ゴガダンバ 4eヘルワスプの大群


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ヘルワスプの大群

ヘルワスプ(地獄蜂)は九層地獄からやってきた危険で非常に悪どい魔蟲である。1匹のヘルワスプは親指大の普通のワスプに似ているが、黒い甲殻には紅玉のように赤い模様が光っており、その複眼は緑がかった玉虫色をしている。大群を形成すると狡猾さと血の渇望を備えた集合知性を得る。


レベル12 制御役
中型・永劫・魔獣(大群)
XP700

イニシアチブ +11
感覚 〈知覚〉+12;暗視
スウォーム・アタック/群がり攻撃: オーラ1;ヘルワスプの大群に隣接して自分のターンを開始したそれぞれの敵に対して、フリー・アクションとして1回の近接基礎攻撃を行なう。
hp: 141  重傷値: 70
AC 26 ; 頑健 20、 反応 23、 意志 20
抵抗: [火]10、近接および遠隔攻撃からは半減ダメージ。; 脆弱性: 近接範囲および遠隔範囲攻撃に対する脆弱性10
移動速度: 2、飛行8(ホバリング)、登攀2

[近接基礎]スウォーム・オヴ・スティング/群れなす針 (標準;無限回)◆[毒]
 +16対反応;2d6+3ダメージ、および継続的[毒]ダメージ5、幻惑状態となる(セーヴ・両方と終了)。

[近接]パラサイティズム/寄生(標準;再チャージ4-6) ◆[魅了]
 目標は幻惑状態か朦朧状態か気絶状態の生きている人型でなければならない。;+16対頑健;このヘルワスプの大群は目標の接敵面に入ってゲームから取り除かれ、目標は幻惑状態、朦朧状態、気絶状態の代わりに支配状態となる(セーヴ・終了)。このヘルワスプの大群はこのパワーを同時に2体以上のクリーチャーに対して使用する事はできない。目標がもはや支配状態でなくなるか、このヘルワスプの大群自体がパラサイティズムを終わる(フリー・アクション)ことを選択したならば、このヘルワスプの大群は目標に隣接する任意のマスに再び出現する。

●ネクロティック・パラサイティズム/死霊的寄生
 ヘルワスプの大群はジェントル・リポウズの儀式の効果がかかっていない、1体の人型クリーチャーの死体に入り込み、それを操る事ができる。
 この行為は5分間の時間がかかる。
 操られた死体はゾンビのデータを用いるが、攻撃ロールに+10のボーナスを得る。
 このゾンビのヒット・ポイントを0にすると、その場所からヘルワスプの大群が出現する。見破るためにはヘルワスプの大群の〈はったり〉判定に対抗して〈看破〉判定に成功した者はこのゾンビの中にヘルワスプ・の大群がいる事を見破ることができる。 

属性:
言語: なし
技能: 〈はったり〉+10
【筋】14(+8)【敏】17(+9)【判】14(+8)
【耐】13(+7)【知】6(+4) 【魅】9(+5)

■ヘルワスプの大群の戦術
ヘルワスプの大群は発見したすべての生きた獲物に攻撃を仕掛ける。
スウォーム・オヴ・スティング で目標を幻惑状態にすることができたのならば、次のターンに パラサイティズム を行い、その対象の口に入り込み操ろうとする。
ネクロティック・パラサイティズム により、遭遇時に死体を操っている場合がある。


■ヘルワスプの大群に関する知識
〈宗教〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度17: ヘルワスプは生者と死者を操るおぞましい地獄の魔蟲である。操っている間は、虫の姿でできないような邪悪な所業を行わせる。
寄生されている者はその皮膚の下に這い回る虫の形が浮き彫りになる。


■遭遇グループ
ヘルワスプの大群は同族同士で組むことがほとんだが、上位のアンデッドや、デヴィルの為に働く事もある。

レベル12遭遇(XP3450)

◆ゾンビ(ヘルワスプの大群が入っている)(MM レベル2 暴れ役)2体
◆ヘルワスプの大群(ゾンビに入っている)(レベル12 制御役)2体
◆チェイン・デヴィル(MM レベル11 遊撃役)3体


■制作イメージ
3.5版「MM」よりヘルワスプの大群です。
生者と死者を操る、厄介な能力を持った地獄蜂です。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|