※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒崎克耶@海法よけ藩国さんからのご依頼品


彼…雌雄がわからないため、便宜上「彼」としておこう…は
森の様子がいつもと違うことを感じていた。
とてもステキなお話の予感。
お話は、彼らが大好きなものだけど、その中でもとびっきりのものがあるような気がする。
彼は、お話の気配の方向に向かっていった。
最近よく出かけるあの家へ。

/*/

彼らは、一度はこの森からいなくなっていった。
森が森でなくなってしまっていたとき。
悲しみのあまり、彼らはこの地から隠れてしまっていた。

でも、そんな中でも。
この家の人達は、必死で彼らに手を差し伸べようとした。
一度は、怖がってる彼の仲間に触れようとして失敗していたけど。
ただただ、汚れをふきたい、癒したいという言葉は、彼には伝わっていた。
怯えている彼の仲間には、その思いはまだ辛かっただけで。

そして、いま一度彼の近くに現れたとき。
多くの人達が2人と共に現れて、森のすべてを戻してくれた。
もう一度やりなおしたいとの思いが物語となって、森を埋め尽くしたのが見えた。

/*/

森が戻って、彼らは少しずつ戻ってきていた。
この家の人達は気づいてなかったけれど。
そっと、そっと、様子をうかがいながら。
新しい森に新しいお話が生まれるのを見守るように。

そんなある夜。
この家の人達が2人で「にゃんにゃんちゅー」と言いながら、森に呼びかけてきた。
内1人は呼びかけがいろんな言葉だったけど。
……行ってみてもいいかな?
仲間たちはまだ尻込みしていたけど、彼はそっと、2人の前に現れてみた。
そっと挨拶して、でもそのまま逃げてしまった。
人の前にでるのはまだためらわれたし、それ以上に恥ずかしかったし。

少しずつ、少しずつ。
やり直していける、そんな予感。

/*/

そして今日。
いつもの2人より、ちょっと多い数の人間がいる。
みんな、ちょっとどきどきわくわくの様子。
いつもの2人が、少し緊張している。
知り合いらしいのに、あらたまった挨拶をしあっていたり。
プレゼントかなこれは?
あとお菓子や飲み物がテーブルに広げられていく。
……うん、間違いない。
これはとびっきりのお話の前兆だ。

/*/

「では、これよりソウイチロー・黒崎、黒崎克耶の結婚式を行います」

気がつけば、周囲には彼の仲間がいっぱいになっていた。
皆もお話の気配につられてきたらしい。
木々を揺らしてしまい、ばれたかな?とあわてたけど、誰も見えてないのが幸いした。
……見えてそうな人が一人いるかも。

その人は、風からレース布を取り出してきた。
「おめでとう」
の言葉と共にレースを鳩に変えて…とってもきれい……
ずるり(ぼてっ)
彼はうっかり、枝から落っこちてしまった。

「だいじょうぶー?」
心配そうな声。
大丈夫だと言いたいんだけど、彼の言葉はたぶん通じない。
どうしよう。
どうすればいいんだろう?

いつもの2人が、こちらに頭を下げるのが見えた。
その様子を見て安心したのか、彼の仲間が次々と枝から、木々の間から、草むらの中から顔をのぞかせる。
「ほわー…」
今のうちに。
彼はあわてて、先ほどまでの枝の上に戻った。

/*/

歌が聞こえる。力強い、でもとても優しい歌。
鳩は雲になり、そして流れだす。
今度は落ちないようにしっかりと枝につかまって、でもまた見とれてしまう。
見てるだけでおなかいっぱいになりそうな、それは数多の物語。
思いを歌に変化させて、歌は雲を動かしていく。

長かったような、一瞬のような歌が終わり、雲が普通に戻る頃には
隠れていたはずの彼の仲間も、みんな姿を現していた。

そして、2人が話し始める。
「あー。俺はあまりしゃべるのは得意じゃない」
彼らを見るときはあまりない笑顔。
「でもまあ、見知った顔にあえて嬉しい」
場にいる人もネコリスもみんな見渡して。
「いつかはもっといろんなやつを呼んでやり直してみたい。それまで無事であることを願う」
笑顔、笑顔。
「汝、ソウイチロー・黒崎、黒崎克耶を妻とし、共に生きて共に幸せとなることを誓いますか?」
「はい」
「汝、黒崎克耶、ソウイチロー・黒崎を夫とし、共に生きて共に幸せとなることを誓いますか?」
「はい!」
2人が、これまでにないほどかしこまった姿で返事をする。
「それでは、ここに、よけ藩国藩王の名と、一同の祝福の元に、二人の婚姻を認めます。
 どうか拍手をもって祝福を」
人々が拍手をはじめる。
今こそこのお話のいちばん大切なとき。
彼らも一斉に、前足を叩きはじめた。

「ありがとうーありがとうーネコリスさんー」
人もネコリスも雲も森も、すべてが祝福する中で、誓いは行われるのだった。

/*/

幸せなお話で、みんな心を満腹にした次は。
「では会食にうつりましょう。皆さん、どうか、おくつろぎください」
ケーキにお茶、これからはお腹を満腹にする番。

なにかいい匂いがする、と思っていたら
今にも倒れそうな様子で、彼らのごはんを大量に持ってきている人がいた。
「もう、ばたんきゅー」
あわてて彼は支えに走る、もちろんみんなといっしょに。
「ありがとう」
人間たちがあわてて駆けつけて、抱き上げてくれた。
「絶対たくさんくると思ってたんで」
汗だくになって目をまわしながら、それでも彼らのために重い荷物を運んでくれた人。
彼は仲間たちとうなづきあって、汗をふいてあげることにした。
その間、ごはんの準備をする、紅茶をいれる、看病する…
いつしか人もネコリスもいっしょに動いていた。

落ち着いた後は、みんなでお茶を。
とびっきりの笑顔をお茶うけにしながら。
「ほんと、おめでとうございますー」
祝福の言葉が飛び交い。
「おつかれさま」
がんばった人を労り。
「ケーキ食べれるかしら??」
彼らにもケーキのおすそわけがあったり。
「わあ、ゆかりさん、座っていてください!」
「まあ、たぶん、今頃遠くで、倒れて寝てると思う」
がんばりすぎた人は休んで-。
「がく」
再び倒れた人を支えながら。
彼も、仲間達も、人間たちも。
みんなで、しあわせのひとときを、すごすのです。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • うふふふふ(*ノ∀ノ)ありがとうございましたーネコリス萌えー!!もきゃー! -- 黒崎克耶@海法よけ藩国 (2008-10-30 04:55:08)
名前:
コメント:




引渡し日:2008/10/09


counter: -
yesterday: -