ゴガダンバ 4eババウ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ババウ

ババウは黒いなめし革のような皮膚に覆われた痩せ細った姿をしており、その頭は湾曲した大きな角が一本生えている。
こそこそした卑劣でずる賢い輩である。


レベル9 奇襲役
中型・元素・人型(デーモン)
XP400

イニシアチブ +13
感覚 〈知覚〉+10 ;超視覚4
hp: 76  重傷値: 38
AC 23 ; 頑健 22、 反応 24、 意志 20
抵抗: 選択式10(1遭遇に1回まで)
移動速度:

[近接基礎]爪 (標準;無限回)
 +14対AC:2d6+5ダメージ

・コンバット・アドヴァンテージ/戦術的優位
 ババウは、自分が戦術的優位を得ている目標に対するすべての攻撃において2d6の追加ダメージを与える。 

[遠隔]弱体化の凝視 (標準;再チャージ5-6)◆ [死霊][凝視]
 遠隔5;盲目状態のクリーチャーは完全耐性;+12対意志;1d8+5[死霊]ダメージに加えてババウの次のターンが終了するまでの間、目標は弱体化状態になる。

[近接]防護の粘液 (即応・対応、隣接する1体の敵から近接攻撃を受けた時点:再チャージ4-6)◆ [酸]
 ババウの皮膚からヌルヌルした赤いゼリー状の腐食性粘液が吹き出す。
 その敵に対して1回の攻撃を行う。:+12対反応;1d8+5[酸]ダメージに加えて継続的[酸]ダメージ5を受ける(セーヴ・終了)。

・タクティカル・テレポート (移動:遭遇毎)◆ [瞬間移動]
 ババウは8マス瞬間移動する。移動の終了時点で隣接しているすべての目標に対して戦術的優位を得る。(ババウの次のターン終了時まで)

属性: 混沌にして悪
言語: 奈落語
技能: 〈隠密〉+14、〈盗賊〉+14
【筋】15(+6) 【敏】21(+9) 【判】13(+5)
【耐】16(+7) 【知】14(+6) 【魅】12(+5)

■ババウの戦術
ババウは、まず最も脅威となりそうな者に対して 弱体化の凝視 を行う。次のターンに タクティカル・テレポート でその者の前に踊り出て、戦術的優位を得た状態で で攻撃する。早々に脅威となるものを始末し、残りをなぶり殺しにして楽しむためである。
防護の粘液 があるうちは、周囲からの攻撃を気にせず、最初の目標を狙い続ける。


■ババウに関する知識
〈魔法学〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度15: ババウはデーモンの中で暗殺者の役割を担っている。彼らは奸智に長けており、決して対等な立場で戦う事がないように入念な計画をもって事に当たる。


■遭遇グループ
ババウはデーモン崇拝者、他のデーモン、同族の群れと共に戦うことが多い。

レベル8遭遇(XP1850)
◆ババウ(デーモン)(レベル9 奇襲役) 2体
◆バルルグラ(デーモン)(MM レベル8 暴れ役) 3体


■制作イメージ
3.5版&3版(弱体化凝視の部分)のババウをもとに作成。
レベルは、脅威度6だったので単純に3/2にしました。
数値的なデータはスペクトラル・パンサーを元にしています。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|