ゴガダンバ 4eムカデ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ムカデ

巨大なムカデのモンスターは冒険者にとって決して珍しい存在ではない。
だが、その中でも特に巨大で、危険なものを挙げていく。


【ステゴセンチピード(STEGOCENTIPEDE)】

ステゴセンチピード(「屋根に覆われたムカデ」;ステゴサウルスよりとられた名称かと思われる)は、18フィート(約5.4m)の体長があるムカデで、体色は茶色から緑色、全身がキチン質のプレートで覆われている。背中には骨質の板が、2列に立ち並んでいる。尾の先にはサソリのような刺がある。

レベル9 兵士役
大型・自然・野獣
XP400

イニシアチブ +8
感覚 〈知覚〉+7;暗視
hp: 96 ; 重傷値: 48
AC 25; 頑健 22、 反応 20、 意志 20
移動速度: 8、登攀10(蜘蛛歩き)

[近接基礎]バイト/噛みつき (標準;無限回)◆[毒]
 +16対AC;2d6+5ダメージ、目標は継続的[毒]ダメージ5を受ける(セーヴ・終了)、さらにステゴセンチピードの次のターンの終了時まで、このステゴセンチピードにマークされた状態となる。

[近接]テイル・スティング/尾の刺 (マイナー;再チャージ4-6)◆[毒]
 目標はステゴセンチピードにマークされたクリーチャー1体;+14対反応;1d6+5ダメージ、目標はステゴセンチピードの次のターンの終了時まで、減速状態かつ弱体化状態となる。

[近接]スパイン/背骨の板 (即応・対応、隣接するクリーチャーがステゴセンチピードに攻撃をヒットさせた時点;無限界)
 ステゴセンチピードは攻撃してきた目標に対して、背中の板を高速で動かして反撃する。
 トリガーとなった目標;+16対AC;2d8+5ダメージ。

属性: 無属性
言語: なし
【筋】19(+8)【敏】14(+6)【判】14(+6)
【耐】16(+7)【知】2(+0) 【魅】10(+4)

■ステゴセンチピードの戦術
ステゴセンチピードは鎧に覆われたような外骨格にものを言わせて一直線に敵に攻撃をしかける。戦闘開始時は背骨の板を立たせ、ガシャガシャと音を鳴らせる。
敵に対して バイト 攻撃を行い、マークした場合は テイル・スティング で追討ちをかける。敵から攻撃を受けた場合は スパイン で反撃を行なう。


【トンネル・ワーム(TUNNEL WORM)】

トンネル・ワーム(トンネル長虫)は非常に攻撃的な、穴を掘るタイプのクリーチャーで、巨大ムカデと関連性がある。体長30フィート(9m)で、つやのある黒色のムカデのような外見で、巨大でカミソリのように鋭い大顎と多角的な眼を持つ。

レベル11 遊撃役
超大型・自然・野獣
XP600

イニシアチブ +11
感覚 〈知覚〉+5;暗視、振動感知10
hp: 138 ; 重傷値: 69
AC 23; 頑健 24、 反応 23、 意志 19
移動速度: 8、登攀6(蜘蛛歩き)、穴掘り4(トンネル掘り); スカットル も参照のこと

[近接基礎]アーマー・ティアー・マンディブル/鎧裂きの大顎 (標準;無限回)
 間合い2;+16対AC;2d6+5ダメージ、目標のACは-2ペナルティを受ける。この効果はアーマー・ティアー・マンディブルがヒットする度に累積する(最大-10まで)。この効果は遭遇の終了時まで持続する。

[近接]フィード/喰らう (標準;無限界)
 目標はアーマー・ティアー・マンディブルによってACにペナルティーを受けているクリーチャー1体;間合い2;+16対AC;3d6+5ダメージ。このダメージには、敵に与えているACペナルティ1点につき+1のダメージボーナスを得る。

●スカットル/早足 (移動;無限回)
 トンネル・ワームは4マスシフトする。シフトによって味方の接敵面内に入るとき、その移動はトンネル・ワームがシフトできる限界である“4マス”には数えない。

属性: 無属性
言語: なし
【筋】22(+11)【敏】18(+9)【判】10(+5)
【耐】18(+9) 【知】2(+1) 【魅】9(+4)

■トンネル・ワームの戦術
トンネル・ワームはとても攻撃的で、縄張り内に入ってきたすべてのクリーチャーに攻撃する。獲物の真下まで穴をほり、突然出てきて奇襲を狙う。
アーマー・ティアー・マンディブル で敵の鎧をズタズタに引き裂き、その後フィード攻撃を行なう。


【メガピード】

メガピード(百万足)は、体節のある胴体と数百対もの脚をもった、砂漠に棲む巨大なムカデである。その強靭で膨らんだ胴体は濃いオレンジ色と茶色の剛毛で覆われている。その尾の部分には刺のついた触手が5本生えている。
100フィート(約30m)以上まで育つことができる。

レベル30 単独 遊撃役
巨大・自然・野獣
XP95000

イニシアチブ +25
感覚 〈知覚〉+19;暗視、振動感知30
hp: 1136 ; 重傷値: 568
AC 44; 頑健 47、 反応 36、 意志 32
完全耐性: [弱体化状態]、; 抵抗: [毒]20; ヴァーミン・リフレックス も参照のこと
セーヴィング・スロー: +5
移動速度: 14、登攀10(蜘蛛歩き)、穴掘り4(トンネル掘り); スカットル も参照のこと
アクション・ポイント:

[近接基礎]バイト/噛みつき(標準;無限回) ◆[毒]
 間合い3;+35対AC;3d8+16ダメージ、目標は継続的[毒]ダメージ30を受け、弱体化状態となる(セーヴ・両方とも終了)。

[近接]テンタクル・レイク/触手引っかき (標準;無限界)
 間合い4;+33対反応;2d8+16ダメージ。

[近接]フィード/喰らう (標準;無限界)
 目標は弱体化状態のクリーチャー1体;間合い3;+35対AC;5d10+16ダメージ。

[近接]メガピード・ラッシュ/メガピードの連撃 (標準;無限界)
 メガピードは間合い内にいるすべての敵に対して1回ずつの テンタクル・レイク 攻撃を行なう。さらにメガピードは1体のクリーチャーに対して1回の バイト 攻撃か フィード 攻撃を行なう。

[近接]トランプル/蹂躙 (標準;無限回)
 メガピードは自分の移動速度分の移動を行い、この移動の途中で敵の接敵面内に入ることができる。敵の接敵面に入ったのなら、その敵に対して以下の攻撃を行なう(同じ敵を2回以上攻撃する事はできない)。
 ;+33対反応;3d8+16ダメージ、目標は伏せ状態となる。

●バーンナップ/激怒 (重傷時)
 重傷時、メガピードの攻撃ロールとダメージロールに+2ボーナスを得る。

●スカットル/早足 (移動;無限回)
 トンネル・ワームは7マスシフトする。シフトによって味方の接敵面内に入るとき、その移動はトンネル・ワームがシフトできる限界である“4マス”には数えない。

●ヴァーミン・リフレックス/蟲の反射反応
 メガピードは獲物を感じると、その精神とは無関係に大顎や触手などがひとりでに動く。
 幻惑状態、朦朧状態、支配状態、気絶状態、その他の[精神][魅了][幻][催眠]の効果を受けていても、そのラウンド中は普通に攻撃パワーを使用して敵を攻撃する事ができ、一切ペナルティを受けない。移動に関しては通常の効果を受ける。

属性: 無属性
言語: なし
【筋】43(+31)【敏】26(+23)【判】18(+19)
【耐】36(+28)【知】2(+11) 【魅】7(+13)

■メガピードの戦術
メガピードは地面のすぐ下に横たわって待ち、うっかりそこに近づきすぎたクリーチャーに向かって奇襲を狙う。最初に トランプル を仕掛ける。戦闘においては メガピード・ラッシュ を繰り返し、周囲のクリーチャーに大被害をもたらす。
メガピードは自身の毒の成分である弱体化状態に耐性を持ち、さらにその精神が制御されていても ヴァーミン・リフレックス によって身体が勝手に攻撃する。


■ムカデに関する知識
〈自然〉判定に成功したキャラクターは以下の情報を知っていることになる。
難易度15: ステゴセンチピードは賢者たちの間では別な次元界か別な世界からこの世界にやってきた存在であると噂されている。しかし、現状その証拠となるようなものはない。
難易度20: トンネル・ワームは穴を掘る能力に長けた巨大ムカデの親戚で、その鋭い大顎で獲物の鎧をズタズタにしてしまうことで悪名高い。
難易度25: メガピードは砂漠地帯など広い荒地や平原に住み、周囲に棲むクリーチャーたちの恐怖の的になっている。


■遭遇グループ
通常のムカデは集団で出現する事が多いが、ここに上げたクリーチャーはどれも巨大なものなので、単独またはそのおこぼれをもらう野生クリーチャーと共に現れる。場合によっては他の強力なクリーチャーの支配下に置かれている場合もある。

レベル9遭遇(XP2000)
◆ステゴセンチピード(レベル9 兵士役)1体
◆トンネル・ワーム(レベル11 遊撃役)1体
◆オステオピード(OG レベル8 精鋭 遊撃役)1体
◆センチピード・スカットラー(MM2 レベル4 遊撃役)1体
◆センチピードの大群(MM2 レベル2 暴れ役)1体


■制作イメージ
モンスターマニュアル2で巨大ムカデが掲載された記念で、昔のムカデモンスターをいくつか載せてみました。

ステゴセンチピードはADD1stに掲載されていたヨロイムカデです。ステゴザウルスっぽい特性が面白いです。
ADD1stはもっていないので、d20システムの「THE TOME OF HORRORS」でコンバートされていたデータを元にさらにコンバートしました。
ゴライアスの守り手のデータを元に作成。

トンネル・ワームも同様で、ADD1stに掲載されていました。これも「THE TOME OF HORRORS」を参照しました。データはスローター・ストーン・スライサーを参照にしています。

メガピードは3版のMM2に掲載されていた超巨大ムカデです。脅威度20はダテじゃなく、非常に高い攻撃力を持っていました。能力値はタラスクを参照にしております。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|