※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスターハンター登場人物(NPC)

(参考資料:ハンター大全、ハンター大全2、生態全書、ゲーム内より蒐集)


モンスターハンターの世界に存在する種族

  • 人間
おそらくこの世界でもっとも発展し、人口最多の種族。
生理的な面では、現実世界の人間とほとんど変わるところはない。
モンスターハンターの職に就く人間たちは屈強な体格をしており、
女性ハンターであっても男性並の身長と体格を誇るのが特徴。
そのため、「萌え要素がない」「巨乳娘がいない」と言われる原因にもなっていたりする。

  • 竜人族
鍛冶や調合などの高度な技巧を備え、人間をはるかに超える長寿な種族。
繁殖力が低いため人口は少なく、人間社会に混じって生きる者はごく少数で、しかも大半が老人である。

  • アイルー族
我々の世界で言うところの猫に似た外見を持つ種族。
独自の言語や文化を持ち、精神面は人間に非常に近く、人間に混じって暮らす固体が非常に多い。
ちなみに、会話のときに「ナ行」の語尾が「にゃ」になってしまうのが特徴である。
毛色が黒い固体はメラルーと呼ばれ、アイルーとは異なりやや好戦的。
だが、体格の差で人間にかなうはずがないため、
所持品を奪って補給を断つといったゲリラ戦術しか仕掛けてこない。

  • 歌姫の一族(歌と共に生きる稀少民族の末裔)
唄を歌う事にその身と生活の全てを捧げ、唄と共に生きるという希少民族の末裔。
独立した種族ではなく、人間や竜人族の一部が実戦している生き方のようなものである。

  • 船大工の親方(半漁人っぽい)

無印~

  • ココット村の村長(ココットの英雄)
非常に優れた片手剣の使い手。
若い頃に共にドラゴン討伐に向かった美しい婚約者を失い、
それ以来ハンターを引退した。
この逸話から後にハンター達は5人以上で徒党を組むと
必ず誰かを失うというジンクスになっているという。

行商人
山菜爺
運び屋アイルー

ギルドマスター
受付嬢ベッキー
道具屋の親父
調合屋のじいさん
食材屋のマサコ
骨ジジ、竜ジジ、鉄ジジ
ヘルブラザーズ

G~

訓練所の教官
受付嬢ドリス

P~

  • トレジャージジィ
実はポッケ村の村長の実の弟である。

行商おばあちゃん(ネコオババ)
キッチンアイルー

2~

ジャンボ村の村長
酒場の看板娘のパティ
竜人お姉さん
船大工の親方
武具工房のおばあちゃん
伝説の鍛冶職人
カリスマアイルー

大長老
大臣
街工房の親方
歌姫
古龍観測隊

P2nd~

ポッケ村の村長
トレニャーさん

フロンティア~

家具屋の親父
麦わらネコ

P2ndG~

オトモアイルー
ネコートさん
G級受付嬢のシャーリー

ハンター日誌登場人物(ハンター大全&公式サイト参照)

モン/MON
ディーディー/DD
デイビー/DABY
ロッキー(君)/ROCKY
ラミア/LAMIA

モンスターハンターのゲーム外の人物(設定のみ)

  • ギルドナイト(12ナイツ)
ハンターギルドが擁する影の戦力。
ギルドが定めた規則に違反するハンターを暗殺するのが主な仕事らしく、
一般ハンターが相手にするのがモンスターであるのに対し、
ギルドナイトが相手にするのは同族の人間である。

ゲーム中にギルドナイトを名乗る人物が出てくることはないが、
工房にて彼らが使っているとされる装備品の作成を行うことはできる。

  • ジョン・アーサー(筆頭書士官&生物博士&ハンター)
【西シュレイド地方生物樹形図】を著す。
各地に赴き、情報を収集していたが消息不明。
P2のトレジャーの中には、彼の記した本が存在する。

  • ギュスターヴ・ロン(王国書士隊 書記官&歴史学者)
自らの足で現場に赴くジョンとは対照的に、書物による情報収集を行う。
そのため、ジョンを崇拝する若い書士たちからは快く思われていないらしい。

  • ダレン・ディーノ(書士)
  • サー・ベイヌ(書士)
  • ハリー(書士隊所属トレジャーハンター)
  • ノレッジ・フォール(書士隊見習い)

  • 王立古生物書士隊
王国の頭脳とも言える”王立学術院”の所属研究員である
王国書士官の管轄の下、各地の情報を集めるハンターで構成されている
その仕事は多岐に渡り、様々な研究や各地の書籍や情報を集め
編纂することにある。基本的に王国書士官が王都から離れることは
少ないが、自ら各地へ出かけていった者も居るという。

  • ミナガルデ食文化の重鎮
 料理長ジジと呼ばれる

  • 伝説の美食家
 ムッシュ・シエロ