯一の客。通称ウスラのっぽさん。公家とカスティージャ王家の血をひく良家の御曹司であるため、世間を知らず、砂浜に打ち上げられたボトルメールの出会い系スパムメールに返事を出してしまう。よって砂浜は出会い系ボトルメールだらけになるのである。正気なようでいてオカシクなっていく船員たちと比較すると、オカシイようでいて結構正気だったりするのだが、そういうのって数の論理には勝てないものである。ちなみに彼の持ち込んだ貞子のDVDがすべての問題の根源でもある。よって亀には運んでもらえない。
矢吹丈
第10回
池田一平
少年院出身、不屈の名ボクサー。石版には「明日のための○ヶ条」が刻まれているようだ。力石とのクロスカウンター相打ちにダウンし、そのまま真っ白に燃え尽きる。気の早い話である。

ヨーカン・マン
第22回
藤原康弘
銀河鉄道の乗客の一人。灯台守、ないし灯台そのもの。デンマーク北部、タカスギルデショセンの灯台守を父トースト・マンから引き継ぐ。銀河鉄道の沿線をループ移動しているらしく、下車すると元の駅に戻っている。さらに、ある駅を超えるととんがりコーン化してしまい、存在すること自体が難しくなってしまう。善行を積むことにより頭上の灯台は蝋燭→懐中電灯→灯台とグレードアップする。首からラジカセをぶら下げており、そこに星々のささやきを録音している。北山のヴィレッジバンガードがお気に入りのようだ。
横綱審議委員
第3回
全員
横綱審議委員。第3回の登場人物は全員横綱審議委員。