※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vncサーバのインストール

Solaris 10 Software Companion CDを使ってvncサーバーをインストールします。
# pkgadd -d /cdrom/s10_1106_software_companion/Solaris_Software_Companion/Solaris_i386/Packages SFWvnc

services設定

/etc/inet/servicesファイルに以下のサービス登録を追加します。
 vnc-1024x768x8       5950/tcp
 vnc-1024x768x24      5951/tcp

inetd設定

/etc/inetd.confファイルの末尾に次の行を追加し反映させます。
vnc-1024x768x8 stream tcp nowait nobody /opt/sfw/bin/Xvnc Xvnc -inetd -query localhost -once -geometry 1024x768 -depth 8 -cc 3
vnc-1024x768x24 stream tcp nowait nobody /opt/sfw/bin/Xvnc Xvnc -inetd -query localhost -once -geometry 1024x768 -depth 24

# inetconv

dt関係設定


以下の2つのファイルを/etc/dt/config/配下にコピーし編集します。
/usr/dt/config/Xservers
/usr/dt/config/Xsetup

/etc/dt/config/Xserversの修正

最終行の以下をコメントアウトします。
#   :0  Local local_uid@console root /usr/X11/bin/Xserver :0 -nobanner

/etc/dt/config/Xsetupの修正

以下を、ファイルの最後に追加します。
chmod o+w /tmp/.X11-unix

再起動します。
(再起動後はSMFによりvncserverが起動されます。)

再起動後は、VNCViewerから「xxx.xxx.xxx.xxx:50(もしくは51)」でアクセスします。

#重大なエラー: libstdc++.so.6: open に失敗しました: ファイルもディレクトリもありません。
といわれた場合には、
①libgcc-3.4.6-sol10-x86-localをインストールする。
もしくは
②ライブラリパスを設定する。(濃厚)
あたりで解消されると思います。