初期 Presicion Bass

世界初の量産型エレキベースとして生をうける。
ボディ中央にシングルコイルタイプピックアップが一基搭載されている。
弦の裏通しブリッジを採用。各弦独立サドルえないのが特徴。
独特の弾むようなアタックが特徴。
使用有名人 ダスティ・ヒル
MSだと旧ザク


Presicion Bass

通称:PB、プレベ
テレキャスターベースのモデルチェンジをしたモデル。
現代の代表的なベースのひとつ。
ピックアップの二つのボビンがZ状に配置され、マグネットの極性を逆にするとハムバッキング効果を得るスプリットピックアップ。
各弦独立ブリッジになり、ブリッジプレートに弦を通すタイプになった。
パンクといったらプレベ。
使用有名人 スティング シド・ヴィシャス
MSに例えるならザク


Jazz Bass

通称:JB、ジャズベ
60年に登場した8つのポールピースを2基備えたモデル。
各ピックアップに個別のヴォリュームとトーンが装備され、ふたつのピックアップの出力を自由にミックスし、幅広い音作りが可能になった。
ジャズつくからといってジャズに向くとか、ロックに向かないとかではなく、オールマイティに使える優れたベース。
現在の流行はジャズベであり、JBとPBの流行は数年ごとに入れ替わるといわれている。
使用有名人 ジャコ・パストリアス 
MSに例えるならグフ

※PBのピックアップとJBのリアピックアップを搭載したもでるも多く出回っている。
通称:PJ
ランバラルの乗っていないグフみたいなもんだ。


BASS VI

61年に登場した異端モデル。
高音側に2本の弦をプラスし、それらを1オクターブ下にチューニングする、ギターとベースの中間的なもの。



Mustang Bass

66年に登場したムスタングベースはムスタングギターと同じサイズのオフセット・ウエスト・デザインのボディに新開発のスプリットピックアップが搭載され、30インチのショートスケールを採用した初心者をターゲットのしたモデル。専用ブリッジとパドルペグが特徴。
MSに例えるならアッガイ


Thunder Bird

通称;TB、サンダバ、雷鳥
注:ツンデレバードではない。
他のベースと軍を抜いて奇抜なルックス。
しかし、その強烈ルックスに魅了されるベーシストも少なくない。
同ギタータイプにギター版のファイアバードがある。
使用有名人 ニッキー・シックス ヒーセ(元イエローモンキー) 戸城憲夫(元ZIGGY)
MSに例えるならゴック


STINGRAY

通称:MM、ドラえもん
ミュージックマンから製造されている。
レッドホットチリペッパーズのフリーが流行の発端。
ハムバッキングタイプのッピックアップを1基搭載。
使用有名人 フリー、上ちゃん(マキシマム・ザ・ホルモン(笑))、BASEBALL PLAYER タロティ(DOPING PANDA)
MSで言うところのゲルググ

Karl Hofner

通称:バイオリンベース
ビートルズポールマッカートニーでおなじみのベース
うーん、お洒落!
使用有名人 ポールマッカートニー


L2000


最強
L2000君きめえwwwwww




AnotherBass
SG Bass
EB
FlyingVBass
etc…

最近ベーススレができたからそっち見たほうがいいかもわからんね
知らんけど

|