ゴガダンバ 4eレイジウィンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■レイジウィンド

ソード・スピリット(剣霊)とも呼ばれるレイジウィンド(憤怒の風)は、無益な戦いで死んだ戦士たちの怒りが具現化したものである。通常、吹きすさぶ竜巻のようであり、その中に数十個もの浮遊した武器が跳ね回り、ぶつかり合っている。その真の姿はおぼろげに人型の白もしくは灰色の霧からなる半固体の雲である。
彼らは吼え猛る秋風のように聞こえる金切り声で共通語を話すことができるが、わざわざそうする事は滅多に無い。


レベル27 兵士役
大型・シャドウ・人型(アンデッド)
XP11000

イニシアチブ +24
感覚 〈知覚〉+19;超視覚6
hp : 190  重傷値 : 95
AC 43 ; 頑健 37、 反応 40、 意志 39
完全耐性: [毒][病気]; 抵抗: [死霊]30、非物質的 ; 脆弱性: [光輝]15
移動速度: 飛行10(ホバリング)

[近接基礎]ロングソード (標準;無限回)◆[武器]
 武器が必要;間合い2;+33対AC;1d8+8ダメージ。目標はこのレイジウィンドの次のターンの終了時まで“マークされた状態”になる。

[近接]マルチウェポン・ファイティング/完全多刀流 (標準;無限回)
 間合い2;レイジウィンドは6回のロングソード攻撃を行なう。

[近接範囲]レイジ・ブレード/怒りの刃 (標準;再チャージ5-6)◆[武器]
 武器が必要;近接範囲・爆発3;敵のみ;+31対反応;5d0+10ダメージ。
  ミス: ダメージ半減。

[近接]ゴースト・トーネード/亡霊竜巻 (移動;再チャージ5-6)
 このレイジウィンドは10マスのシフトを行い、このシフト中に自分が移動して隣接した敵全員に対して1回ずつ攻撃を行なう;+31対頑健:目標は倒れて伏せ状態になる。
 さらにレイジウィンドは不可視になる。この不可視はレイジウィンドが攻撃を行なうかレイジウィンドに対して攻撃がヒットするまで持続する。

属性: 混沌にして悪
言語: 共通語
【筋】26(+21)【敏】32(+24)【判】13(+14)
【耐】22(+19)【知】13(+14)【魅】30(+23)
装備品: ロングソード×6(他の武器の場合もある)

■レイジウィンドの戦術
 レイジウィンドはその渦巻く風の中、高く掲げられた武器で攻撃する。
 どんな種類の武器も体内に取り込めるが、一度に6つ以上の武器を使用することはない。
  ゴースト・トーネード で不可視状態のまま相手に近づき、できるだけ多くの敵を巻き込んで レイジ・ブレード を使用する。その後は マルチウェポン・ファイティング で激しい連続攻撃を行ない、多くの敵を一度にマークする。


■レイジウィンドに関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度25 : レイジウィンドは多くの死傷者を出した戦場で形作られる。死んだ戦士達の結合体であり、それぞれ独立した意識が自由に武器を扱っていると言われている。


■遭遇グループ
レイジウィンドは強力で邪悪な他のクリーチャーに率いられて、破壊活動を行なう場合がある。

レベル27遭遇(XP55000)
◆レイジウインド(レベル27 遊撃役)3体
◆バロール(デーモン)(MM レベル27 精鋭 暴れ役)1体


■制作イメージ
3版、MM2より、レイジウインドです。3版ではCR19と、かなり強めの設定だったようです。
レベルは高めにしてあります。あと、非実体にしています(その分hpは下げています)。
(更新)役割を兵士役に変更。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|