※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大剣

  (MH)(MHG)(MH2)(MH3)(MHP)(MHP2)(MHP2G)(MHF) 

  身の丈もあろうかという刀身を持つ武器、それが大剣である。
  武器自体の巨大さ故、構えたときの動きは鈍く武器の振りも遅いが、
  その重量に見合った強烈な一撃を振り下ろす事ができる。

  最初はその鈍重さと攻撃速度の遅さに戸惑い、扱えないかもしれない。
  だが一撃離脱を基本として辛抱強く、そして的確に
  斬撃を当てていくのが武器に馴染む早道になる。

  使いこなせるようになれば転がりや抜刀切りを駆使して、
  意外な機動力を発揮、華麗に立ち回ることも可能である。

  なお刀身を構えてガードする事もできるが、
  物理的な攻撃をガードすると斬れ味を消費するのをお忘れなく。

運用

基本の立ち回り

  一撃離脱と足元に潜り込む。という二通りの型がある。
  一撃離脱は、溜め切りを覗いて一番の攻撃力を誇る抜刀切りで一撃を与え、
  相手が反撃に移る前に回避し次のチャンスを待つ戦法である。
  この頃はこの戦法が好まれており、理由はやはりダメージを受けにくいためだろう。
  ただ慣れが必要で、初めは的確に急所を狙えずダメージが与えにくい。

  もう一つの足元に潜り込む戦法は、単純にモンスターの足元に潜り込み、切り続けるのみ。
  足を集中して攻撃するので相手が転びやすく、攻撃のチャンスも多め。
  ただ敵の攻撃をもろに受けやすく、仲間の動きを阻害する場合が出てしまうこともしばしば。

  雑魚の掃除には薙ぎ払いが有効である。

ガード

  ランス、ガンランスほどではないが、それなりの防御力を秘めているガード。
  もっとも、他とは違い防御用の物ではなく、攻撃用の物の兼用なので、
  乱用すると切れ味が落ちてしまう欠点がある。
  それに一つ一つの行動が緩慢なので、ガードなどせず回避に移った方が良い場面が多い。
  なので、立ち上がりの際に攻撃された時などに使うのが主。

溜め切り

  大剣の一番の魅力ともいえる技。
  もっとも、途中で中断不可and完璧に無防備なので、初めは使いどころは難しい。
  だが、モンスターの行動をよく把握すれば、
  突進後の隙、空中からの降下中、ブレスのサイン時、など、意外と使える。
  急所に叩き込めば大抵怯ませる事が可能で、非常に上手くなれば、
  突進中の飛竜の頭に直接叩き込み、怯ませて止める。なんて事も可能。
  
添付ファイル