boot,recovery, > systemを自由に書き換える

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

boot, recovery, /systemを自由に書き換えられるようになりました。
goroh_kun、ありがとう!!!!

local.prop等インストーラ
http://hotfile.com/dl/86086609/df7750d/bootkit.zip.html
カーネルモジュールとrilのプラグインのソースコード
http://hotfile.com/dl/86092190/3aa9b5c/drivers_source.zip.html

317
 自動起動仕込むところを大体見つけました。 
 どなたか協力お願いします。 
 
 /data/の直下にlocal.propを置く 
 ここで、内容をoverrideできます。 
 サービス起動時のおダイナミックライブラリがある 
 サービスプログラムを探す。 
 
 getpropしてみると、 
 
 rild.libpathが/system/lib/libril-qc-1.soといかにも起動時に使っていそう。 
 rildaemonから使われているプラグインと思われます。 
 
 そこで、 
 local.propの中身を 
 rild.libpath=/data/lib/libril-wrapper.so 
 rild.wrapper.cmd=/data/rootkit.boot.sh 
 rild.libpath2=/system/lib/libril-qc-1.so 
 
 で、このプラグインを/data配下から読み出されるようにして、 
 libril-wrapper.soにて、ダイナミックロード時に 
 自動実行したいプログラムを指定できるようにします。 
 で、自動実行したいプログラムをlibril-wrapper.soで実行後 
 本来のrild用のプラグインをロードして、rildに引き渡すようにします。 
 
 これでいけるのではないかと思っているのですが、やるよって方は 
 いらっしゃいますか? 

318
 おそらく、上の方法であれば、 
 local.propの中に 
 
 ctl.start=qcom-sh 
 と入れておけば、サービスの起動も可能だと思います。 
 /init.qcom.shの内容をlibril-wrapper.soにて上書きし、その後 
 このシェルを起動することも可能だと思います。 
 
 さらには、module_disabledを書き込むよりも前で起動されることが 
 分かっていますので、この段階で任意のkernelモジュールが読み込めるのではないかと 
 思っています。 

319
 上の動作をするrild用のプラグインをビルドしました。 
 
 これで、起動時に任意のkernel moduleをinsmodできます。 
 
 http://hotfile.com/dl/86056401/b7bb5a2/libril-wrapper.zip.html 

321
 起動時にinsmodスクリプトに入れることで、 
 boot, recovery, /systemを自由に書き換えられるようになりました。 
 
 http://hotfile.com/dl/86060655/63e2abf/msm_nand_ex.zip.html 
 
 分かる人だけ使ってくださいね。 
 
 (1) /data/local.propを作成 
 中身は、 
 cat /data/local.prop 
 rild.libpath=/path/to/libril-wrapper.so 
 rild.wrapper.cmd=/path/to/autoexec.sh 
 rild.libpath2=/system/lib/libril-qc-1.so 
 
 (2)/path/to/libril-wrapper.soを配置 
 
 (3)/path/to/autoexec.shを作成、中身は 
 insmod /path/to/msm_nand_ex.ko 
 ほかにもやらせたいことを書きます。 
 スクリプトの最後にrildのプラグインを設定しなおします。 
 setprop rild.libpath `getprop rild.libpath2` 
 
 分かる人だけやってください。あとは起動のこの仕組みを利用して、 
 いろいろなバージョンのandroidを起動できるようにしてみましょう。 
 boot.imgの書き換えは慎重にやってくださいね。 
 私のほうは、recovery領域を触って、いろいろ検証してみます。 

322
 これで、とりあえず私の目的は達成できたので書き込み頻度は 
 少なくなるかも知れないです。チェックはしてますので、何かあったら 
 書き込んでください。 
 ではでは 

327
 あとは、recovery の、adbd の立ち上がりを禁止してたのを、許可するように、 
 0 -> 1 の編集したら、recovery からadb経由で何でも書き換え出来るようになる? 
 
 まだ、recovery を電源ONから、直接立ち上げるキー操作とかは不明なんだよね? 

331
 >>327 
 そうですね、まずはそこからになるかと。 
 ubiデバイス側から書くのがよいのか、mtdblock(またはmtd)から書くのがいいのか調べてみないとですが。。 

342
 local.prop等インストーラを作ってみたのでお試しください。 
 できれば、ワンクリック版に組み入れてもらえると・・ 
 
 http://hotfile.com/dl/86086609/df7750d/bootkit.zip.html 

352
 カーネルモジュールとrilのプラグインのソースコードを公開しておきます。 
 http://hotfile.com/dl/86092190/3aa9b5c/drivers_source.zip.html 

353
 systemを書き換えるには、書き込み可能なsystemとして 
 mtd10で認識しているのでマウントしてみてください。 
 その際、安全のため/systemはアンマウントしておいたほうがよいかと思います。 

365
 kernel書き換え試してみるのはとりあえず、自己リスクで。 
 /system書き換える場合も、androidを起動しなくても 
 adbがつながるようにしてからやるのが安心だと思います。 
 
 現状androidが起動しない&adbでつながらないときに元に戻す 
 手段がないので危険だと思います。 
 現在bootloaderにそういったモードがないか確認中です。 
 自分の場合はandroid起動しなくてもadbでつなげられるのですが 
 qxdmを有効にした状態ですので、もしadb認識してない人は 
 qxdmを有効にしてみてください。 
 
 echo 1 > /sys/devices/platform/msm_hsusb_periphera/qxdm_enable 

ブートローダーへ続く。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。