ゴガダンバ 4eシャンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■シャンド(SHUNNED)

シャンド(遠ざけられしもの程度の意)は、蜘蛛の脚に支えられた、脈打つ黒い血管に覆われた青白い肉塊で、その前面には苦痛にゆがむドラウの女性の頭がある。肌の下には無数の小さな蜘蛛が蠢いている。
彼らはロルスによって呪われ、姿を変えられたドラウの成れの果てである。


レベル11 制御役
中型・フェイ・魔獣(スパイダー)
XP600

イニシアチブ +9
感覚 〈知覚〉+14;暗視
hp :117  重傷値 :58
AC 24 ; 頑健 22、 反応 20、 意志 24
移動速度: 8、登攀8(蜘蛛歩き)

[近接基礎]バイト/噛み付き (標準;無限回)◆[毒]
 +14対AC;1d8+3ダメージ、さらにシャンドは同一の目標に対して1回の二次攻撃を行なう。 二次攻撃: +13対頑健;毒の効果については ドラウ・ポイズン を参照。

[近接範囲]ディスゴーグ・スパイダーズ/蜘蛛吐き出し (標準;遭遇毎)
 近接範囲・噴射4;口から蜘蛛の群れを吐き出す(ドラウと(スパイダー)キーワードを持つクリーチャーは完全耐性);+13対反応;目標は拘束状態になり、継続的ダメージ5を受ける(セーヴ・両方とも終了)。
  効果: 効果範囲内に“ ブラッドウェブ・スパイダーの大群 (MM スパイダーの項目)”を生み出す。ブラッドスパイダーの大群は、このシャンドの支配下におかれる。

[近接範囲]ウェイル/泣き叫び (標準;再チャージ5-6)◆[精神]
 近接範囲・爆発5;目標は敵のみ;聴覚喪失状態のクリーチャーは完全耐性;+13対意志;2d8+5の[精神]ダメージ、目標はシャンドの次のターンの終了時まで幻惑状態となる。

[近接範囲]クラウド・オヴ・ダークネス/暗闇の雲 (マイナー;遭遇毎)
 近接範囲・爆発1;このパワーは、このシャンドが次のターンの終了するまで持続する、暗闇の雲を作り出す。蜘蛛はこのシャンドを除くすべてのクリーチャーの視線を遮る。全身が雲の範囲に入っているすべてのクリーチャー(このシャンドを除く)は、範囲外に出るまで盲目状態になる。

●ドラウ・ポイズン/ドラウの毒 ◆[毒]
 効果:攻撃ロールに-2のペナルティを受ける(セーヴ・終了)。
  セーヴ失敗・1回目: 目標はさらに弱体化状態になる(セーヴ・終了)。
  セーヴ失敗・2回目: 目標はこの遭遇が終了するまでの間、気絶状態となる。

属性: 混沌にして悪
言語: エルフ語、共通語
技能: 〈隠密〉+14
【筋】17(+8) 【敏】19(+9)【判】19(+9)
【耐】21(+10)【知】6 (+3)【魅】21(+10)


■シャンドの戦術
シャンドは最初に ディスゴーグ・スパイダーズ を使用し、口から無数の蜘蛛を吐き出し、 ブラッドウェブ・スパイダーの大群 を呼び出す。その後はブラッドウェブ・スパイダーの大群に敵を足止めさせ、 ウェイル を使用し、幻惑状態になった敵に バイト で噛み付く。気絶状態になった敵は遭遇終了時まで放置して、他の敵に攻撃を集中させる(ブラッドウェブ・スパイダーの大群にもそう命じる)。


■シャンドに関する知識
〈魔法学〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。

難易度20: シャンドはロルスの怒りによって、恐るべき姿に変えられたドラウである。体内をうごめく無数の蜘蛛により、常に苦痛に悩まされおり、すべてのクリーチャーに憎しみを向けている。シャンドはロルスの加護を取り戻せば元の姿に戻れると信じており、そのために目にしたクリーチャーを殺しまわっている。


■遭遇グループ
シャンドの行動方針では仲間を作れない。(スパイダー)キーワードを持つクリーチャーなど、明らかにロルスの寵愛を受けたものと組んでいる事がある。
また、元の姿に戻る為にドラウに協力している個体もいる。

レベル11遭遇(XP3100)
◆シャンド(レベル11 制御役)1体
◆ドラウの戦士(MM レベル11 奇襲役)2体
◆ブレード・スパイダー(MM レベル10 暴れ役)2体
◆ブラッドウェブ・スパイダーの大群(シャンドから吐き出される)(MM レベル7 兵士役)1体


■制作イメージ
3.5版「Drow of the Underdark」より、シャンドです。
口から蜘蛛を吐き出す、蜘蛛足人面肉塊という、非常に気持ち悪いクリーチャーです。
ユアンティ・マリズンの邪術士のデータを元に作成。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|