※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

転居

今作の特徴のひとつとして、一般人なら自由に転居出来ることが挙げられる。
各種役職の転居も踏まえてまとめておく。

任意の転居の条件とは?

一般人であること&引っ越し費用を持っていることが条件。
解りやすく言えば特殊な家に住んでない世帯主(表札の一番上の人)が転居を選択出来る。
特殊な家は次の5種類(1+4+2+3+1=11ヶ所)

  • 王の寝所:先王の配偶者を含めた王の一家の住む場所
  • クラウンハイム:王位継承権を持つ者とその家族の住む場所。但し4軒しか家が無いので新たに継承権を持つ者が結婚すると一家族が選ばれ転出する(詳細は王族にて)
  • 各エルグ長宅:29日のエルグ長選挙で選ばれた人が翌年1日~翌年30日まで居住する
  • 各ティルグ騎将宅:20日のティルグ就任式で選ばれた人が20日~翌年19日まで居住する
  • アクティカ古城:引っ越し対象がない

引っ越し費用は下記の一般居宅(任意)を参照。

転居のタイミング

特殊な家への転居/退出を含めた転居のタイミングは以下の通り。
なお、各タイミングで転居すると、像や鉢植え、レリーフなどの家財道具は元の家に置きっぱなしになるので必ず仕舞うこと!

場所 タイミング
王の寝所
クラウンハイム
先王の葬儀の日
新たな王(戴冠前)は王の寝所へ転居
継承順位が上位の市井の家族がいたとしてもクラウンハイムに戻る事はなく空き家になる
クラウンハイム 王位継承順位持ちが結婚した時
空き家が無ければ1世帯が転出し新婚夫婦が入居する
新郎新婦いずれかが転出した家の住人だった場合、一旦家族と共にクラウンハイムから転出した後再入居する形となりローク、シーラいずれかに所属してしまう(詳細は王族にて)
各エルグ長宅 29日のエルグ長選挙で代わった場合は、 翌年1日朝1 に入替え引っ越しが発生
各ティルグ騎将宅 20日のティルグ就任式で代わった場合は、 同日=20日朝2 に入替え引っ越しが発生
事前通知がほぼ無いので特に注意が必要

※転居が出来ない人物(クラウンハイム、アクティカ区、古城住まいの人物)が騎将、エルグ長になった場合前任者が該当住宅に住み続ける。

一般居宅(強制)

結婚式においてどちらも王位継承者でない場合は、 入籍した時点 で新居へ引っ越し。
通常居宅のあるメイビ区・シンザー区・シーラル区の空き物件からランダムで選ばれる。
(上記の入替え引っ越しの際も同様にランダムで飛ばされる)
ただしどちらかが一人暮らしだった場合、その家に引っ越す事もある。

一般居宅(任意)

一般居宅に住んでいる世帯主が引っ越しを選んだ際は、 選んだ瞬間に引っ越し が発生する
シンザー区・シーラル区の通常居宅は、1万ペカ
メイビ区の場合は2万ペカ
アクティカ区の場合は、10万ペカ
アクティカ古城の場合は、50万ペカ
を支払うと引っ越し可能( 赤ちゃんがいる間は任意引っ越し不可能
ただし、 同クラスの居宅か、より上位の居宅へのみ引っ越し可能 なため、アクティカ区からは古城かアクティカ区しか選べず、古城からはどこにも転居出来ない
(※アクティカ区、古城居住の場合はエルグ長や騎将になっても転居が発生しない) なお、アクティカ区とアクティカ古城は実績対象になっている(称号「大富豪」が付き、この称号を持っていると死亡時には国葬になる)
余談だが、トーナメントの優勝賞金が5万ペカ(剣士選抜・シニア杯など)、10万ペカ(最強騎士決定戦など)、50万ペカ(DD杯のみ)となっている。


編集できない方で「転居」に該当する内容で 間違いを発見したり、修正・追記の他に報告があれば↓へ。


  • アクティカ古城は夫側からのみ専用会話発生。妻が夫を皇帝陛下と呼び、夫が妻を姫と呼ぶ内容。 (2010-12-02 07:00:32)
  • アクティカ区に越した後、シーラル、メイビ、シンザーの空き家を選択しても引っ越し権が無いと言われる。他のアクティカ区、古城は可能。 (2010-12-02 14:57:05)
  • ↑古城からだとアクティカ区も引っ越し資格無しになりました。
    安い家から高い家は引っ越し可、高い家から安い家には引っ越し不可みたいです。 (2010-12-02 16:26:51)
  • アクティカ区とアクティカ古城に住んでいる場合、例え家長がエルグ長や騎将になっても引っ越しは発生しません。
    そのままの住居に住み続け、該当する邸宅は空き屋になります。 (2010-12-08 10:00:13)
  • ベッドに赤子がいる場合は任意の引っ越し不可です。
    騎将、エルグ長などは分かりませんが… (2010-12-12 03:49:41)
  • 赤子がいる状態でロークエルグ長選挙当選、引っ越しました。長邸に入ると赤子はちゃんといましたので、強制転居になるんじゃないでしょうか。 (2010-12-23 21:43:56)
  • ↑騎将も同様に強制転居になり、赤ちゃんも移動しました。 (2010-12-24 14:07:19)
  • ↑×4アクティカ区居住PCの配偶者がシーラエルグ長になったのですが、エルグ邸宅は2年以上空き家になっていません。
    以前シーラエルグ長が死去してその家族が住んでいたのですが、PCの配偶者がエルグ長になり、当然引っ越すのだろうと思っていたのですが、いまだ住み続けています。 (2010-12-24 14:54:55)
  • 一般人どうしの結婚で(PC男)
    妻の家になってしまい引っ越しができません。
    普通世帯主はこっちでしょ? (2011-01-06 11:57:49)
  • ↑妻NPCが役職邸持ちなら役職邸優先だったような…。それとも姓が結婚時アイテムなしで相手になったとか?気の長い話になるけど、自キャラを役職邸持ちにして一度引越しを挟めば引越せた様な (2011-01-06 20:38:07)
  • ↑人口いっぱいにして結婚し、確認してみた。配偶者宅に決定された際に、その家が一般住居でも、かつて「配偶者の親の家だった」場合、その親が既に亡くなっていても、家長は配偶者の親から配偶者にスライドする模様。配偶者の親と同居になった時も同様。自分が邸宅のつく役職に就けば強制引越し後に変更可能 (2011-01-07 06:10:29)
  • ↑補足。考え方としては、PCを子供に(学生、成人式共に)引き継いでも、引越しの権利を持つ世帯主は親NPCにあり、PCが必ずしも世帯主になれる訳では無い、と把握すると良いかと (2011-01-07 06:15:37)
  • NPCがメイビ区PCがシンザー区だったので価格が高い方に移ると思う
    結婚後に引っ越しするなら同じクラスのNPCを狙うのが適切と考えられる (2011-01-07 10:29:02)
  • ↑それは…聞くまでもなくこのページ上方に「高→低は無理」と書かれていた様な… (2011-01-07 15:29:14)
  • ↑つまりランダムではないこともあるということでしょ? (2011-01-07 16:26:35)
  • 模様替え用のアイテム,引越してもそのまま残るようなので回収せずに,そのまんま残したままにしてます。NPCは模様替えしないようなので,PCが住んでた記念に。 (2011-01-08 02:04:56)
  • ↑同じ。NPC,子供がいると模様替えしちゃいます。PCの子供も気付いたら‥‥ (2011-01-10 21:00:42)
  • 引っ越した際、セレブや大富豪等の称号は同居家族(配偶者や子供)にも付きますが、
    引っ越した後、生まれた子供には称号付かないようです。
    おそらく引っ越し後に結婚した配偶者も付かないと思います。 (2011-01-16 03:56:29)
  • ↑大富豪は確認してないけどセレブは未婚状態で購入しても配偶者、そこで産まれた子につきますよ。 (2011-01-29 03:27:20)
  • ↑×2を書いた者ですが、どうやら妊娠→引っ越し→出産の順だとこの時産まれた子に称号はつかないようです。
    引っ越し→妊娠→出産の順又は妊娠→出産→引っ越しの順だと付くのではないのでしょうか?
    1代目アクティカ区、2代目古城でどちらも第二子妊娠中に引っ越したのですが第二子だけ称号付きませんでした。
    赤ん坊は称号が何もない状態なので称号が重なっているとかでもありません。 (2011-02-04 10:09:47)
  • ↑PC、配偶者、子供2人で古城に引っ越ししたら、みんなに大富豪の称号が付いたけど、
    引っ越した後に妊娠、出産した第3子には称号付かなかった (2011-02-22 17:51:56)
  • メイビからシンザー・シーラルへの転居は可能でした。 (2011-04-27 21:21:18)
  • ルビ・レト・ラトともに価格は10,000ペカでした。 (2011-05-19 20:27:34)
  • パワーアップにしてからクラウンハイムからシンザーやアクティカやラビなどに引っ越し出来なくなりました。 (2011-05-21 17:15:10)
  • PU当ててからですが、アクティカ区在住の子がまだ父親が健在の状態で
    結婚したのですが、新しい住居ではなくそのまま父親も含めて
    アクティカ区に同居という形になっていました。(母は他界)
    仕様が変わったんですかね…? (2011-05-23 20:52:27)
  • ロークのエルグ長になっても、住居の転移が行われませんでした。Dランクからエルグ長になったのですが何故でしょう? (2011-06-29 15:52:35)
  • ↑同じく。PU版です。今ロークエルグ長二年目になったけどやはり転居しなかった。住居はいまだ初期のレト区4ー4。エルグ長宅は前任の家族が住んでる。 (2011-07-02 20:18:44)
  • ↑、↑↑同じ状態です。PU版、自宅はスタート時と同じラト区。新しい区画に住んでいると起こるバグでしょうか…? (2011-07-27 08:07:03)
  • ↑の書き込みの者です。いろいろ試してみたところ、新区画以外に予め自力で引越ししていると、1日にエルグ長宅に引越しが発生しました。
    新区画→それ以外→新区画だと引越しは発生しなかったので、「新区画に住んでいると引越しが発生しない」というバグのようです。
    現在、公式に問い合わせ中。 (2011-07-31 11:07:47)
  • ↑5 PU版自分は古城住まいで両親健在で結婚したら新しい一般住居に移ったんですが称号に大富豪が付いてる所為かどこにも引越し出来ない状態になった…。資格なしと言われる。 (2011-08-24 15:21:03)
  • ↑世帯主が嫁になってるのが原因で不可だった… (2011-08-24 15:38:47)
  • アクティカ区からレト・ラト・ルビ区への転居は可能。
    新区画 (2011-12-15 23:28:31)
  • ↑すみません。書き込みなおします
    アクティカ区から新区画への転居は可能。また、新区画から一般区画への転居も当然可能。
    これを使うと、アクティカ区から一般区画への転居ができます。


    皇帝の寝床は未調査、情報お願いします (2011-12-15 23:31:50)
  • ↑アクティカ古城から新区画への引越しはできませんでした。
    ちなみに当時騎将邸住まいでしたが、アクティカ区と古城へは引越しできるようです。 (2011-12-30 21:38:27)
  • アクティカ在住ティルグ員ですが、クラウンハイム満杯時に継承権最下位と結婚したら、引越なしでティルグ継続で王家ゾーン入れずでした。 (2012-01-14 15:25:14)
  • プレイ2世代目ですが、老夫婦や、配偶者を亡くしたNPC達が続々とメイビ区に転居しています。
    メイビ区って終の住家的な場所という設定? (2012-10-11 09:18:48)
  • PC男がメイビ区2-3、その婚約者が父親と二人暮らしでメイビ区2-4(隣家)。
    結婚したら、(おそらく)妻の家の棚にあったもの全てがPC男の家の棚に移動されていた(多分、妻の父親の個人棚の物は来ていない)。
    黄金ワクマ×20とか大ロツ、大ポマロなど大量にあり、えらいことに…(@_@;)
    妻の家の歴史を感じさせ、整理するのもはばかられる。
    (2013-01-24 09:30:33)
  • 女王(祖母)が亡くなり母が女王になったので王の寝所に引っ越し。当時叔父が結婚していなかったので、そちらの家族が溜めていただろうアイテムは当然棚の中。こちらの棚の中身も引っ越されたが、全部が全部というわけではなかったらしく、極上ミルクや料理などがなかった……。引っ越し先の棚の中が余裕な空きがないと全部持ってこれないのかな。それにしても、引き出し専用棚にアイテムが入っているのを初めてみた。福音茶の葉っぱ(?)とか。取り出して入れてみようと試みたけど入らなかった。どうやって入れたのだろう。 (2013-01-26 21:26:08)
  • ↑亡くなった女王の個人棚の物が引き出し専用棚に移ったのだと思います。 (2013-01-27 09:09:58)
  • 引き出し専用棚は、亡くなった家族や移住した家族の個人棚の物が移される所です。
    子供を一人別国にPCとして移住させたあと、子供の物が引き出し専用棚に移っていました。
    大量のダダ虫はどうにも出来ずそのまま。誰かからもらったらしい物は旅人を介して送りました。 (2013-01-28 09:14:49)
  • ↑↑そうだったんですか!謎?が解けました。ありがとうございます!! (2013-01-28 23:05:12)
  • 勝手に引っ越ししてた!!! これを見る限りティグルの騎将になったらしい (2014-03-01 16:02:22)
  • 新成人NPCに話しかけたら『セレブ』になってた。改めて、その家族(両親と兄の4人家族)を調べてみたら、アクティカ区住まいになってました。NPCでも、アクティカ区に引っ越すんだ?!と驚いた。3代目PCがクラウンハイム住まいの学生の、211年の年初めの出来事でした。 (2014-12-31 10:54:03)
    報告